水道代高騰の原因は何?キッチン水栓の修理・交換で効果はある? | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.07.24

台所のメンテナンス

水道代高騰の原因は何?キッチン水栓の修理・交換で効果はある?



普段よりも水道代が急激に上昇していた場合、焦ってしまう方も多いのではないでしょうか。速やかに原因を突き止めると共に、より積極的に節水対策を取り入れたいところです。今回はキッチンに的を絞って、原因や対策を解説します。家計のピンチを乗り切るため、ぜひ参考にしてみてください。

まずは水道代高騰の原因を見極めよう

水道代が急激に上昇した場合、まず確認したいのが「原因」についてです。水道代が急激に上昇する理由としては、以下のような可能性が考えられます。

・家族の人数が増えた
・ライフスタイルが変化した(お風呂に入る回数を増やした、など)
・水回り設備で水漏れがあった
・何らかのイベントで、普段以上に水を使った

水道代が高騰する原因として多くみられるのが、家族の人数もしくはライフスタイルの変化です。特にお風呂や洗濯の回数が増えている場合、水道代は急激に上昇するでしょう。水道代を減らしたい場合は、回数を抑えたり、1回あたりの使用水量を少なくしたりしましょう。「水をたくさん使っている」という自覚がある場合は、具体的な対策を取れるでしょう。

問題は「自覚がない」というケースで、見えない部分で水漏れトラブルが発生している可能性も。キッチンで多いのは、以下のような状況です。

・蛇口を閉めてもポタポタと水滴が落ちている
・シンク下がじんわりと濡れている
・水栓の根本部分に、気づくと水が溜まっている

水漏れしている箇所があると、継続的に水が流れ出てしまいます。ごく少量に見えていても、「ずっと水が漏れだしていること」による影響は大きく、水道代の高騰につながってしまうでしょう。

この場合、キッチンの水栓まわりの修理・交換を行うことで、水道代を削減できる可能性があります。蛇口まわりのトラブルを放置していても、問題が勝手に解決することはありません。修理・交換費用がかかっても、長い目で見れば、水道代の節約になります。どこをどう修理・交換すれば良いのか、冷静にチェックしていきましょう。

キッチン水栓のまわりの水漏れはどこで起きる?

キッチン水栓まわりで発生する水漏れは、いくつかのパターンに分けられます。以下の情報を参考にしながら、水漏れ対策を進めてみてください。

・バルブカートリッジの故障
バルブカートリッジは、キッチンで多く採用されている、シングルレバー水栓の内部に使われている部品です。水の温度を調整するための部品ですが、水栓の胴体部分の内側に組み込まれていて、劣化しやすいという特徴があります。水栓の根本部分やつなぎ目部分から水が漏れだしている場合、バルブカートリッジを交換することで、トラブルを解決できる可能性があります。

・水栓内部のパッキンの劣化
水栓内部に使われているパッキンは、時間の経過とともに劣化していってしまいます。キッチンを設置してから10年以上が経過していて、これまでに一度もパッキンを交換していない場合、パッキンの劣化による水漏れが疑われます。水栓内部に使われているパッキンの場所と種類を確認したうえで、すべてまとめて交換するのがおすすめです。

・給水管や給湯管のトラブル
キッチン床やシンク下に水が漏れだしている場合、給水管や給湯管のトラブルが考えられます。もっとも多いのが接続部分からの水漏れで、パッキン交換で直せるでしょう。管そのものに不具合が起きている場合は、修理の専門業者に依頼するのがおすすめです。

もし水道代高騰の原因がこれらの故障にあれば、修理・交換すれば、水道代は元の水準に戻るはずです。まずは修理をして、様子をチェックしてみてください。

キッチン水栓で節水しよう!おすすめタイプは?

キッチンは、お風呂や洗面所と並んで、日常的に水を使う場所の一つです。「より効率よく節水したい!」と思うときには、キッチン水栓の交換を検討してみると良いでしょう。おすすめタイプは以下の2つです。

・ハンドシャワー付き水栓
ハンドシャワー付き水栓は、ヘッド部分を伸ばして使える水栓です。シャワーの水をシンク全体に届けやすいため、洗い物や掃除で使う水量を減らす効果が期待できます。またシャワー水栓の中には、水に空気を含ませて「少量の水でもしっかりと洗える仕組み」を導入した製品も。いつもどおりの感覚で水を使っていても、自然と節水できる優れものです。

・タッチレス水栓
タッチレス水栓は、センサーに反応させて、水を出したり閉めたりできる水栓です。レバーやハンドルと違い、「手がふさがっているときも気軽に水をコントロールできる」という特徴があります。洗い物の最中でも、手が野菜でふさがっているときでも、こまめに水を止められるでしょう。

「レバーやハンドルをいちいち動かすのが面倒で、つい水を出しっぱなしにしてしまう」という方にとっては、タッチレス水栓の導入効果は非常に大きくなるはずです。ぜひ検討してみてください。

キッチンの水漏れ修理もお任せください

水道代高騰の原因がキッチンの水漏れにあるなら、一刻も早く対処するのがおすすめです。マンションやアパートなどの賃貸住宅で水漏れを放置すれば、階下にまで被害が及んでしまう可能性も。戸建て住宅においても、家の構造にダメージを与えてしまうでしょう。「なぜかわからないけれど、収納内部や床が濡れている」という場合には、ぜひひょうご水道職人にご相談ください。

ひょうご水道職人では、お客様のことを第一に考え、サービス提供を行っております。「修理・交換後はさらに節水したい」というご要望も、お気軽にお申しつけください。宝塚市や三木市、高砂市、加西市、洲本市、淡路市、丹波篠山市からのお問い合わせ・見積もり依頼もお待ちしています。

上矢印アイコン