快適に洗面所を使うために必要な知識とは | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.07.30

洗面所の水漏れ

快適に洗面所を使うために必要な知識とは



洗面台から水漏れが発生してしまうと、身だしなみを整えている場合ではなくなってしまいます。焦ってアクセサリーを排水口に落としてしまうという、トラブルにもつながりかねません。もし水漏れを発見しても、焦ってしまわないように、場所別の対応方法や、応急処置、どのレベルで水道業者に依頼すべきか覚えておきましょう。

床下から水漏れした際のチェックポイント

水漏れを発見した際は、まずどこから水が漏れているか確認しましょう。洗面台の床下からの水漏れは、蛇口本体、給水管、排水パイプのいずれかからが主です。原因と対処法は、水漏れ箇所によって変わるので、原因箇所特定から行ってください。

水漏れ箇所を特定するには、水を流しておく必要があります。少ない水量では特定は難しいため、ある程度多めに流しましょう。水漏れが発生している箇所を特定できたら、応急処置として、被害が広がらないよう止水栓を閉めてください。

蛇口から水漏れが発生している

蛇口から水漏れが発生している場合は、水栓のタイプによって原因が異なります。もしレバーが1つの、シングルレバー混合水栓のときは、バルブカートリッジという水量や温度の調節を行う部品が故障しています。バルブカートリッジは、シングルレバー混合水栓の心臓部といえる部品です。ポタポタと水漏れが起きている、レバーが重く操作しづらいときは、バルブカートリッジの故障を疑いましょう。

交換するときは、業者に頼んでもよいですが、修理は自力でも可能です。修理、交換をする際には、マイナスドライバーとラジオペンチが必要になります。まずレバーを引き抜き、マイナスドライバーを使用し、中にあるパーツを取り外してください。ラジオペンチでフレアパッキンとバネを取り外し交換した後、新しいバルブカートリッジと交換しましょう。

水とお湯の水栓がそれぞれある、2ハンドル混合水栓のときはパッキンの劣化が原因です。パッキンを交換するときは、メーカーによって手順が異なるため、メーカーのサイトなどで交換手順を確認してください。どちらの混合水栓でも共通で注意すべきは、修理・交換を行う前に止水栓を閉めておくことと、メーカーや型番を確認しておくことです。

給湯管からの水漏れ

給湯管からの水漏れは、つなぎ目のナットが緩んでいるか、パッキンの劣化が原因として考えられます。ナットが緩んでいるだけなら、締め直すだけで修理が完了するため、給湯管から水漏れを発見した際は、まずはナットを締め直しましょう。パッキンの劣化は交換する必要があります。

もしお住まいがマンションなどの集合住宅の場合、水浸しのまま放置してしまうと、床材の腐食の原因になるでしょう。床材が腐食したまま放置してしまうと、カビが生えボロボロになってしまいます。そうなると、洗面所を丸ごとリフォームしなくてはいけないという可能性が出てきてしまうでしょう。

排水管からの水漏れ

排水管からの水漏れの原因は、何個か挙げられます。まず排水トラップのパッキンの劣化です。排水トラップの接続部分にもパッキンが使用されており、劣化し硬くなると亀裂が生じ、そこから水漏れを起こしてしまいます。また排水口の詰まりも水漏れの原因になります。

排水口の詰まりで水漏れが発生している場合、悪臭の原因も詰まりであるため、早急に詰まりを解消させましょう。市販のパイプクリーナーで対処可能ですが、パイプクリーナーを使用しても解消されない場合は、業者に依頼をして高圧洗浄を行ってください。パイプクリーナーを使用するときは、側面に記載されている注意事項をよく読んでから使用しましょう。

洗面台下の収納に物を詰め込みすぎると、排水ホースが排水管から外れてしまうことがあり、床を水浸しにする可能性があります。洗面台下の収納に物を詰めすぎないことで、これは予防できるでしょう。

下水管の水漏れ

水を流した際に逆流し、床と排水管の間から水漏れが発生したときは、下水管が詰まっている恐れがあります。詰まりだけの可能性がありますが、排水管や下水管に腐食などが原因で亀裂が入っている可能性もあります。この場合、水道業者に依頼をして修理してもらいましょう。

水道業者に依頼するボーダーライン

蛇口や排水管からの水漏れの多くは、パーツの経年劣化によるものです。手順を守り、型番にも注意すれば自力での修理、交換は可能でしょう。しかし、DIYが苦手であり、水漏れ箇所の特定ができない場合は、無理に自力で修理しようとせず、水道業者に依頼してください。無理に修理を行うと、状態が悪化する恐れがあります。また下水管の交換などは、資格がないと行えないため、水道局指定水道業者に依頼しましょう。

水回りのお困りごとはひょうご水道職人へ!

ひょうご水道職人は神戸市、姫路市、西宮市、尼崎市、明石市、神崎郡、美方郡、多可郡など兵庫県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にひょうご水道職人にお問い合わせください。

上矢印アイコン