尿石はトイレつまりの原因!?尿石を除去する方法とは | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.10.02

トイレのつまり

尿石はトイレつまりの原因!?尿石を除去する方法とは


 
頑固なトイレの汚れや黄ばみの原因となるのが尿石です。尿石を放置すれば排水管の流れが悪くなり、トイレがつまります。諦めるしかなさそうな頑固な汚れでも、正しく掃除すれば落とせる場合があります。
 
この記事では、尿石が発生する原因や掃除方法、守って欲しい注意点についてまとめました。

尿石とは

トイレの黄ばみの多くは尿石によるものです。ここでは尿石ができる原因や放置することのリスクについて解説します。
 
・尿石とは?
尿石とは、尿の中に含まれるカルシウムを主成分とする化合物のことを指します。
 
・尿石はどうして発生する?
尿石は尿成分のカルシウムイオンが便器内で化学反応を起こして発生します。使用者が多いトイレや、掃除の不行き届きが続いているトイレでは尿石が蓄積しがちです。
兵庫県内には洗浄水量が少ない古いタイプのトイレもあり、こうした洗浄水の不足も尿石が生じる原因の一つです。
 
また節水をしようとして洗浄水量や洗浄回数を減らしすぎた結果、かえって尿石が蓄積してしまうこともあります。兵庫県は節水意識が高い地域ですが、節水はやり方とトイレの汚れとのバランスをみて取り組むことが大切です。
 
・放置するとどうなる?
尿石を放置すると色素が便器内に付着してしまうだけでなく、汚れが積み重なってどんどん広がってしまいます。尿石の表面はザラついているので、尿成分が付着しやすく、雪だるま式に汚れが積み重なってしまうのです。
 
尿石を放置すると、雑菌やカビの温床となって異臭が発生します。さらに便器の内側だけでなく排水管にも蓄積している場合は、排水管までつまらせることがあります。
 
尿石によるトイレのつまりは専門業者に相談しましょう。兵庫県で水回りのトラブルにお悩みなら、「ひょうご水道職人」にご相談ください。

トイレの尿石を落とす方法

尿石は予防するのが大切ですが、一度付着してしまった場合でも、適切な掃除で除去できます。ここでは尿石を落とす4つの方法を解説します。
 
・洗剤を使う
薄い黄ばみなど、軽い尿石であればトイレ用洗剤で除去できます。尿石の成分はアルカリ性なので、酸性と書かれた洗剤を使用するのがポイントです。お掃除のコツは、洗剤を塗布した後すぐに洗い流さないことです。便器の汚れ部分に洗剤を塗布して、トイレットペーパーを被せて放置し、10~30分ほど置いてください。その後、ブラシなどでこすり落とします。
 
汚れの程度により置き時間を調整は必要ですが、洗剤によっては長時間の放置が逆効果になることもあるので注意してください。上記のやり方は洗剤の使用方法などにも記載されていますので、注意書きをしっかり読んで行いましょう。
 
・重曹とクエン酸を使う
重曹とクエン酸も尿石を落とす洗剤として使えます。トイレ用洗剤と比べると洗浄力は落ちますが、低刺激なのが利点です。トイレ用洗剤のツンとした臭いが苦手な人や、敏感肌の人、高齢者や小さいお子さんがいるご家庭では、重曹とクエン酸を使用する方法がおすすめです。
 
【重曹とクエン酸の使い方と掃除方法】
1)クエン酸水を作る:水100mlに対してクエン酸小さじ1/2杯を入れて混ぜる
2)汚れ部分にクエン酸水を塗布(スプレーボトルを使うと便利)
3)塗布したクエン酸水の上に重曹をまく
4)20~30分ほど放置
5)トイレ用ブラシでこする
汚れが落ちにくい場合はクエン酸の濃度を高くして試してください。
 
・サンドペーパーを使う
サンドペーパーを使う方法もあります。ただし便器表面を削るやり方なので、あくまで最終手段と考えてください。サンドペーパーは目安として、目の細かい2000~1000番のものを選びましょう。
 
サンドペーパーは研磨に近いやり方なので、こびりついた尿石を落とせますが、同時に便器を傷つけるリスクがあります。傷ついた部分は汚れも蓄積しやすくなり、掃除がより大変になるのがデメリットです。サンドペーパーを使うほどの汚れは、専門業者に依頼するほうがよいでしょう。
 
・尿石除去剤を使う
尿石除去剤もトイレ用洗剤と同じですが、除去効果がより強力な酸性の洗浄剤である場合があります。臭いや皮膚への刺激も強いので、換気をよくして必ずゴム手袋を着用したうえで使用してください。この場合も薬剤を塗布して10~30分ほど置き、ブラシで洗い流します。

尿石を落とす際の注意点

尿石を落とす際、洗剤を混ぜることは避けてください。トイレ用洗剤には中性、アルカリ性、酸性、弱酸性といったタイプがあります。異なる洗剤を混ぜると有害なガスが発生する可能性があり危険です。事前に使用方法と注意書きを読んでおきましょう。

まとめ

尿石の放置はトイレのつまりにつながります。兵庫県でトイレのつまりでお困りでしたら、お気軽にひょうご水道職人へご連絡ください。
 
対象地域
・神戸市
・姫路市
・西宮市
・尼崎市
・明石市
 
その他市町でも兵庫県内全域に年中無休、お電話一本で駆けつけます。
兵庫県でトイレのつまりでお困りの際には、ぜひ「ひょうご水道職人」にご連絡ください!

上矢印アイコン