トイレを長く大事に使う方法 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.07.30

トイレの豆知識

トイレを長く大事に使う方法



すぐに嫌なものを流せ、臭いが残りにくく、汚れても掃除しやすいことから、食べ残しや、ペットの排泄物をトイレに流している方は少なくないでしょう。おしりふきや、生理用品を流したことがある方もいるのではないでしょうか。しかし、トイレは実は繊細な構造になっているため、原則人間の排泄物、水、トイレットペーパーしか流すことはできません。そこで今回は、なぜ流してはいけないのか、流してしまうと何が起こるのかをご紹介します。

トイレに流していいもの

トイレに流せるのは、上記の通り人間の排泄物と、水、トイレットペーパーのみです。しかし、例外として「トイレに流せる」と記載されたティッシュペーパーやトイレクリーナー、お掃除シートは流しても問題はないでしょう。トイレに流せると記載されたものは、水に溶けやすく、詰まる恐れが少ないです。しかし、トイレの排水管の直径はあまり大きくありません。そのためトイレットペーパーも同様ですが、一度に大量の紙などを流すと詰まってしまうため注意しましょう。

なぜペットの排泄物は流してはいけないのか

ペットの排泄物を、臭いが気になり、手軽だからとトイレに流している方はすぐにやめてください。排泄物なのだから同じだと考えている方が多いでしょう。しかし、ペットの排泄物には、ペットの毛が含まれて、ペットのトイレの砂が付着しているため、非常に詰まりやすいです。基本的にトイレは、水に溶けないものや、直径が大きすぎるものは流してはいけません。ペットの排泄物は、含まれている毛や、付着したトイレの砂で水に溶けにくいものになっています。

紙ならなんでも流せるわけではありません

トイレットペーパーや、トイレに流せるティッシュペーパーなどが流せるなら、普通のティッシュペーパーや、赤ちゃんのおしり拭きも流せるのではと考える方もいるでしょう。しかし、答えはNOです。

トイレに流せると記載されている商品は、水に溶けやすい性質を持っています。普通のティッシュペーパーも、赤ちゃんのおしりふきも水に溶けにくいものです。同様に生理用ナプキンや、おむつも流してはいけません。この2つは、特に流してはいけないでしょう。何故なら、漏れないように吸水性ポリマーが使用されている商品がほとんどな上、ビニールも使用されているからです。紙だからとトイレに流してしまわず、きちんとゴミ箱に捨てましょう。

食べ残しはなぜ流してはダメなのか?

排泄物を流せるなら、食べ残しも流れるだろうと考えてしまいがちですが、これもNG行為です。確かに排水管の直径以下のものであれば、流すことは可能です。しかし、食べ残しを流してしまうと、その食品の油が残留します。繰り返しトイレに食べ残しを流すと、食品の油が蓄積し、キッチンの排水口のように詰まってしまうのです。

同様の理由で、吐瀉物もトイレに流すことはおすすめできません。吐いてしまうとき、二日酔いでない限り、消化されていない食べ物が出てきてしまいます。消化できていないことは、食品の油も残ったままの可能性があるのです。トイレをゴミ箱扱いするのはやめましょう。

うっかり異物を落としてしまったときは

子どもがトイレにおもちゃを流してしまったときや、消臭剤のキャップをうっかり落としてしまったときは、慌てずに対処しましょう。まずは便器の奥に止まっていないか、確認してください。もし目視可能なときは、ゴム手袋などを着用し拾い上げましょう。目視できず、流れていってしまった場合は、完全に詰まってしまう前に、水道業者に連絡してください。慌てて再度水を流してしまわないよう、注意しましょう。

スマホや携帯電話、ハンカチやライターなど、ポケットに入る小物は、うっかりトイレに落としやすいです。便器内に落としてしまったときは、必ず水を流さずに拾い上げてください。ある程度、重量のある小物や、トイレの排水口の直径よりも大きいものは流れていきません。しかし、ハンカチは流れて行きやすく、かつ確実に詰まりの原因になってしまいます。うっかり落としてしまわないように、ポケットから取り出してから用をたすか、カバンの中に入れておくのが無難でしょう。

詰まりにスッポンは有効なのか

ズバリ、トイレのスッポンは、トイレットペーパーの詰まりにのみ有効です。詰まりの原因が他にある場合や、流すときにトイレから異音がする場合は、水道業者に相談しましょう。また便器にヒビが入っているなどの異常がある場合は、スッポンの使用は避けましょう。スッポンを使用することで、ヒビの状態が悪化し、破損しケガをする恐れがあります。

水回りのお困りごとはひょうご水道職人へ!

ひょうご水道職人は神戸市、姫路市、西宮市、尼崎市、明石市、加古郡、宝塚市、伊丹市など兵庫県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にひょうご水道職人にお問い合わせください。

上矢印アイコン