トイレの排水管から水が漏れているときの対処法と注意点 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.09.15

トイレのトラブル

トイレの排水管から水が漏れているときの対処法と注意点

トイレの排水管が水漏れする原因

ある日、トイレに入ったら排水管から水漏れをしていて、床がびしょびしょに濡れている。
こんな状況に陥ってしまったら、どうしていいかわからず、焦ってしまいます。

さらに、焦りに加え、修理の知識もないので放置する方も多いかもしれません。
水漏れをそのまま放置していると、床の腐敗やウォシュレットの故障につながる可能性が高いです。
ですので今回は、トイレの排水管が水漏れする原因や対処法、そのときの注意点をご紹介します。

固形物を落としてしまった

スマホや掃除道具などの固形物は、不注意で便器に落とすことがあります。
すぐに取り出せば、何の問題もないですが、誤って流してしまうと大変危険です。
狭い排水管に引っかかり、水の流れを止めると、排水管を内部から破裂させる原因になります。

多くの方が、スマホをトイレに持ち込んだ経験があると思いますが、便器に落とすと大惨事になるのでやめましょう。
また、万が一スマホなどの固形物を便器に落とした場合、慌ててレバーを引かないようにしてください。
スマホが目に見えている間は、トングなどを使って取り出しましょう。

排水管の老朽化

トイレを長年使っていると、排水管は老朽化します。
経年劣化は、定期的なメンテナンスを行うことで老朽化は予防できますが、面倒で手間がかかるため、なかなか手をつけません。
老朽化した排水管は、つなぎ目に穴が空いたり、本体が劣化したりと、水漏れを起こしやすいです。
排水管は消耗品なので、使い続けて10~20年経ったら修理や交換を検討しましょう。

また、除菌シートやゴミなどの、トイレに流してはいけない物を流すと、老朽化が進みます。
老朽化が進むと、使用できる期間が短くなるので注意しましょう。

排水管がきちんとつながっていない

排水管が正しくつながっていないと、水漏れの原因になります。
滅多に起こらないことですが、業者を呼ばず、自分で修理した時などに起こる可能性が高いです。
やはり、目に見えない部分にある排水管の工事は、専門の知識や道具が必要になります。

しかし、業者を呼ぶには手間やお金がかかる、という理由から自分で修理してしまう方は多いです。
自分で修理すると、失敗した時に、逆に手間やお金がかかるので注意しましょう。

もし、水漏れしてしまった時の対処法

もし、水漏れした時のために、対処法を知っておきましょう。
なぜなら、水漏れは、時間経過で直るものではないので、対処法を知らないと、被害が拡大するからです。

ここから紹介する対処法の中には、簡単なものも存在するので、ぜひ実践してみてください。

・水漏れ部分に補修テープを巻く
水漏れ部分に補修テープを巻きましょう。
補修テープとは、穴が空いて、裂け目ができた部分に貼ることで、水漏れを抑えられる、便利なシールです。
ネットショップやホームセンターにて1,000円程度で購入できます。

しかし、補修テープはあくまでも応急処置なので、完全に直ったかと言うと、そうではありません。
壊れた部品を修理するまで、水漏れを止めておく商品なので、注意してください。

・ナットを硬く締め直す
排水管のつなぎ目に使われている、ナットが緩んでいる可能性があります。
レンチやスパナで硬く締め直しましょう。
しかし、ナットが劣化している場合、いくら締め直しても水の漏れがおさまることはありません。
サビたり、破損している場合は、ネットショップやホームセンターで新しいナットを購入して古いものと交換しましょう。

・トイレごと交換する
トイレ自体が古いのであれば、トイレ本体ごと交換するという手もあります。
しかし、トイレ本体を交換するとなると、もちろん一人では行えません。
業者に頼むようにしましょう。

トイレ本体の交換にかかる値段は、安いもので5万円、高性能なもので15万円ほどです。
また、トイレ本体の交換は、2~3時間程度で完了しますが、高性能のものに交換するとなると、部屋自体をリフォームする必要があるので、8時間ほどかかります。
トイレ本体の交換は、時間とお財布と相談しながら検討しましょう。

・業者に依頼する
お金はかかりますが、業者に依頼するのが一番安全で確実です。
また、水回りのプロは、安全に修理を行うだけでなく、工事後の補償もあれば、予防を施した修理も行ってくれます。
もちろんこちらは、プロの腕でしか行えません。
ですので、排水管からの水漏れは無理して修理せず、業者に依頼しましょう。

排水管からの水漏れを予防する方法

排水管からの水漏れは、予防可能です。
日頃の心がけで、甚大な被害を起こさずに済みますし、面倒な掃除や後処理をせずに済みます。
水漏れが起こるたびに掃除する方が良い、と思うかもしれませんが、いざ掃除するとなると面倒に感じるものです。
ここからは排水管からの水漏れを予防する方法をご紹介します。

・トイレタンクの上に物を置かない
トイレタンクの上に物を置かないようにしましょう。
トイレットペーパーや掃除用具は、棚に収まらず、ついトイレタンクの上に置いてしまいます。

しかし、何かの拍子で便器の中に落ちてしまうかもしれません。
特に小さな子どもがいる家庭は、便器に物が落ちた物を、そのまま流してしまうこともあり得ます。
ですので、トイレタンクの上に物は置かず、棚に収納するようにしましょう。

ひょうご水道職人は、トイレ排水管の水漏れを修理します

ひょうご水道職人は、姫路市、西宮市、尼崎市、明石市、播磨町、稲美町、福崎町、香美町、新温泉町、市川町、神河町など兵庫県全体の水のトラブルに対応いたします。

キッチンの蛇口から水が出ないなど、水のトラブルでお悩みの方は、ぜひひょうご水道職人にお電話ください。

上矢印アイコン