お風呂の水はけが悪い!排水口の詰まりの原因と対処法 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.06.19

お風呂のトラブル

お風呂の水はけが悪い!排水口の詰まりの原因と対処法

お風呂に入っていて、シャワーの水が流れず浴室の床に水溜まりができてしまったことや、排水溝から水が逆流してしまったことはありませんか?
お風呂の排水溝はシャンプーやボディソープの石鹸カスや髪の毛、垢などの汚れが毎日排出されるため、非常に詰まりやすくなっています。

また、ヘアピンやヘアゴムやシャンプーの詰め替え用容器の切れ端やカミソリの刃など、固形物を流してしまうケースも多いのです。
軽い症状だと放置していると、新たな汚れが蓄積して水漏れなどの二次被害が起きてしまうので注意が必要です。
水漏れが起き階下に被害が及ぶと高額な損害賠償を求められる可能性や、訴訟に発展するケースもあります。
水の流れが悪いと感じたら、すぐに詰まりを解消しましょう。

排水口の構造

排水口は、排水溝カバー、ヘアキャッチャーで蓋がされており、その下に排水トラップという装置があります。
排水トラップとは排水管に一定の水を貯水することで、下水からの悪臭や害虫の侵入を防ぐ装置です。

浴室の排水トラップは椀トラップとドラムトラップの2つの形状があります。
椀トラップお椀型の被せものとその周りに溜める放水という水で悪臭などを防ぐタイプのトラップで、台所などにも使用されているものです。

手入れはしやすいですが、長官使用しないと封水が蒸発してしまうというデメリットがあります。
ドラムトラップとは大きなドラム型の貯水部分に水を溜めるだけのトラップです。
水の蒸発や配水管からの空気の逆流は起きにくいですが手入れが難しくなっています。
近年では浴室にはドラムトラップが用いられていることが多いです。

排水溝が詰まる原因

まず、排水カバーやヘアキャッチャーや排水トラップにヌメリや汚れが蓄積している可能性があります。
ヌメリも発生しやすく放置していると黒カビの原因にもなります。
洗剤やスポンジ、使い捨ての歯ブラシを用いて掃除するとたいていの汚れはきれいに落とせますから、一つ一つ丁寧に磨きましょう。

それでも流れが悪い場合は、排水管もしくは排水桝に何らかのトラブルがある可能性があります。
排水桝とは屋外にある、排水管の接合部や湾曲部に設置されている汚れを溜める装置で、水を張った槽内に汚れを蓄積させることで、排水管から水のみを下水に流す役割を果たしています。
ヘドロや油汚れが溜まりすぎると、うまく下水に流れず逆流や詰まりが起きてしまいます。蓋を開けて汚れひどいようならスコップなどで取り除きましょう。

排水桝に問題がないようなら、排水管に汚れが蓄積していることになります。
排水管のどこに汚れがあるかの特定は難しいので、専用の道具や薬剤を使って洗浄する必要があります。

排水管の洗浄方法

1つ目はラバーカップや真空式パイプクリーナーを用いて詰まりを吸引する方法です。
固形物の汚れには一番効果的です。
排水口にぴったりとカップを密着させ持ち手やレバーを引き上げることで強力に汚れを吸い出せます。

2つ目はパイプフィニッシュなど市販の専用の薬剤を用いた方法です。
髪の毛やヌメリに効果があります。
トラップやゴミ受けなどを外して洗剤を注ぎ、30分ほど放置して水かお湯で流すだけで頑固な汚れを溶かし流せます。

3つ目は重曹とお酢を用いた方法です。
皮脂や垢、石鹸カスに効果的と言われています。
重曹1カップ、お酢またはクエン酸水2カップを用意し、まず重曹を排水口内に振りかけてください。
その後お酢を注ぎ、シュワシュワと泡がたったら1時間ほど放置してシャワーで洗い流しましょう。
二酸化炭素の泡が汚れを浮き上がらせてくれます。
自宅にあるものでできて、口に入っても安全なもので刺激臭もしないためペットや赤ちゃんのいるご家庭におすすめの方法です。

最後に、どうしても落ちない汚れはワイヤーブラシで直接削るという選択肢もあります。
ワイヤーブラシとは市販されている細長いワイヤーの先にブラシ状の器具がついている掃除用具です。
奥のほうに汚れが蓄積している場合は効果的ですが、使用の仕方によっては排水管やトラップに傷をつけてしまう可能性があります。
傷に菌が繁殖すると掃除も困難になり耐久性も落ちてしまうので、慎重に作業しましょう。

それでも詰まりが解消しないようなら、水道業者に連絡をし高圧洗浄などをしてもらいましょう。
賃貸住宅の場合は、提携の業者がある場合や、居住年数や契約によっては修理代金が大家の負担になるケースもありますから、個人で手配する前に必ず大家に連絡を入れてください。

詰まりの予防策

お風呂の詰まりを起こさないためには、汚れを流さない、溜めないことが大切です、
ヘアキャッチャーにネットを被せて髪の毛や固形物の排水口への流入を防ぎましょう。
ヌメリの防止にもなります。

小まめに排水トラップを取り出し掃除をし、詰まりが起きていなくても定期的にパイプフィニッシュなどで洗浄しましょう。
日常の掃除に組み込むだけで詰まりのリスクが劇的に減るので、ぜひ取り入れてください!

頑固な汚れや定期的なメンテナンスをご希望の場合は、プロの手を借りてみませんか?
ひょうご水道職人は加古川市、宝塚市、たつの市、三木市、丹波市、小野市など兵庫県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
トイレや浴室洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際はぜひ気軽にひょうご水道職人までお問い合わせください。

上矢印アイコン