台所の水の流れが悪い!台所詰まりのSOS | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.06.19

台所のトラブル

台所の水の流れが悪い!台所詰まりのSOS

毎日何度も使用する台所での蛇口や排水溝の水の流れが悪いと感じたことはありませんか。
使用頻度が高い場所だからこそ、きちんと掃除をしているつもりでも日々の生活による汚れの蓄積や部品の経年劣化が起こりやすい場所です。

詰まりは水漏れに発展しやすいため、放置すると二次被害を招きかねません。
では、実際に詰まりが起きたらどうすれば良いでしょうか。

蛇口のつまりの原因と対処法

・止水栓が調整できていない
引っ越しやリフォームの直後であるのに水の出が悪いときは、止水栓を確認してください。
止水栓は戸建てであれば屋外のメーターボックスの中、集合住宅の場合は玄関近くのメーターボックスの中にあります。
きつく閉まっている場合は止水栓を反時計回りに回して緩めると水の出が良くなります。

・フィルターやストレーナーのつまり
水回りはきれいにしていても蛇口のフィルターのお掃除を定期的にお掃除される方は少ないのではないでしょうか。
フィルターやストレーナーは給水管から流れる水のゴミや錆を取り除く役割のため、とても汚れやすい場所なのです。
簡単に取り外せるので、クエン酸水や歯ブラシなどを用いてゴミを取り除きましょう。

・水道栓や配水管の錆
長期間使用されていない蛇口や給水、給湯管の工事が近くであった場合、配水管の内部が錆び付いてしまい、がつまりの原因となる場合があります。
出てくる水が赤茶色に濁っているのがサインです。
しばらく水を出し続けていれば濁りは解消されることもありますが、根本的な解決になると配水管の工事が必要になります。

・凍結
冬場に水の出が悪い場合は、配水管が凍結している可能性が考えられます。
蛇口にタオルを巻き付け、人肌ほどのお湯をゆっくりとかけることで解決します。

・蛇口本体の部品の劣化
止水栓やフィルターにも原因がない場合は、蛇口本体のパッキンなどの部品に不具合がある可能性が高いです。
ゴム製のパッキンは通常の使用だと耐用年数は10年前後となっています。
10年を超えるとゴムが固くなりさまざまな不具合が生じることがあります。
パーツの交換も可能ですが、蛇口本体の交換も視野に入れてみましょう。

排水溝の詰まりの原因と対処法

排水溝の詰まりは油汚れや食材カスが原因です。
排水溝が詰まり水の流れが悪くなってしまった際に、その汚れをきれいに落とす過程でできる応急処置の方法をご紹介します。
水が溢れる危険性があるので、作業を行う前に床やシンク回りを新聞紙などでしっかり養生してください。

・シンク内にお湯をためて一気に流す
排水トラップをすべて外し、露出した配管の入り口をタオルで塞ぎます。
蓋をしたシンク内に50~80℃のお湯を貯めて、タオルの栓を外して配水管に水を一気に流し込みます。
熱湯だと配管が変形する可能性があるので注意です。

・ペットボトルで空気を送り込む
排水トラップを外し配管は露出させ、配管の入り口にペットボトルの口をはめ込み、ペットボトルをぺこぺこ押して空気を送り込みます。
配管内の水圧が上がるため、汚れが取りやすくなります。

・パイプフィニッシュなど市販の洗剤を使用する
流れが悪くなる程度の詰まりならば市販の洗剤で解決できることがほとんどです。
そのまま使用しても十分効果的ですが、使用する前にぬるま湯にボトルを湯煎するような形でつけこみ温めてから使用するとより効果的です。
一度の使用で流れないようでしたら30分~1時間浸け置きして流す工程を繰り返しましょう。

・ラバーカップで汚れを一掃
何をしても詰まりが解消しないときは、ラバーカップが効果的です。
排水トラップを外し、配水管にラバーカップを被せ少しの水を貯めてから、押したり引いたりを繰り返します。
数分で詰まりが解消することが多いです。

詰まりの予防法

蛇口や排水溝の詰まりは起きてしまうと家事が滞るだけでなく、水漏れのリスクもあるので未然に防ぎたいものです。
そのためには日常生活での定期的なメンテナンスが不可欠になります。

蛇口のフィルターを定期的に掃除し、凍結防止用のアイテムを取り入れるなどして、詰まりを予防しましょう。
また、排水溝にはゴミをキャッチするネットを付ける、油は拭き取ってから洗うなどして汚れが直接配水管に流れないように留意しましょう。

重曹とお酢を使った洗浄方法も低刺激でとてもきれいになるのでおすすめです。
まず、排水溝の部品を分解して液体洗剤とブラシなどでしっかりと洗います。
もとに戻してから重曹を振りかけ、お酢またはクエン酸を溶かした水を振りかけると、化学反応が起きて泡立ちます。

30分ほど放置してから洗い流せば、汚れが取れるだけでなくヌメリや臭いの予防にもなるのです。
普段のお掃除に取り入れていってみましょう。

それでも解決しない場合は、プロの手に頼ってみませんか?

ひょうご水道職人は姫路市、西宮市、朝来市、相生市、養父市など兵庫県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。

トイレや浴室洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際はぜひ気軽にひょうご水道職人までお問い合わせください。

上矢印アイコン