洗面所の悪臭予防に役立つ「防臭キャップ」とは?自力で取り替える方法も | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.06.25

洗面所のメンテナンス

洗面所の悪臭予防に役立つ「防臭キャップ」とは?自力で取り替える方法も

洗面所で、どこからともなく漂う悪臭。
洗面所を使うたび、嫌な臭いに悩まされている方もいるのではないでしょうか? 

その悪臭が洗面所の収納扉内部から漂ってくるなら、防臭キャップの使用・交換を検討してみてください。
防臭キャップについての基礎知識とDIYでの交換方法を紹介します。

防臭キャップとは?

防臭キャップとは、排水ホースと床の間のわずかな隙間を埋めるための道具です。
排水口から伸びるホースを辿っていくと、洗面所下の収納扉の内側を通って、床下に潜っていくのがわかります。
排水ホースの形に合わせて、床をぴったり切断するのは難しいでしょう。
大抵の場合はわずかな隙間が開いていて、何の対策も取られていない場合、その隙間から、床下で漂う嫌な臭いが室内に充満してしまいます。

「悪臭の発生源はここだ!」と気づいた方の中には、粘土を使って手軽に埋めて、悪臭予防しようとする方も。
ただしこの方法は、あまり効果的ではありません。

なぜなら臭いは、どんな小さな隙間からでも室内に流れ込んできてしまうものだからです。どれだけ丁寧に作業しても、粘土で穴を完全にふさぐのは難しいでしょう。
その点防臭キャップであれば専用に作られている商品ですから、効果的な悪臭対策が可能です。

防臭キャップは、ホームセンターなどで手軽に購入可能です。
1,000円程度の商品でも、十分に効果を発揮してくれるでしょう。
すでに防臭キャップが取り付けられている場合でも、劣化によって防臭機能が衰えているケースも少なくありません。
素材が劣化していたり変形していたりする場合は、速やかに交換しましょう。

防臭キャップの取り替え方法

防臭キャップの取り付け・取り替えには、専用工具は必要ありません。
誰でも手軽に取り付け・取り外しができる部品ですから、ぜひ気軽に挑戦してみてください。

まず用意するのは、自宅の排水ホースのサイズに合った、新しい防臭キャップです。
排水ホースを測っていくのが一番ですが、自信がない場合はさまざまなサイズに適合するタイプを購入しましょう。
こちらであれば、自宅で排水ホースのサイズに合わせてカット可能です。
確実に使える商品を購入できるでしょう。

部品を用意したら、次は収納扉内部の物を移動させます。
中で作業するので、作業スペースをできるだけ広く確保するため、また物を下水で汚さないためにも、面倒臭がらずにどけておきましょう。
排水ホースが刺さっている部分のふたを外すと、ホースと排水管の接続部分が見えてきます。

いったん両者を外したら、排水ホース側に防臭キャップを取り付けます。
その上で、再度排水管と連結させましょう。
両者の隙間がなくなって、気になる悪臭が上がってこなくなります。

収納扉奥での作業は、せまく暗い場所で行うことになります。
懐中電灯で手元を照らしながら作業するのがおすすめです。
防臭キャップの交換作業をする場合は、排水ホースを排水管から外したら、古いキャップを取り外しましょう。
その上で、新しいキャップに交換すれば大丈夫です。

せっかくの機会ですから、周辺部分に何か気になる異常が発生していないかどうか、確認しておくのがおすすめです。
水漏れの跡や排水ホース・排水管の劣化などが気になった場合、早期発見・早期対処につなげられます。

防臭キャップの効果が感じられない場合の対処法

防臭キャップを取り付けると、多くの場合で気になる悪臭を軽減できます。
とはいえ洗面所の悪臭の原因が、この隙間だけとは限りません。
防臭キャップを使っていても悪臭が気になる場合、その他の原因が複合的に絡んでいると予想されます。
ひとつひとつ、確実に対処していきましょう。

まずチェックしたいのは、排水トラップについてです。
古い住宅の場合、排水トラップそのものが設置されておらず、下水の臭いがそのまま室内に充満してしまうケースがあります。
この場合、防臭キャップだけではなく、排水トラップも購入してきて取り付けましょう。
排水トラップはあっても、内部に水が溜まっていなければ防臭できません。
こちらも併せてチェックしてみてください。

もう一つ忘れてはいけないのが、排水溝に溜まった汚れです。
洗面所の排水口には、髪の毛や皮脂汚れ、整髪料や化粧品等に含まれる油が多く流されます。こうしたゴミや汚れを放置すれば、それこそが悪臭の原因になってしまいます。

こうした汚れは、防臭キャップよりも手前にあるもの。
キャップを取り付けたからといって、臭いが軽減することはありません。
悪臭対策には、臭いを除去するのがもっとも効果的でしょう。

いろいろ試してみても駄目な場合は、水道修理業者にも相談してみましょう。
臭いの原因がどこにあるのかを、プロの目で総合的に判断してくれますし、問題を解決するための対処法も提示してくれます。
排水管の高圧洗浄や必要な修理など、多少コストはかかりますが、快適な生活を取り戻せるでしょう。

洗面所の悪臭トラブルもひょうご水道職人へ

兵庫県内各地で活躍するひょうご水道職人。
悪臭トラブルについても、安心してご相談ください。

「詰まりや故障じゃないから…」と不安を感じる方もいるかもしれませんが、大丈夫です。悪臭が発生している原因を見極め、解決までのサポートをいたします。

神戸市、姫路市、尼崎市、養父市、相生市でも、スピーディーな対応を得意としています。嫌な臭いは我慢せず、徹底的に対策しましょう。

上矢印アイコン