シャワーからの水漏れの直し方を症状別に解説します | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.09.15

お風呂の直し方

シャワーからの水漏れの直し方を症状別に解説します

シャワーのどの部分から水漏れしているのか?

日常生活で、何気なく使っているシャワーですが、大量の水を流すため、水漏れはつきものです。
しかし、浴室のような水のあるところに設置されていることが多いので、なかなか水漏れに気付けません。
水漏れしたまま使用を続けると、シャワーから出る水量が少なくなったり、水道代が増えたりするというデメリットがあります。

今回はシャワーからの水漏れの直し方を症状別に解説していくので、ぜひ参考にしてください。

シャワーヘッドから水漏れしている

蛇口を閉めても、シャワーの先端部分である、シャワーヘッドからポタポタと水漏れする場合、原因は二つあります。

・シャワーヘッドに水が残っている
シャワーヘッドの中に水が溜まっている可能性があるので、一旦取り外して、中を確認してみてください。

また、シャワーヘッドの中の水を溜めたままにしておくと、カビが繁殖する恐れがあるので、定期的に確認して、水を出し切るようにしましょう。
頻繁に溜まるの出れば、シャワーヘッドを別の物に買い替えてみてください。

・止水ボタンが劣化している
シャワーの種類によっては、本体に止水ボタンが取り付けてあるものがあります。
本来、止水ボタンはハンドルの代わりに、水を出したり止めたりする役割のある部分です。

長い時間使っていると、水の影響や経年劣化でボロボロになり、隙間から水が漏れてきます。
修理するのは難しいので、ネットショップやホームセンターで、新しいものを買い替えてください。

ホースとシャワーヘッドのつなぎ目から水漏れしている

ホースとシャワーヘッドは異なる素材でできているため、つなぎ目は、回すことで簡単に付け外し可能なネジ式です。
さらに、つなぎ目には、水漏れを防ぐためのゴムパッキンが取り付けられています。
このゴムパッキンが劣化することが、水漏れの原因です。

また、ゴムパッキンは修理ではなく交換します。
ネットショップで購入可能なので、水漏れを確認したらすぐに購入しましょう。

・つなぎ目にあるゴムパッキンの交換方法
まず初めに、止水栓をマイナスドライバーで閉めてください。
続いて、ホースとシャワーヘッドをひねって外します。

次に、シャワーヘッドのネジ部分に取り付けてあるゴムパッキンを交換し、再度ホースにつなげます。
最後に、水を流しても水漏れがないことを確認して、掃除は完了です。

ハンドルから水漏れしている

シャワーの水量や水温を調節できるハンドルから水漏れしている場合、ハンドルの内部にあるパッキンやカートリッジが原因です。
こちらは、ネットショップで購入可能ですが、ハンドルの種類によって、交換方法が異なるので、一つずつ解説します。

・2ハンドル混合栓の場合
二つのハンドルがそれぞれ、お湯と水の量を調節する役割を持つ、2ハンドル混合栓、という名前のハンドルがあります。
この種類のハンドルの中には、コマの形をしたパッキンが取り付けてあるので、それを交換しましょう。

まず初めに、ハンドルの中央にあるキャップを取り、ネジを外してください。
次に、ハンドルを取り外し、レンチなどを用いてナットを取り外します。
三角形のパッキンとスピンドルが出てくるので、二つとも取り外してください。

次に、パッキンと取り外し、新しい物と交換します。
最後に、外した順番と逆に部品を取り付けて完了です。
水を流しても、水漏れが起こらないことを確認してください。

・シングルレバー混合栓の場合
シングルレバー混合栓とは、一つのハンドルで水量と水温を調節するタイプのハンドルです。
この種類のハンドルの中には、バルブカードリッジと呼ばれる部品が取り付けてあるので、それを交換します。

まず初めに、止水栓を閉めて水の供給を止めましょう。
次に、ハンドルについているキャップを取り外し、ネジを取り外してください。
ハンドルを取り外し、根元にタオルを巻きましょう。
タオルの上からレンチで固定し、カートリッジを押さえている部品を外します。

手で外すのが難しい場合、レンチをもう一つ用意して外してください。
新しいカートリッジと交換したら、もう一度レンチで固定し、カートリッジを押さえている部品を取り付けます。
ハンドルを被せ、ネジで固定し、キャップをはめて作業は完了です。
止水栓を開けて、水を流しても水漏れが起こらないことを確認してください。

・サーモスタット混合栓の場合
サーモスタット混合栓は、二つのハンドルが、それぞれ水温と水量を調節するタイプのハンドルです。
ハンドル内に取り付けてある、切り替え弁を新しいものと交換します。

まず初めに、マイナスドライバーを使用して止水栓を止めます。
次に、水漏れしている方のハンドルの隙間に、マイナスドライバーを差し込み、てこの原理を使って取り外してください。
外したら、シャワーとカランの切り替えの表記がある部品を外し、その下にあるナットを外します。

続いて、スペーサーを引き抜き、レンチなどで開閉バルブを取り外しましょう。
取り外したら、新しいものと交換し、部品をすべて取り付けたら終了です。
止水栓を開けて、水漏れがないかを確認してください。

水のトラブルはひょうご水道職人におまかせください

ひょうご水道職人は、姫路市、西宮市、尼崎市、明石市、加古川市、宝塚市、伊丹市に限らず、兵庫県全体の水のトラブルに対応いたします。

シャワーからの水漏れが止まらないなど、水回りのトラブルでお困りの方は、ぜひお気軽にお電話ください。

上矢印アイコン