洗面所の水栓から水漏れ発生!寿命は何年?修理交換方法は? | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.07.24

洗面所の水漏れ

洗面所の水栓から水漏れ発生!寿命は何年?修理交換方法は?



洗面所で使っている水栓にトラブルが起きて、困った経験はありませんか? 水漏れや異音、ぐらつきなど…水栓で悩まされるトラブルも多種多様です。「交換するべき?それとも修理した方が良いの?」と悩んだときに気になるのが、水栓の寿命に関する情報です。わかりやすく解説します。

水栓の寿命は約10年

洗面所に限らず、水栓の寿命は約10年です。水栓内部にはさまざまな部品が使われており、その中には経年劣化で本来の機能を果たさなくなってしまうものも。設置から10年以上経過した水栓では、さまざまなトラブルに悩まされやすくなるでしょう。

「寿命は10年」と聞くと、「意外と短い…」と感じる方も多いのではないでしょうか。もちろん10年が経過したからといって、すべての水栓がすぐに使えなくなってしまうわけではありません。15年、20年と、問題なく使用し続けられる水栓も多いでしょう。

とはいえ、水栓の修理用部品をメーカーが製造・保管している期間には限界があります。設置から10年以上経過している水栓の修理用部品は手に入りにくく、こうした側面からも寿命と言えます。

シングルレバー水栓は特に注意

最近の住宅で、洗面所の水栓に多く採用されているのが、シングルレバー水栓です。シングルレバー水栓とは、一つのレバーを左右上下に動かして、水の量や温度の調整を行うタイプのこと。便利で使い勝手の良い水栓ですが、設置から年数が経過すると、以下のようなトラブルが報告されるようになります。

・レバーが固くて動かすのが困難である
・スパウト部分が固くて、温度調整が難しい
・しっかり閉めても水がポタポタと落ちる
・根元部分から水が漏れ出る
・根元部分がぐらつく

設置から10年以上が経過したシングルレバー水栓であれば、修理より交換するのもおすすめです。一つの場所を修理しても、またすぐに別の場所でトラブルが発生してしまう可能性も。市場でも人気のシングルレバー水栓であれば、安価に購入できる製品も少なくありません。1回あたりの修理費用と、新品水栓を購入した場合の交換費用が、ほとんど変わらない可能性もあるでしょう。

洗面所用のシングルレバー水栓にもさまざまな製品が登場している今、多機能水栓も注目を集めています。機能が多ければ、便利だと感じられる場面も増えるはず。ただしその分、トラブルが発生する確率も高くなってしまうでしょう。

「できるだけ寿命が長い水栓」という視点で導入アイテムを決定するなら、なるべくシンプルな製品に注目してみてください。シンプルな水栓であれば、劣化や破損するパーツも、ある程度限定されるでしょう。何らかのトラブルが発生した場合でも、自力で修理・交換できる可能性が高くなります。

修理と交換、適切に見極めるのがおすすめ

洗面所の水栓に不具合が起きるまでのスピードは、各家庭の使用状況によって異なるもの。いざトラブルが発生した際に、「修理した方が良いのか、それとも交換するべきなのか…」で悩む方は少なくありません。後悔しない選択をするためには、状況に合わせて適切に判断することが大切です。

適切な判断をするためにサポートしてくれるのが、水回りの修理業者です。洗面所の水栓に水漏れ・ぐらつきといったトラブルが発生したら、ぜひ一度相談してみてください。水回りのプロに、現場で状況を確認してもらえば、修理で十分に対応できる状況なのか、それとも新品への交換を積極的に検討した方が良いのか、アドバイスをもらえるでしょう。

水回りの修理業者は、トラブル発生の状況や、水栓全体の様子など、過去の経験から総合的な判断ができます。「たとえ今パッキンを交換しても、またすぐに別の場所でトラブルが起きるだろう」と思われる場合、交換の方をおすすめされるでしょう。十分な知識や技術を持った、信頼できる修理業者に相談してみてください。

また修理した場合の費用と交換した場合の費用、どちらも見積もりしてもらうのもおすすめです。故障の内容によっては、「緩んだ部品を締め直すだけ」など、安価に対応できるケースもあります。

一方で、修理であっても、実は新品交換よりも高くついてしまうようなケースもあります。どちらも想定して見積もり作成してもらえれば、それぞれにかかるコストを踏まえたうえで、総合的に「よりお得だと思える方」を選択できるでしょう。

「1万円で修理して古い水栓を使い続けるぐらいなら、1万2,000円出して新品に交換してもらった方が良い」と感じる方も多いのではないでしょうか? このあたりの価値観は、人によって差があるもの。修理業者のスタッフとも相談しながら、より良い道を探ってみてください。

水栓のトラブルは寿命も意識して対処しよう

毎日何気なく使っている水栓。設置から時間が経てば経つほど、トラブルに悩まされる可能性は高くなります。今の水栓を修理して使い続けるのか、それとも新しい製品へと切り替えるのか、水栓そのものの寿命も意識しながら選択するのがおすすめです。

「信頼できる水道修理業者と相談しながら決めたいけれど、相談先がわからない…」という場合は、ひょうご水道職人にご相談いただければ大丈夫です。修理した方が良いのか、交換するメリットの方が大きいのか、経験豊富なスタッフが、お客様の立場に立ってアドバイスいたします。伊丹市や豊岡市、加古川市、西脇市、加東市、宍粟市、揖保郡からのお問い合わせ・ご相談もお待ちしています。

上矢印アイコン