トイレつまりの原因と自分でできる解決方法 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.07.30

トイレの直し方

トイレつまりの原因と自分でできる解決方法

トイレつまりのよくある原因

トイレがつまってしまう原因は数多くありますが、よくあるケースを幾つかご紹介します。

・水に流せるタイプの紙類
スーパーやドラッグストアなどで気軽に入手できる、水に流せるティッシュペーパーというものがあります。トイレットペーパーの代用品として使用することもできるのですが、トイレットペーパーに比べ、水に溶けにくい性質を持っています。そのため、トイレットペーパーと同じよう流そうとすると、思わぬつまりの原因となりかねません。水に流せるティッシュペーパーなどをトイレに流す際は、一度に大量に流してしまわないよう注意しましょう。また、トイレ用の掃除シートなどもトイレットペーパーと比べ水に溶けにくいので、数回に分けて流してください。

・生理用ナプキン、紙おむつ
生理用ナプキンや紙おむつなどは、吸水すると膨張する素材でできています。トイレ内で交換したあと、誤って便器内に落としてしまい、ゴミを捨てるような感覚で流してしまうと、排水管の中で膨張してつまりの原因となってしまいます。サニタリーボックスなどの小さなゴミ箱を設置するなどして、そちらに捨てるようにしましょう。

・携帯、小物類、アクセサリー
ポケットに入れたままの携帯や小物類、指輪やブレスレットなどのアクセサリーを誤って便器内に落としてしまうケースもあります。トイレ内で携帯を使用している最中に誤って便器内に落としてしまったり、着脱の際に指輪が巻き込まれて取れてしまったりするなど、思わぬ場面で物を落としてしまい、そこへトイレットペーパーや排泄物が絡まってつまりの原因になるのです。

・嘔吐物
嘔吐物は、排泄物と同様ようにトイレに流してしまっても問題ないと思われがちです。消化される前の食べ物には固形物が多く含まれており、排泄物と違って水に溶けません。また、嘔吐物の中に含まれている食べ物の油分も、排水管内部に油分が付着することで排水機能が低下し、将来的にトイレつまりの原因となる可能性があります。そのため、嘔吐物はビニール袋などで対処し、可燃ゴミとして処分しましょう。

・水量が不足している
節水のために、トイレのタンク内に重しを入れて水かさを増したり、水位を調整したりする人も中にはいるでしょう。しかし、節水を意識するあまり、排泄物を流すのに必要な水が足りず、中途半端に流れてしまい、排水管の中でつまってしまうことがあります。本末転倒となってしまわぬよう、トイレのタンク内に必要な水が確保できている状態を維持しましょう。

自分でできるトイレつまりの解決方法

トイレがつまってしまった場合でも、便器から汚水が溢れるほどの被害がまだ出ていないのであれば、自分で解決できる可能性があります。ただし、もう既に汚水が溢れてしまっているような状態であれば、早急に業者を呼んで修理をしてもらったほうが良いでしょう。トイレのつまり問題は衛生面に問題が生じるだけでなく、集合住宅であれば階下など他の部屋の住民にも影響を及ぼす危険性があるためです。

大量のトイレットペーパーなど、水溶性のものが原因でトイレつまりが発生した場合、水圧でつまり解消を狙うやり方が有効です。まず、事前準備として便器内の汚水を汲み出して水量を減らしてください。水またはぬるま湯をバケツやペットボトルに用意し、便器から溢れないよう注意しながら排水口に向かって流し込みます。

つまりが解決しない場合、1時間ほど放置してつまりの原因が溶けるのを待ち、再び汚水を汲み出してバケツに汲んだ水を流し込みます。この時、熱湯などは使わないよう注意してください。便器に使用される陶器は熱湯の使用を想定しておらず、便器にヒビが入ってしまう恐れがあるためです。

固形物が原因でつまりが発生した場合はラバーカップの出番です。トイレの排水口に押し付け、つまりの原因となるものを引き上げるようにして使用します。固形物などが原因の場合、排水口の奥に行ってしまうと取り出せなくなってしまいますので、先ほど紹介した水を流す方法は行わないよう注意してください。最悪の場合、便器を取り外さないとならないような大掛かりな修理が必要になってしまいます。

どうしても解決できない時は業者に依頼するのも手

上記の方法を試しても解決せず、既に水が溢れてしまっているような状態であれば、すぐに業者に依頼しましょう。いつ頃からつまりが発生しているのか、考えられる原因、試してみた方法などをメモにまとめてから電話をかけるとスムーズに伝えられるでしょう。

まずは業者の方に状況を確認してもらい、どんな修理作業が必要なのか見積もりを出してもらいます。原因や状況によって修理費用は変わってきますが、排水管に原因がある場合、便器を取り外しての交換作業が必要になるため、修理費が高額になる可能性があります。しかし、プロの業者であれば、自力では解決できないようなトイレの問題も、迅速確実に対応可能です。自力解決が困難だと判断したらすぐに業者に依頼することも、素早く解決する手段の一つだと覚えておきましょう。

トイレをつまらせないために日頃からできること

トイレをつまらせてしまわないようにするためには、日頃から意識してトイレを使用することが大切です。まず、トイレには余計なものを流さないようにしてください。水に流せるティッシュペーパーなどをトイレに流す際は、数回に分けて流すようにします。

ポケットに入れた小物や、身につけているアクセサリーの類はあらかじめ中身を出しておき、外しておきましょう。ほかにも、トイレの便器を掃除して汚れを蓄積させないことも大切です。トイレ用洗剤やパイプクリーナーなどを使用して、きれいなトイレ環境を維持するよう心がけましょう。

トイレのつまり解消はひょうご水道職人にお任せを!

ひょうご水道職人は、神戸市、姫路市、西宮市、高砂市、豊岡市、たつの市をはじめとする兵庫県全域で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレつまり解消のほか、洗面所やキッチンのつまり解消や水漏れ対策など、お電話一本で熟練のプロスタッフが駆け付けます。水回りのトラブルでお困りの際は、ぜひひょうご水道職人までご相談ください。

上矢印アイコン