タンクレストイレで自力修理が難しいのはなぜ?困ったときの対処法は? | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.07.24

トイレのトラブル

タンクレストイレで自力修理が難しいのはなぜ?困ったときの対処法は?



省スペースで設置でき、見た目もスタイリッシュなタンクレストイレ。自宅に採用する方も増えてきています。とはいえ、いざトラブルが発生した際には、「一般的なタンク有りトイレよりも、自力修理が難しい」というデメリットをご存知ですか?

タンクレストイレは、なぜセルフ修理・交換が難しいのでしょうか?その理由を解説します。

タンクレストイレの自力修理は不可能?

タンクレストイレの自力修理が不可能と言われる理由は、その構造にあります。一般的なタンク有りトイレと比較して、その仕組みは非常に複雑。素人が手を出して、気軽に修理できるものではないという特徴があります。

タンク有りトイレの場合、「レバーを操作して水が流れる」という動作は、いたってシンプルなものです。タンク内にあらかじめ溜めておいた水が、レバー操作によって一気に流出。勢いのある流れを生み出し、トイレットペーパーや排泄物を、排水管まで一気に押し流してくれます。

タンク内には「タンク底に栓をするための部品」や「タンク内の水を一定量に調節するための部品」が設置されていますが、どれもシンプルな仕組みで動いています。だからこそ、何らかの不具合が発生した場合でも、「老朽化した部品を取り外す→新しい部品を取り付ける」というステップで自力修理が可能です。

一方でタンクレストイレの場合、水道管から直接供給される水を、電力や圧力を使って押し出す仕組みを採用しています。少量の水でも効率よく流せるように工夫されていますが、その裏には、非常に複雑な構造があります。

電気回路や水圧に問題がある場合、専門知識なしで対応するのはほぼ不可能です。また仮に、タンクレストイレの不具合が「圧力不足」によるものであった場合、修理のプロであっても対応が難しいケースも存在しています。特に「トイレの水が流れにくい」という場合には、水回りの専門業者に相談してみましょう。

自力修理が可能な2つのケース

タンクレストイレであっても、自力修理が可能なケースも存在しています。修理業者を呼べば、修理費用もかかってしまうもの。「できるだけ自分でがんばりたい!」と思う場合には、以下のケースに当てはまっていないか、チェックしてみてください。

・ケース1「フラッシュバルブの異常」
フラッシュバルブとは、タンクレストイレの中で、水量を調節している部品のこと。この部分が故障すると、「水が止まらない」というトラブルが発生してしまいます。

フラッシュバルブ内にはストレーナーと呼ばれる部品があり、この部品が目詰まりを起こすと、水が止まらなくなってしまいます。この場合、ストレーナーを掃除してきれいにするだけで、トラブルを解消できる可能性があるので、ぜひ確認してみてください。

フラッシュバルブを確認する際には、止水栓を閉めて作業します。カバーを外してフラッシュバルブを露出させたら、モンキーレンチでナットを回し、取り外しましょう。さらに内部のナットを緩めると、ピストンバルブを取り出せます。

ストレーナーが汚れていたら、きれいに掃除して元に戻せば完了です。ストレーナーの汚れ以外では、パッキンの劣化により、同様のトラブルが発生する可能性も。古くなったパッキンを取り外し、新しいものに交換して取り付けるだけですから、こちらもセルフ修理が可能です。

・ケース2「電子機器の異常」
素人にはハードルが高い電気系統トラブルですが、リモコンの電池残量不足や誤作動が関係している可能性も。まずは落ち着いて、いったん電源を落としてみましょう。一時的な誤作動であれば、再起動するだけで解決できるかもしれません。

リモコンの反応がなかったり、鈍かったりする場合は、電池を新しいものに交換してみてください。再起動後にトラブルが解決していれば、わざわざ修理業者を手配する必要はありません。

再起動や電池交換をしても状況が改善しない場合は、それ以上手を出すのは辞めておきましょう。自分で分解し、修理しようとするのは危険です。状況をさらに悪化させてしまう可能性があるので、修理業者に相談してみてください。

困ったときの相談先を決めておこう

おしゃれで使い勝手も良いタンクレストイレですが、トラブルに悩まされてしまう方もいます。自力で修理できるケースが少ないからこそ、導入時からチェックしておきたいのが「いざというときの相談先」です。トイレが使えなくなれば、困る方も多いはずです。トイレトラブルはいつ発生してもおかしくないもの。24時間対応してくれる水回りの修理業者を見つけておくと、いざというときに慌てる必要はありません。

自宅に2つトイレがある場合、いざという場面に備え、1つはタンク有りトイレにしておくのがおすすめです。タンクレストイレに問題が発生した場合でも、「とりあえず家族が使えるトイレがある」というメリットは、非常に大きいでしょう。修理業者を呼んで対処してもらう際も、心に余裕が生まれます。

タンクレストイレの相談先はひょうご水道職人

タンクレストイレに関するトラブルは、複雑なもの。解決するためには、確かな知識と技術、経験が必要となります。自分でがんばろうとするのではなく、プロの技術を頼ってください。兵庫県内のトラブルであれば、ひょうご水道職人が対応いたします。

ひょうご水道職人は、見積もり無料で見積もり後のキャンセルもOKです。他社と比較検討し、ご納得いただいた上で契約することも可能。尼崎市や明石市、西宮市、淡路市、丹波篠山市、西脇市、朝来市、相生市にお住まいの方からのご相談もお待ちしております。

上矢印アイコン