キッチンの排水トラップの交換方法は?ヌメリ・臭いも一気に撃退 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.07.01

台所のメンテナンス

キッチンの排水トラップの交換方法は?ヌメリ・臭いも一気に撃退



キッチンに立ったとき、「どこからともなく嫌な臭いが漂ってくる…」と感じた経験はありませんか?
悪臭の発生源はいくつかありますが、その中の一つがキッチンの排水溝に設置されている排水トラップです。

排水トラップの仕組みや臭いの原因、気になるトラブルを解決するための方法を解説します。

キッチンの排水溝から漂ってくる嫌な臭いの原因は?

キッチンの排水溝から漂ってくる嫌な臭いの原因は、奥に潜んだ汚れにあります。
キッチンシンクは「使うたびにピカピカに磨いている」という方でも、排水溝の奥となると、話は別です。
汚れが目に見えにくいこともあり、ついつい放置しがちです。

排水溝奥に溜まる汚れは、キッチンでの活動によって生み出されるもの。
具体的には、以下のような汚れが挙げられます。

・油汚れ
・食べ物屑
・洗剤カス

油汚れや食べ物屑は、時間の経過と共にその性質を変化させ、徐々に嫌な臭いを発生させてしまいます。
またそれぞれの汚れが組み合わさって、触れるのも嫌なヌメリ汚れが発生するケースも少なくありません。

臭いのもとがキッチンの排水溝にあるなら、まずは排水トラップ部分の掃除に挑戦してみましょう。
掃除の手順は以下のとおりです。

1.排水口のふたを外す
2.ふたの奥のゴミ受けを外す
3.中に設置されている部品を外す
4.すべての部品をきれいに洗う
5.パイプクリーナーを投入する
6.指定時間置いたのち、きれいに洗い流す
7.元通りに組み立てる

排水トラップの掃除の基本は、「取り外せるものは全部外してきれいにする」です。
細かな部分は、歯ブラシで掃除するのがおすすめです。

取り外せない部分や手が届かない部分の掃除には、市販のパイプクリーナーを使用しましょう。
頑固な汚れも溶かして落とせます。
原因となっている汚れを除去できれば、気になる臭いトラブルも解消できるでしょう。

ただし清掃作業にも限界はあり、がんばって掃除をしても以下のような状況に直面するケースもあります。

・掃除をして元通りに組み立てたものの、臭いを完全に除去できなかった
・汚れが蓄積し過ぎていて除去できなかった

このような場合は、清掃ではなくパーツの交換を検討してみてください。
汚れが溜まった部品を新品へと交換すれば、「まだ汚れが残っているのでは?」と不安に駆られることもありません。
手の届かない部分に悩まされる必要もないでしょう。

排水トラップを交換してみよう

汚れが蓄積しやすく、さまざまなトラブルの原因になりやすい排水トラップ。意外と簡単に交換できるので、ぜひ挑戦してみてください。

1.自宅の排水口サイズに合ったトラップを用意する
2.シンク下の収納扉を開けて、排水トラップから排水ホースを外す
3.排水トラップを外す
4.新しい排水トラップを上からはめる
5.ナットをしめて固定する
6.排水ホースを取り付ける

排水ホースや排水トラップを取り外す際には、中に溜まった汚水がこぼれてしまいがちです。バケツを準備して、こぼさないように注意しながら作業しましょう。また排水トラップは、シンク上から差し込むようにして設置されています。設置時には、ゴムパッキンを忘れないように注意してください。ゴムパッキンがないと、シンクと排水トラップの間から水漏れしてしまいます。

基本的には「ナットを緩めて取り外すだけ」と、作業はシンプルかつ簡単ですが、締め付け具合によっては、素手での作業が困難なことも。
この場合は流し排水栓専用のスパナがあるので準備しましょう。

こんなタイミングでの交換がおすすめ

意外と手軽に実践できる、排水トラップの交換作業。臭いや詰まりが気になったときはもちろん、それ以外で交換するケースも少なくありません。

以下の条件に当てはまる方々は、ぜひ排水トラップの新品交換を検討してみてはいかがでしょうか。

・中古住宅を購入し、前の住人が使っていた排水トラップを使用するのに抵抗がある
・キッチンを設置してから10年以上が経過している
・キッチン下の収納を、より使いやすくしたい

排水トラップの寿命は、使用状況によっても異なるもの。
ただし5年~10年以上が経過すると、徐々に劣化が気になってきます。
新品に交換すれば、気持ちよく使い続けられるでしょう。

また中古住宅購入時には、水回りの使用感を気になる方も多いはずです。
目に見える部分ばかりを気にしがちですが、目に見えない部分もすっきり気持ちよく整えてみてください。
新品の排水トラップなら、新生活にもぴったりです。

排水トラップの種類が多様化した今、「修理」ではなく「リフォーム」として排水トラップを交換するケースも増えてきています。
大型のトラップを小型のものへと交換すれば、シンク下収納の使い勝手が良くなるでしょう。
手軽に実践できる交換作業だからこそ、気軽な気持ちでスタートするのもおすすめです。

臭い・詰まりはひょうご水道職人へご相談を

キッチンの排水トラップを自分で交換しても、臭いや詰まりトラブルを解消できないケースもあります。
こんな時には、ぜひひょうご水道職人にご相談ください。何が原因なのか、プロの目でしっかりと見極めていきます。
もちろん、キッチンの排水トラップ交換に関するお問い合わせでも大丈夫です。

ひょうご水道職人では、伊丹市や豊岡市、加古川市、赤穂市、洲本市と、県内全域の幅広いエリアをカバーしています。キッチンの排水で悩んだときには、どんなことでもご相談いただけます。
「まずは話を聞いてみたい」というお客様も大歓迎です。

上矢印アイコン