トイレの水位が下がるのは危険!?早めの対処でトラブルを防ごう! | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.08.14

トイレのトラブル

トイレの水位が下がるのは危険!?早めの対処でトラブルを防ごう!



トイレのトラブルが起こるサインの一つに、水位が下がることが挙げられます。水位が下がったままトイレを使い続けると、悪臭がしたり、便器から水が溢れて水漏れしたりするなど、大きなトラブルに発展するケースもあります。

この記事では、トイレの水位が下がる原因やその危険性、対処法について詳しく解説しています。大きなトラブルになる前に、早めに対応してトラブルを回避しましょう。

トイレの水位が下がる原因

・トイレがつまっている
トイレのつまりによって水位が下がる理由は2つあります。

1つ目は、トイレットペーパーや排泄物が便器内の水(封水)を吸収し、排水してしまっているためです。この現象を「毛細管現象」といい、節水グッズを使用しているトイレや節水トイレなどで起きやすい傾向にあります。

2つ目は、トイレがつまっていることで排水がスムーズに行われていないためです。排水の流れが悪いと、水を流したあとに水位が上がってから下がることがあります。この症状が見られた場合、トイレがつまっている可能性が高いです。

・便器が破損している
便器が破損していると、破損箇所から水漏れが起こり、便器内の水位が下がる場合があります。水位が下がっているだけなら症状は軽度ですが、便器の破損はつまりよりも深刻な問題なので、早急な対応が必要です。

・誘引現象
誘引現象とは、トイレの水を流した際に排水管に勢いよく水が流れ、その勢いにつられて封水も流れてしまうことです。集合住宅などでよく見られる現象ですが、ほとんどの場合はトイレの水を流すことで解決できます。

・蒸発現象
蒸発現象は、封水が蒸発して起こる現象です。原因として、1か月以上の長期間にわたり、トイレの水を流していないことが考えられます。再びトイレを使用すればほとんど問題はありません。ただし、蒸発現象により悪臭が発生する恐れもあるので、注意が必要です。

トイレの水位低下が危険な理由

トイレの水位が低下していても流れるからと、そのまま使い続けていると危険です。ここでは、トイレの水位が低下することの危険性について紹介します。

・悪臭が発生する
さきほど紹介した蒸発現象のように、トイレの水位が下がると悪臭が発生することがあります。悪臭の原因となるアンモニアは水に溶ける性質を持っていますが、封水がない場合、アンモニアが吸収されず臭いが漂ってしまいます。また、水位が低下すると遮るものがなくなり、便器や排水管からの臭いが直接外部に行き渡ってしまいます。トイレの悪臭が家中に広がると、近隣の方にも迷惑をかけてしまうので、水位の低下は見逃さないようにしましょう。

・トイレが使えなくなる
水位が低下する原因にはいくつか理由がありますが、いずれにしてもトイレのトラブルが起きているサインです。事態が悪化してトイレが使えなくなれば、生活に支障をきたしてしまいます。サインに気付いたら放置せず、早めに対応しましょう。

・損害賠償を請求される可能性がある
水位の低下を見過ごすと、水漏れが発生したり水が溢れたりして、近隣に迷惑をかけてしまう可能性があります。特に、アパートやマンションなどの集合住宅にお住まいの場合は、注意が必要です。また、トイレトラブルのサインを見過ごしていた場合は、水災保険が適用されなかったり、最悪のケースでは下の階や隣に住む人から損害賠償を請求されたりする場合もあります。

トイレの水位が下がっていたときの対処法

・排泄物やトイレットペーパーなどがつまっている場合
排泄物やトイレットペーパーなどがつまっている場合は、ラバーカップを使ってつまっているものを取り除きましょう。ラバーカップがない場合は、重曹とクエン酸を使用することをおすすめします。重曹とクエン酸は、排泄物やトイレットペーパーを溶けやすくする性質を持っているため、つまりを解消することが可能です。

・異物がつまっている場合
水に流せない異物がつまっている場合は、ゴム手袋を付けた手で取り除きましょう。しかし、無理をして取ろうとすると、さらに異物を奥深くに押し込んでつまりが悪化してしまい、修理費用が高額になる場合があるので注意が必要です。

・長い間トイレを使っていない場合
長い間トイレを使っていない場合は、数回トイレを使用すれば、ほとんどの場合は元の水位に戻ります。しかし、何年も使っていないトイレは、使用していない間に便器が損傷していることもあるので、もし水位が元に戻らない場合は業者に相談しましょう。

まとめ

トイレの水位が下がっている場合、正しい判断をして適切な対処をする必要があります。最悪の事態を防ぐためにも無理をせず、早めに専門業者に依頼するのが賢明です。兵庫県のトイレのつまりなどのトラブルは「ひょうご水道職人」にお任せください。お電話一本で現場に急行し、ベテラン担当者が原因を見極めて、早急に問題を解決いたします。

対象地域
・神戸市
・姫路市
・西宮市
・尼崎市
・明石市

その他市町でも兵庫県内全域に年中無休、お電話一本で駆けつけます。兵庫県でトイレのつまりでお困りの際には、ぜひ「ひょうご水道職人」にご連絡ください!

上矢印アイコン