洗面所の水漏れトラブル!水漏れ原因箇所と自力修理のポイントとは? | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.08.13

洗面所の水漏れ

洗面所の水漏れトラブル!水漏れ原因箇所と自力修理のポイントとは?

洗面所で水漏れトラブルが発生すると、「いったいどこから?」「どうすればいい?」と、パニックになってしまう方も多いのではないでしょうか。水漏れに関する基本的な知識を身に付けておけば、いざという場面でも落ち着いて対処できます。洗面所で水漏れトラブルが発生しやすい箇所を紹介すると共に、応急処置の方法、自力修理に関する基本的な知識をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

洗面所で水漏れトラブルが発生しやすいのは?

洗面所で水漏れトラブルが発生した場合、まず大切なのは、「どこから水が漏れているのか?」を把握することです。水漏れに気付いたときに、真っ先にチェックするべき4つのポイントは以下のとおりです。

・蛇口
・排水トラップのつなぎ目部分
・給水管や給湯管のつなぎ目部分
・排水パイプと排水管のつなぎ目部分

4つの中では、蛇口がもっともわかりやすいでしょう。蛇口を閉めても水がポタポタと落ちている、根本部分から水が染み出しているといったケースが、こちらに当たります。あとの3つは、どれも洗面台下で水漏れトラブルが発生しているパターンです。

洗面台下は収納スペースとして活用しているご家庭も多いですが、水漏れが疑われる場合は、いったんすべて外に出しましょう。どのように水やお湯が供給され、どのように排出されているのか、流れを意識しながら順番にチェックしていくのがおすすめです。

排水トラップや排水パイプ、排水管から水漏れしている場合、洗面台で水を流しながら、水漏れ箇所を確認していくことになります。バケツや雑巾を用意した上で、作業してみてください。

まずは応急処置をしよう

洗面所の水漏れトラブルが発生している場所を特定できたら、応急処置をしておきましょう。水漏れを根本的に直せるわけではありませんが、とりあえず水が漏れ出さない状態にすることで、次の行動に移るまでの時間を稼げます。修理に必要な道具を集めたり、部品を手配したり、業者を呼んだり…余裕を持って準備を整えるためにも、応急処置はできるだけ丁寧に実践するのがおすすめです。

具体的な応急処置の方法としては、以下のようなものがあります。

・止水栓を閉める
・自己癒着テープを巻く
・液体パイプクリーナーを使う

止水栓を閉めれば、それ以上水が流れ出ることはありません。洗面所は使えなくなってしまいますが、水漏れ被害が広がらないので安心です。たとえばマンションでは、水漏れが広がれば、階下のお宅に被害が及んでしまう可能性も。損害が発生すれば、当然賠償する義務が発生してしまいますから、一刻も早く水の流れを止めましょう。

自己癒着テープとは、テープ同士が隙間なくくっつくテープのことで、百円均一でも購入可能です。水漏れが発生している場所に巻き付ければ、非常に手軽に処置できるでしょう。水漏れの原因に詰まりが関係している場合は、液体パイプクリーナーを流し込んで様子を見てください。応急処置をした上で、自力修理が可能かどうかを判断するのがおすすめです。

自力修理が可能な範囲とポイント解説

応急処置で水が止まれば、それで安心してしまう方も多いのではないでしょうか?しかし残念ながら、いつまでも止水栓を閉めておくわけにはいきませんし、自己癒着テープの効果も永遠ではありません。また水が漏れ出さないうちに、今後の修理方針を決定しましょう。具体的には「自力修理」と「プロによる修理」の2つの道が考えられます。

自力修理が可能なのは、「水漏れの原因が明らかであり、ごく簡単な作業で改善できると明らかである場合」です。たとえば部品同士のつなぎ目部分に使われているパッキンが破損し、それが原因で水漏れしているようなケースが、これに当たります。

基本的にパッキンは、消耗品部品です。一般の人が自力で修理することを想定して作られているので、挑戦してみるのも良いでしょう。この他にも、劣化・破損した排水パイプの交換や、排水トラップの交換もこちらに当たります。自力で部品を手配できる場合は、ぜひ挑戦してみてください。

ただ、自力修理で覚えておきたいのが、「いざという場合の相談先を確保しておく」という点です。「簡単そうだから」という理由で自力修理をスタートしたものの、途中でどうにもならなくなってしまった…というケースは意外と多いもの。水回り修理のプロの連絡先を調べておいて、いざというときはすぐに相談できる体制を整えておけば、安心して自力修理に取り組めるでしょう。

洗面所の水漏れに悩んだときはひょうご水道職人へ

洗面所で水漏れトラブルが発生したら、まずは落ち着いて原因の特定と応急処置を行いましょう。これができれば、被害がこれ以上大きくなることはありません。特にマンション住まいの方は、適切な応急処置ができるかどうかで、その後の対応の大変さが変わってきますから、ぜひ頭に入れておいてください。

洗面所の水漏れの原因がわからない場合は、ひょうご水道職人にご相談ください。確かな知識を持つプロが、電話一本で現場に急行。洗面所の状態を確認しながら、素早く原因を特定していきます。もちろん修理方法もご提案しますが、料金が発生するのは、その内容にご納得いただき契約書を交わしたあと。契約前の見積もりに費用がかかったり、勝手に修理をスタートしたりすることはありませんから、ご安心ください。

明石市や西宮市、芦屋市、西脇市、加東市、宍粟市、揖保郡、加古郡播磨町・稲美町の水回りのトラブルは、ひょうご水道職人にお任せください。

上矢印アイコン