お風呂の水栓から水漏れ発生!セルフ修理の第一歩「止水栓」の場所と回し方 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.07.01

お風呂のトラブル

お風呂の水栓から水漏れ発生!セルフ修理の第一歩「止水栓」の場所と回し方



お風呂の水栓トラブルが発生したら、まずは落ち着いて止水栓を閉めたいところです。
とはいえ、普段はあまり意識していない止水栓。

「そもそもどこにあるのか?」「見つかったけれど動かせない…」といったトラブルに見舞われがちです。
お風呂のトラブルを自力で解決するためにも、止水栓に関する基礎知識を身につけておきましょう。

お風呂の止水栓とは?

お風呂の止水栓とは、浴室の蛇口の根本にある栓を言います。
お風呂で使用する大量の水やお湯は、水道管から元栓を通り、家庭内へと供給されます。
途中で何本にも枝分かれして、その中の一つが浴室まで到達する仕組みです。

万が一、浴室の水栓が故障して水が止まらなくなってしまった場合、役に立つのが止水栓です。
止水栓を閉めれば、その蛇口に流れ込む水を、元からシャットアウト可能です。
水道の元栓を閉めることなく、浴室の水だけを止められるので、トイレやキッチンでは問題なく水を使えるでしょう。
蛇口が故障した場合、まず止水栓を閉めてから修理するのが基本です。

またプロに修理を依頼する場合も、とりあえず止水栓を閉めておけば、余計な水道代がかさむ心配もありません。いざというときのためにも、止水栓の位置と使い方については、知っておきたいところです。

止水栓の場所は、水回りの設備によって異なります。
浴室で一般的な壁付け水栓の場合は、器具本体と壁の間にある脚部分に設置されているケースが多いです。
止水栓は、その回し方によっていくつかのタイプに分かれます。

・ハンドル付きタイプ
・ハンドルなし、回す部分が飛び出しているタイプ
・ハンドルなし、回すタイプが飛び出していないタイプ

ハンドルが付いている場合は、蛇口をひねる要領で操作すれば、止水栓を開閉できます。
見た目にも目立ちやすいので、すぐに見つけられるでしょう。
一方でハンドルがないタイプは、マイナスドライバーを使って操作します。溝に合わせて、力を加えてみてください。

「止水栓が固くて回らない!」はよくあるトラブル

止水栓の場所を見つけ、いざ回そうとした際に多いのが、「どれだけ力を入れても回らない」というトラブルです。
実はこちらは、決して珍しい事例ではありません。

「止水栓が固くて回らなかったため、結局水道の元栓を閉める羽目になった」というケースも多いものです。
止水栓が固くて回らない理由は以下のとおりです。

・力を適切に加えられていない
・サビや汚れが原因で固着している

浴室内の止水栓の設置場所によっては、狭い場所での作業を強いられることもあるでしょう。
止水栓を開け閉めするためには、ある程度の力が必要で、力が足りなければびくともしません。
ハンドルタイプの場合はとにかく力いっぱい操作するのがベストですが、マイナスドライバーで操作するタイプの場合は、溝のサイズに合った道具を選んで適切に扱いましょう。

適切に力を加えられているにもかかわらず、止水栓が回らない場合、固着の可能性が疑われます。
止水栓の内部にサビや汚れが溜まって長い時間が経過すると、そのまま固まって動かなくなってしまいます。
この場合、さらに強い力を加えて固着部分を引きはがさなければ、止水栓は動かせません。

止水栓の固着を防ぐためのポイントは、定期的な開閉です。
「これまで一度も止水栓を動かしたことがない」「そもそもどこにあるのかわからない」という場合は、一度状態をチェックしておきましょう。
できれば一度動かしておくことで、固着予防にもつながりますし、いざと言うときの予行演習にもなります。

どうしても回らない場合の対処法は?

止水栓がどうしても回らない場合は、以下の方法を試してみてください。

・ペンチやモンキーレンチを使って力を加える
・タオルを巻いて、ハンマーで優しく叩く
・修理業者に依頼する

ペンチやモンキーレンチといったアイテムを使えば、力を伝えやすくなります。
どうしても回らない場合は、ハンマーで叩いて少しずつ動かしていくのも良いでしょう。

とはいえ、乱暴に作業すると、止水栓そのものを壊してしまう可能性も。「どうしても回らない」という場合は、プロの修理業者に依頼しましょう。
最悪の場合は、止水栓の交換が必要なケースもあります。

また止水栓が回らなくても、水道の元栓を閉めれば水は止まります。
「浴室の2ハンドル混合水栓を自力で交換したい!」と思った場合でも、元栓を閉めておけば安心して作業できます。

ただし家の中の別の場所でも水が使えなくなってしまうので、トイレやキッチンで不自由な思いをすることに。
修理交換は、できるだけスムーズに進めていく必要があるでしょう。
元栓を閉めて問題なく作業できそうかどうか、ご自身や家族の状況を考慮しながら決定しましょう。

止水栓のトラブルもひょうご水道職人へどうぞ

いざというときのために設置されている止水栓ですが、止水栓そのものがトラブルの原因になってしまうケースも少なくありません。
できるだけ早期に解決しておくことで、水漏れトラブルが発生した場合でも、余裕を持って対処できます。
まずは自宅の浴室の止水栓場所を確認し、動くかどうかチェックしておきましょう。

「どうしても動かない」「何らかのトラブルが発生している」という場合は、ひょうご水道職人にお電話いただければ大丈夫です。
実際に現場に出向いて、止水栓の状態を確認いたします。

ひょうご水道職人は、宝塚市や三木市、高砂市など、幅広いエリアからのご相談を受け付けています。
無料で見積もり提示いたしますので、安心してご連絡ください。

上矢印アイコン