水道管が凍結してしまった!どうすればいい? | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.07.30

水道管の凍結

水道管が凍結してしまった!どうすればいい?



寒い冬場の朝、水が出ないトラブルが起こることがあります。それは水道管が凍結してしまうことで生じてしまうのです。ではどうすれば凍結を防止できるのか、また凍結した際はどう対処したらいいのかを今回はご紹介します。

凍結しやすい場所は?

寒いからといって必ずしも水道管が凍結するわけではありません。凍結する場所にもいくつか特徴があります。

たとえば、水道管が剥き出しになっているとことや戸外や日陰にあるところ等は比較的凍結しやすいと言えるでしょう。加えて風当たりの強い場所も要注意です。反対に朝方日が当たる場所や、風が当たらない場所に設置されている場合は極端に寒すぎなければ凍結はしにくいと言えます。まずは自宅の水道管の場所を把握しましょう。

水道管が凍結してしまったら?

水道管が凍結してしまうと、蛇口から水やお湯が出なくなってしまいます。水が出ないと朝ごはんの調理はもちろん、出かける準備もできません。また、凍結することにより水道管が膨張し、亀裂が入ってしまうケースも出てきます。そんな時は焦らず、下記のことを実践してみましょう。

・凍結してしまったら
蛇口から水が出なくなってしまった!そんな時は凍結している箇所にタオルや布をかぶせましょう。その上からゆっくりとぬるま湯をかけます。この時、間違っても熱湯をかけるのはやめてください。熱湯を凍結した部分にかけてしまうと、水道管や蛇口が破裂してしまいます。蛇口からすぐに水が出てこなくても、自然に溶けてくるのを待ちましょう。この時、蛇口は閉めておくのがポイントです。

・水道管が破裂!
水道管が貼れるしている場合は、まずメーターボックス内の元栓を閉め水を止めてください。破裂している箇所にはテープ等を巻き付け、応急処置して対処しましょう。その後は水道業者に連絡をし、業者に任せてください。

このテープを巻き付ける行為も、あくまで水道業者がくるまでの応急処置です。元栓を閉めても水が止まらない場合は水道メーター自体が破損している可能性が高いでしょう。自治体の水道局に連絡し、対応してもらいましょう。

凍結の防止策

水道管の凍結は未然に防ぎます。

・水を抜いて凍結阻止!
まず、水の元栓を閉めましょう。その後水道の蛇口を開け、水道管に残っている水をすべて出し切ります。これで水道管の中には水がないので、凍結することがありません。簡単にできるので、ぜひ実践してみてください。

・水を出しっぱなしにする
ポタポタと垂れるくらいの量の水を、蛇口から出しっぱなしにするのも防止策の一つです。これは水が動いていることにより、寒くても凍結しにくくなります。しかしこの方法は水道代がかかってしまうので、あまりおすすめはしません。また、トイレは水を出しっぱなしにすることが難しいため、やはり上記で紹介した水抜きが一番効果的でしょう。

・水を保温
他にも水道管内の水を保温する方法もあります。凍結しやすい箇所にタオルを巻き付け、その外側から少し大きめの袋で覆いテープで巻きます。このとき最初に巻いたタオルが濡れていると逆に水道管を冷やしてしまうので必ず濡れていない乾いたタオルを使いましょう。この方法も簡単に試せるので、寝る前にぜひ実践してみましょう。

マンションやアパートの場合は?

マンションやアパートなどの賃貸物件にお住まいの場合、水道管が破裂した際の費用の負担は誰になるのでしょう?これは大家さんや管理会社によって変わってきます。修理費を負担してくれる場合もあれば、過失がすべて自分にあれば修理費用は自己負担のところも当然あるでしょう。

こういった金額面でのトラブルを防ぐためにも入居時に、きちんと確認をしておくことが大切です。元栓やメーターボックスの場所、もし凍結によって水道管を破損させてしまった場合はどうなるのか等一言聞いておくだけでも違います。

またマンションやアパートなどの集合住宅の場合、水道管が破裂した際の水漏れにも気をつけなければなりません。下の階に水が漏れてしまったら、濡れてしまった家具や家電製品などの修理代も負担しないといけません。濡れた床からはカビや雑菌も繁殖してしまい、悪臭を放つ原因にもなります。こういった二次被害を防ぐためにも、冬場は凍結防止策を行うようにしましょう。

破裂したら迷わずひょうご水道職人に連絡を

水道管が破裂してしまい自分ではどうしようもできない場合は必ずプロの業者に連絡しましょう。水道管が破裂してしまった場合は一刻も早く対応してもらいたいものです。インターネットや電話で24時間稼働しておりすぐ現場に駆け付けてくれる業者を探し相談してみましょう。水道管を定期的にメンテナンスしてもらうのもいいかもしれません。

ひょうご水道職人は神戸市、姫路市、西宮市、加古川市、三木市、丹波市、小野市など兵庫県全般で水に関するトラブルを解決しています。水の漏れや詰まり、水道管の凍結など幅広く対応しています。水回りのトラブルでお困りの際はお気軽にひょうご水道職人にご相談ください。

上矢印アイコン