トイレつまりは放置していれば直る?つまりの状況に合わせて正しく判断しよう! | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.08.14

トイレのつまり

トイレつまりは放置していれば直る?つまりの状況に合わせて正しく判断しよう!



トイレつまりには、放置することで直るケースがあるのをご存知でしょうか。しかし、誤った判断で放置してしまうと、大きなトラブルに発展することもあります。つまりの状況に合わせて正しい判断をすることが大切です。

この記事では、トイレつまりを放置していれば直るケースと、悪化してしまうケースを具体的に解説します。

放置して直るケース

・トイレットペーパーがつまったとき
トイレットペーパーは、トイレ専用に作られているので水に溶けやすくなっています。水に浸っている時間が長くなるほど溶けやすくなるので、2~3時間放置すれば徐々に小さく分解され、つまりが解消します。しかし、海外製のものや安価で売られているものは、通常のトイレットペーパーよりも溶けにくいため、注意しましょう。

・排泄物がつまったとき
排泄物も時間の経過とともに小さくなり、流れるようになります。しかし、消化されずに排泄された便などは、通常の便より溶けにくいため、少し時間がかかります。また、ペットの糞は人間の排泄物に比べて溶けにくいという特徴があるので、注意が必要です。ペットの糞はトイレに流さないようにしましょう。

・トイレに流せるものがつまったとき
トイレ用のお掃除シートなどもトイレ専用に作られているため、時間が経てばつまりは解消されます。ただし、トイレットペーパーに比べ、厚手で丈夫なので、小さく分解されるまでにはやや時間がかかります。一晩から半日程は様子を見ましょう。ラバーカップなどを使って、つまりの原因となっているものを取り除くと、つまりをより早く解消できます。

・トイレにつまっているものが少量のとき
上記で紹介した3つのものは、いずれも少量であることが前提です。たとえトイレットペーパーであっても大量につまらせてしまった場合は、放置してもつまりは解消できません。

つまっている量を判断する目安は、便器に溜まっている水の水面が見えるかどうかです。見えない場合は大量につまっている可能性が高いので、すぐに専門業者に修理を依頼しましょう。また、少量の場合であっても、3時間経過してつまりが解消しないようであれば、それ以上は放置しないようにしてください。

放置しても直らないケース

・固形物がつまったとき
ペンやスマホ、メガネなどの固形物がつまったときは、放置しても直りません。これらの固形物は水に溶けないため、すぐに対処が必要です。トイレにつまった固形物が、目で見て確認できる位置にある場合は、ゴム手袋などを付けて取り出します。うまく固形物が取り除けなかったり、奥深くにまで入り込んでしまったりした場合は、自力での解決は難しくなります。

・水を吸う製品がつまったとき
紙おむつや生理用品などの水を吸う製品がつまってしまった場合も、放置してはいけません。このような製品は、水を吸うことで3倍近く膨れ上がり、水の流れを完全に止めてしまいます。つまって間もなければ自分で取り除くこともできますが、時間が経ってしまった場合は業者に修理を依頼しましょう。

間違った判断で放置してしまうと起こるトラブル

トイレつまりは放置しても直る場合がありますが、場合によっては悪化してトラブルになることもあります。誤った判断で放置したことで起こるトラブルを紹介します。

・いきなり水があふれる
まだ水が流れるからと放置していると、つまりの原因となっているものが少しずつ奥へと押し流されてしまいます。そうすると水の流れが止まり、逆流して汚水がいきなり溢れてしまう可能性があるので、注意が必要です。

・悪臭がする
つまりが起きているとうまく水が流れなくなるため、便器内の水位が下がります。便器に水が溜まっていないと排水管の悪臭が外に漏れやすく、家中に悪臭が漂うこともあるので気をつけましょう。また、汚水が溢れ出した場合は、臭いが取れるまでに時間がかかります。悪臭がしてしまう前に、早めに業者に相談することをおすすめします。

・高額な賠償金を請求される
マンションやアパートなどの集合住宅でトイレつまりが起きた場合は、特に注意が必要です。トイレつまりが悪化し、水が溢れて下の階に漏れ、高額な賠償金を請求されることがあります。また、悪臭などもご近所トラブルの原因となります。トイレつまりは放置すると悪化するケースの方が多く、時間が経過するほど修理費用も高額になるので注意しましょう。

まとめ

トイレつまりの放置には、自然に解消される場合と、より悪化してしまう場合があります。誤った判断をしてしまうと、問題が大きくなり、トラブルに発展してしまう可能性があります。トイレがつまった際は、あまり放置しないようにしましょう。

兵庫でトイレつまりにお困りの際は、「ひょうご(兵庫)水道職人」にお任せください。

対象地域
・神戸市
・姫路市
・西宮市
・尼崎市
・明石市

その他市町でも兵庫県内全域に年中無休、お電話一本で駆けつけます。兵庫県でトイレつまりでお困りの際には、ぜひ「ひょうご水道職人」にご連絡ください!

上矢印アイコン