トイレの床から水漏れが発生した際の原因と対処法について | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.07.16

トイレのトラブル

トイレの床から水漏れが発生した際の原因と対処法について

トイレの床から水漏れが発生!まずすべきこととは?

いきなり水漏れが発生するとついつい焦ってしまいがちですが、冷静に対処しましょう。トイレのタンクには壁や床から水道管がつながっています。床から水漏れが発生していることに気付いたら、原因を究明するよりも先に、まずは水道管の栓を閉めましょう。水の流れを止めないと、常に水道管から水が送られ続けてしまい、水漏れの量が多くなってしまうためです。

水道管の根元には止水栓と呼ばれる栓があり、マイナスドライバーを使って閉めることで水の流れを止められます。なお、この時何回転させて閉めたかを覚えておきましょう。修理が完了して止水栓を開ける際に、同じ分だけ開くことで元の状態に戻せます。

栓が閉まったことが確認できたら、水漏れで濡れてしまった部分を雑巾などで拭いてください。水漏れの原因を特定する際には、乾いている状態の方が特定しやすいためです。水を拭き取って落ち着いたら、水が漏れ出ている原因を調べていきましょう。それでは、よくあるケースの確認方法について紹介していきます。

トイレタンクにヒビや破損がないか確認する

水漏れの原因を特定するには、まずタンクにヒビが入っていないか確認します。もしヒビや破損が見つかってそこから水漏れが発生している場合は、業者にタンクの交換作業を依頼しましょう。

しかし、依頼してすぐに作業に取り掛かれるわけではないので、それまでの応急処置として隙間部分を防水パテで埋めましょう。これで一時的には水漏れを止められますが、このままだと時間の経過に伴って水漏れが再発し、場合によってはさらに悪化する可能性もあります。これ以上被害が大きくなる前に、早めにタンクを交換することをおすすめします。

業者への依頼が必要なパターン

便器の側面が破損していてそこから漏れている場合、または汚水や黒い水が床と便器の隙間から漏れ出ている場合は床材の張り替えや便器の取り替えが必要になるので業者に依頼しましょう。自分でやろうとすると、かえって悪化させてしまいかねません。

水を流すタイミングで水漏れしている場合

止水栓を閉めた状態で水漏れが確認できなかった場合は、開け直した後にレバーを引いて水を流してみましょう。このタイミングで再度タンクへの給水管やタンクとの接続部分から水漏れが発生した場合は、固定しているナットおよびボルトの緩み、もしくはゴムパッキンの劣化が原因の可能性が高いです。また、対象のトイレがINAXのディストリビュータータイプと呼ばれるトイレの場合は、「取り付けの不備やズレ」も原因の一つとして考えられます。

・ナットやボルトが緩んでいる事が原因の場合
まずは、水が漏れ出ている管のボルトを締め直してみましょう。ボルトの緩みが原因だった場合はこれだけで直ります。また、ボルトに付いているナットを指で軽く回してみてください。もし指で簡単に回せてしまう場合は、ナットが緩んでいる証拠です。こちらも締め直すだけで水漏れが直る可能性があります。

また、あまりにもきつく締めすぎると管やタンクヒビが入り傷付いてしまいます。そうなると交換が必要になってしまい、高額な費用と時間がかかってしまうので気を付けましょう。ボルトを締める際は、まずは指を使ってナットを回します。指で回せなくなったらレンチを使い、ゆっくりと適度な強さで締めましょう。

・ゴムパッキンの劣化が原因の場合
ボルトを締めても水漏れが止まらない場合は、ボルトについているパッキンが劣化している可能性があります。パッキンは劣化すると縮んで硬化します。そうなることで隙間が生じてしまうので、新品のパッキンと交換しましょう。パッキンはホームセンターなどで200~300円で購入できます。サイズ確認のために、取り外したパッキンを持参して購入することをおすすめします。

・取り付けの不備やズレが原因の場合
INAXのディストリビュータータイプと呼ばれるトイレの場合、取り付けの不備やフロート弁のズレによって水が漏れ出ている可能性も考えられるのです。もしご自身でトイレのパーツを分解するなどの特殊な作業をしてその直後から水漏れが発生している場合は、しっかりと取り付けができていない可能性があります。その場合は、説明書を見ながら取り付け直すことをおすすめします。また、ご自宅のトイレがINAXのディストリビュータータイプなのかはタンクに貼ってあるシールで型番から確認来できます。

ウォシュレットから水漏れしている場合

ウォシュレットなどの温水便座を使用している場合は、接続部分やホースから水漏れが発生し、便器の側面を伝って床に水が溜まってしまっている可能性があります。原因箇所がウォシュレットと分岐水栓の接続部分の場合は、自分でナットとボルトの緩みが無いか確認して、締め直すだけ修復可能です。

しかし注意点があります。ウォシュレットは電化製品なので、感電の恐れがあるのです。ウォシュレット周りに触れる際は必ず電源コードを抜き、濡れた手で触らないようにしましょう。

トイレから水漏れがしたらひょうご水道職人へお電話ください

ひょうご水道職人は神戸市、姫路市、西宮市、加古川市、養父市、多可郡、神崎郡など兵庫県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にひょうご水道職人にお問い合わせください。

上矢印アイコン