トイレに異物を落としたら詰まりが発生!おすすめの対処法を紹介 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.06.28

トイレのトラブル

トイレに異物を落としたら詰まりが発生!おすすめの対処法を紹介



トイレにうっかり異物を落としてしまったことが原因で、詰まりが発生することがあります。とくに、大切なものを落としてしまったときは、慌ててしまうがあまり間違った対処をしてしまいがちです。その対処の仕方が事態を悪化させる恐れもあるため、まずは冷静になりたいところです。そのためにも日ごろから準備をしておくことが大切でしょう。今回は、トイレに詰まりやすい異物の種類や異物を落としたときの対処法などを、まとめてご紹介します。

トイレに落とすと詰まりの原因になる異物は?

トイレに落としやすく、かつ、落とすと詰まりの原因になりやすいのは、以下のようなものです。

・アクセサリーやメガネなど身に付けているもの
アクセサリーやメガネのように、身に付けているものが外れてトイレに落ちてしまうことは珍しくありません。トイレ掃除中に引っかかって落ちてしまうことも多いです。ピアスのように小さなアクセサリーだと落ちたことに気付かず、そのまま流してしまうこともあり、「原因は分からないが詰まりが発生した」という事態を引き起こします。

・スマホやペン、ハンドタオルなど胸ポケットに入っていたもの
胸ポケットに入れていたスマホやペン、ハンドタオルなどがトイレに落ちることも多いです。とくに、スマホやペンなどの固いものは便器を傷つけてしまう原因にもなるため、取り出す際は慎重におこなうことが重要です。

・子どものおもちゃやおしり拭きシート
小さな子どもがいる家庭では、子どもが自分でおもちゃをトイレに落としてしまうのはもちろんのこと、おしり拭きシートを流したのが原因で詰まりが発生することも少なくありません。最近のおしり拭きシートはトイレに流せるタイプのものも増えてきていますが、詰まりを確実に防ぎたいなら流さないほうがよいでしょう。

・ペットの糞も詰まりの原因になる
実は、ペットの糞もトイレに流すと詰まりの原因になるのです。ペットの糞は人間の便より固くて水に溶けにくく、毛なども混じっているため、排水管内で詰まることがよくあります。散歩から持ち帰った糞もトイレには流さず、一般ゴミとして処理しましょう。

詰まりの程度をチェックするポイント

トイレに異物を落とした後、すぐ流してしまった場合は、どの程度の詰まりが発生しているかチェックしてみましょう。早急に対処すべきか、時間をかけて詰まり解消を試みるべきかの判断基準にもなるはずです。排水が便器の上の方まで溢れるようであれば、排水管の手前に異物が詰まっています。

これ以上水を流すと便器から溢れ出てしまう恐れがあるため、試しに流してみるようなことはやめたほうがよいでしょう。異物を取り除かないと詰まりは解消されないため、すぐに対処が必要です。水が引く様子があれば、詰まりは軽症です。詰まっているのは排水管の一部だけなので、異物が水に溶けるものであれば、比較的簡単に解決します。

トイレに異物を落として詰まったときの対処法

トイレに異物を落としたことが原因で詰まりが発生した場合は、次のように対処しましょう。

・まずは時間を置いてみる
水に溶けにくいティッシュペーパーやおしり拭きを流したことが詰まりの原因なら、しばらく時間を置くことで水にふやけて流れる可能性があります。時間を置いてから試しに流してみる際は、トイレの水を流すのではなく、バケツに入れた水を少しずつ便器の中に流し入れてみてください。まだ詰まったままの状態だとしたら、一気に大量の水を流すと溢れ出てしまう恐れがあります。スマホやアクセサリーなど水に溶けない固形物を落としたことが確実な場合は、待っても意味がないのですぐに対処しましょう。

・可能な場合は手で取り出す
異物が便器の中の見える位置にあるようなら、ゴム手袋をはめて手で取り出してみましょう。手を入れることに抵抗があるとしても、手を使うのが一番安全です。もし、異物が大きくて中で引っかかっている場合は、無理やり取り出そうとするのはやめたほうがよいでしょう。

・ラバーカップを使用する際は注意が必要
ラバーカップを使うと状況によっては異物をさらに奥へ押し込むことになる可能性も考えられます。ラバーカップはトイレットペーパーを大量に流したことで発生した詰まりには効果的ですが、固形物を落としてしまったときに使用するのは逆効果な場合がほとんどです。異物が奥に入り込むほど取り出すのが困難になるため、手で取り出せないと判断した時点で業者に依頼したほうがよいでしょう。無理に引っ張り出そうとして便器を壊してしまい、交換が必要になるケースもあるのです。

トイレの詰まりにお困りならひょうご水道職人へお電話ください

ひょうご水道職人は神戸市、姫路市、西宮市、尼崎市、明石市、加古川市、宝塚市、相生市など兵庫県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にひょうご水道職人にお問い合わせください。

上矢印アイコン