キッチンシンクが破損する原因とは?水漏れ補修のポイントも解説 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.08.13

台所のメンテナンス

キッチンシンクが破損する原因とは?水漏れ補修のポイントも解説

食器を洗ったり食材を洗ったり…キッチンシンクは、日々の生活になくてはならない設備です。使用頻度が高い場所だからこそ、注意したいのが破損トラブルについてです。キッチンシンクが破損するとどのような問題が発生し、どう対処すれば良いのでしょうか。破損の原因や修理方法、長持ちさせるコツについて解説します。

キッチンシンクの破損は意外と多い

普段、何気なく使用しているキッチンシンク。ステンレス製のものは、丈夫そうなイメージを抱きがちですが、破損トラブルも多く報告されています。破損の原因は以下のとおりです。

・経年劣化
・ナイフや包丁による傷
・汚れによる劣化
・洗剤による影響

比較的多くみられるのが、経年劣化によるシンクの破損です。経年劣化が進むと、ステンレスは薄くもろくなっていきます。ちょっとした衝撃にも、耐えられなくなってしまう可能性があります。またナイフや包丁など、鋭利なアイテムをシンクに落とせば、刃が刺さって穴が空いてしまうでしょう。落とし方によっては、フォークも充分に破損の原因になるので、注意してください。

汚れや洗剤は、含まれる成分によって、素材がダメージを受けてしまいます。ステンレスが強いのは、表面にコーティングがあるからですが、れや洗剤が付着したままの状態を放置すれば、コーティングは剥がれ、その部分からステンレスの腐食が進んでいってしまいます。

ステンレスシンクが破損すれば、その部分から水が漏れ出してしまいます。シンク下は収納になっているケースも多いですが、水が落ちれば内部は水浸しになってしまうでしょう。収納の使用頻度が低い場合、「気付いたときにはキッチン本体がボロボロだった!」なんてことも考えられます。

水漏れ補修はあくまでも応急処置

ステンレス製のキッチンシンクが破損してしまった場合、以下の方法のいずれかで対応することになります。

・破損した部分を補修する
・キッチンシンクのみ(もしくは天板のみ)を交換する
・キッチン全体のリフォームを行う

この中で、もっとも手軽に対応できるのは1つ目の方法でしょう。しかしシンクの破損が原因で水漏れしている場合、補修はあくまで応急処置です。ホームセンターに行けば補修キットが売っていますし、自力で修理するのもそう難しくはないでしょう。パテを裏側から貼り付けてならしたら、固まったことを確認し、補修用のテープを貼って仕上げます。

パテやテープが劣化したり剥がれたりすれば、また水漏れトラブルが発生してしまいます。どの程度もつのかには、状況によって差があるものです。応急処置によって時間を稼げたら、その間に、より根本的な解決方法を探していくのがおすすめです。

シンクのみの交換が可能かどうかは、現在設置されているキッチンの状況によって異なります。キッチンと一体型のシンクではなく、天板の上からはめ込んで固定するタイプであれば、シンクのみの交換が可能です。天板と一体型になっているシンクや、簡単に取り外しができないタイプの場合、天板ごと交換する必要が生じるでしょう。

また、キッチン全体のリフォームをおすすめされるケースもあります。こちらの場合、さらに大規模なリフォーム工事が必要ですから、慎重に判断するのがおすすめです。

キッチンシンクを長持ちさせる3つのポイント

キッチンシンクが破損した場合、その後の修理対応は、非常に難しくなってしまいます。ゴムパッキンが破損したときのように、「自力で外して交換する」なんてことも不可能ですから、破損させないよう、注意点を守って扱うのがおすすめです。キッチンシンクを長持ちさせるためには、以下の3つのコツを意識してみてください。

・こまめに掃除する
・定期的にコーティングする
・クレンザーの使用は極力控える

ステンレス製のキッチンシンクを長持ちさせるためには、こまめな清掃が必須です。シンクを使ったあとは、中性洗剤とスポンジを使って、全体をきれいにしておきましょう。十分に洗い流したあとは、水気を拭き取っておくのがおすすめです。ステンレスシンクにコーティングを施せば、見た目が良くなるだけではなく、耐久性もアップします。ただし、コーティングの効果もずっと続くわけではないので、定期的に実施しましょう。

またシンク清掃に欠かせないクレンザーですが、研磨剤が配合されていて、汚れを削り取る洗剤です。もらいサビの除去には抜群の効果を発揮してくれますが、多用するとステンレスの素材そのものを削っていってしまいます。劣化を早めるので注意してください。どうしても必要な場面だけに絞って、活用するのがおすすめです。

どれも基本的な行動ばかりですが、実践すればシンクの寿命は長くなるでしょう。破損したシンクを交換するためには、多額のコストがかかってしまいます。今回紹介した情報も参考にしながら、シンクの適切な維持・管理を心掛けてみてください。

水回りのトラブルで悩んだときの相談先は?

シンクの破損は、比較的よくあるトラブルの一つです。完璧な形で補修・修理するのは難しく、新しいシンクに交換するのがベストです。ただし、シンクのみの交換が可能かどうかは、自宅のキッチンタイプによって異なります。専門業者と相談しながら決定するのがおすすめです。

シンクの破損以外にも、水回りのトラブルは、いつどこで発生してもおかしくありません。伊丹市や豊岡市、加古川市、加西市、洲本市、淡路市、丹波篠山市などで困ったときには、まずは一度ひょうご水道職人までお問い合わせください。あらゆるトラブルに、誠心誠意対応いたします。

上矢印アイコン