洗剤を使わずに洗面台を掃除してみませんか? | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.07.16

洗面所のメンテナンス

洗剤を使わずに洗面台を掃除してみませんか?



毎日使う洗面台に、水垢や黒ずみが発生してしまうと気持ちよく使えないでしょう。水場によく発生する汚れ、洗剤とスポンジで掃除していませんか?企業努力もあり、環境に優しいものが増えているとはいえ、人工的に作られた洗剤は、環境に悪影響なのではないかと考えている方も多いでしょう。そこで、今回は洗剤を使用しないで、洗面台をきれいにする方法と、注意点をご紹介します。

ナチュラル洗剤の代表クエン酸

排水口のぬめり汚れや、カビ汚れの掃除、詰まり解消に重曹とクエン酸を使用する方は多いのではないでしょうか。この方法は、アルカリ性の重曹と、クエン酸が反応して発生する泡で、汚れを浮かして落とすというものです。

自力で排水口の詰まりを解消させたいとき、強力な洗剤を使用したくないときに有効な手段です。また重曹には抗菌作用があり、また粒子が水に溶けにくいため、研磨作用もあります。もちろん両方を使用して、汚れを落としてもいいですが、クエン酸のみでも掃除は可能です。

洗面台の黒ずみ汚れは、皮脂や化粧品などの成分が原因です。この汚れに水垢が合わさることで、落ちにくい黒ずみ汚れになってしまいます。そこで、クエン酸を溶かした水を洗剤にして落とすことをおすすめします。水垢はアルカリ性で、クエン酸を使用すると、中和され汚れを落としやすくするためです。落ちにくい黒ずみ汚れには、クエン酸を塗布したあと、ラップなどでパックしてから、擦るときれいに落とせます。

クエン酸を使用しての掃除の際、塩素系漂白剤と併用しないよう注意してください。酸性のクエン酸と塩素系漂白剤が混ざると、人体に非常に有毒なガスが発生してしまいます。混ぜるな危険と表記のある洗剤と、同じ扱いだと覚えておきましょう。もし直前にハイターを使用した掃除をした際は、すぐにクエン酸を使用せず、何日か日を空けてから使用してください。

メラミンスポンジを使用する際の注意点

洗剤を使わず、水をつけるだけで水垢が落とせるメラミンスポンジは、多くの方が愛用しているのではないでしょうか。力を使わず、擦るだけで汚れを落とせるメラミンスポンジを、水垢や茶渋を簡単に落とせることから、さまざまな場所に使用していませんか?

メラミンスポンジはメラミン樹脂からできており、削って汚れを落とす研磨スポンジのため、使用場所には注意が必要です。表面に傷がつきにくいガラスや、メッキ素材、ガスコンロや周辺のタイルには使用できますが、アクリル素材や、ツヤのあるステンレス、曇り止めがされている鏡には使用できません。

鏡は基本的に使用できますが、曇り止めがされている鏡に使用すると、曇り止めが削られてしまいます。水垢を掃除するには、たしかに有効な手段でもあるメラミンスポンジは、削って汚れを落とすという原理を覚えておき、場所を選んで、傷がつきやすい場所に使用しないよう注意しましょう。

メラミンスポンジを使って洗面所を掃除

上記のようにメラミンスポンジは、使用する際に注意する点はあります。使用箇所の素材に気をつければ、メラミンスポンジは100円均一ショップでも販売されているため、手に取りやすいでしょう。

もし洗面ボウルがツヤのあるステンレスの場合、ツヤが消えてしまうだけでなく、細かい傷にカビが発生してしまう可能性があるため、使用は避けてください。洗面ボウルに傷がつくと、掃除が大変になる可能性があるため、洗面所でメラミンスポンジを使用する際は、水栓や蛇口のみ掃除してください。

もしメラミンスポンジを使用して掃除するときは、たっぷりと水をつけて使用しましょう。また重曹との併用も可能です。こちらも、傷がつきやすい素材には使用しないでください。正しい使用方法であれば、メラミンスポンジほど便利な掃除アイテムはないでしょう。

その他の洗剤を使わない掃除方法

洗剤を使用しない掃除方法として、クエン酸とメラミンスポンジを紹介しました。しかし、掃除に使えるのは、この二つだけではありません。

汚れがこびりついてしまう前なら、マイクロファイバークロスでの拭き取り掃除が有効です。少し汚れが目立つと感じたら、軽く水と柔らかいスポンジでこすり洗いしてから拭き取り、汚れは目立たないが掃除したいときは、水に濡らしたマイクロファイバークロスで拭き取ってください。

マイクロファイバークロスは、普通の雑巾の繊維が丸いのに対し、繊維が三角形になっています。この三角形の繊維の角で汚れを絡めとるのです。マイクロファイバークロスの繊維は、非常に細かく、見えない汚れもきれいに拭き取れます。洗面所は傷がつくと、余計に掃除の負担が増えてしまう箇所が多いため、掃除をする際は、素材に注意して行いましょう。

洗面所などの水回りに関することは、ひょうご水道職人へ!

ひょうご水道職人は神戸市、姫路市、西宮市、尼崎市、明石市、加古川市、相生市、加東市、西脇市など兵庫県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にひょうご水道職人にお問い合わせください。

上矢印アイコン