何かと気になるお風呂の汚れ。掃除方法をおさらいしよう | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.10.07

お風呂のお掃除

何かと気になるお風呂の汚れ。掃除方法をおさらいしよう

お風呂の汚れの種類は主に5種類!

せっかくのバスタイムに、お風呂の汚れが気になってしまうと、テンションも下がりますし、十分にリラックスできません。お風呂の汚れにはいくつか種類があります。まずは確認してみましょう。

・皮脂汚れ
多くの方は、浴槽にお湯を溜めて入浴しているでしょう。入浴の際、どんなにしっかり身体を洗っていても、人の皮脂や垢などが落ちることがあります。その皮脂や垢などが浴槽にくっついてしまうことで、皮脂汚れは発生するのです。皮脂汚れは非常に固まりやすく、固まってしまうと頑固な汚れに進化します。なので、週に1回くらいの頻度で掃除をするようにしてください。皮脂汚れは酸性のため、掃除の際にはアルカリ性の重曹を用いましょう。

・カビ汚れ
次に紹介するのは、カビ汚れです。カビは湿度が高くて雑菌の多いところに発生するため、水回りとは切っても切れない関係にあります。水回りのなかでもお風呂場は特にカビにとって好条件な場所のため、注意してください。

カビ汚れには、「赤カビ」と「黒カビ」の2種類があります。「赤カビ」とは、お風呂場の特に浴槽などに発生する赤みを帯びた汚れのことです。浴槽を触ったときにぬめぬめとした感触があれば、赤カビが発生している可能性があります。

赤カビは時間をおいてしまうと、より頑固な「黒カビ」となってしまうため、なるべく早く対処するようにしてください。赤カビの段階では、皮脂汚れと同じように重曹を用いて落とせますが、黒カビの場合はより強力な塩素系漂白剤を使用しましょう。

・水垢による汚れ
水道水にはカルシウムやマグネシウムといった、ミネラル分が豊富に含まれています。水垢は、そのミネラル分が固まることによって発生する汚れです。水垢は放置すると固くなってしまい、落ちにくい汚れになってしまいます。なので、気付いたときに掃除をするようにしてください。水垢による汚れは、アルカリ性の汚れになります。そのため、酸性の洗剤を使用しましょう。クエン酸等もおすすめです。

・せっけんカスによる汚れ
身体を洗う際、いくら飛び散らないように洗っていても、シャンプーやリンス、ボディーソープなどの泡が壁などに付着するでしょう。残ったせっけんと水道水の成分が合わさることによって発生するのが、せっけんカスによる汚れです。せっけんカスは固まると白くなり、落ちにくくなります。そのため、なるべく早く掃除するようにしましょう。水垢の汚れと同様に、アルカリ性の汚れのため、酸性の洗剤を使用して掃除してください。

・入浴剤による汚れ
入浴剤を用いてバスタイムを楽しんでいる方もいらっしゃると思います。入浴剤を使用した後、何日も浴槽内のお湯を放置することは控えましょう。入浴剤には炭酸水素ナトリウムや硫酸ナトリウムなどの成分が含まれています。これらの成分は、水に溶けることにより無色になりますが、着色のために使用されている着色料は水に溶けません。

残った着色料が浴槽に付くと色素沈着してしまい、なかなか落ちないことがあります。入浴剤を使用した日は早めにメラミンスポンジなどでこすり洗いをしてください。色素沈着が進んでしまっている場合は、自力で落とすことが難しいので、専門の業者などを頼るようにしましょう。

効果的な掃除の方法は汚れによって異なるので注意!

5種類あるお風呂の汚れは、主に酸性、アルカリ性に分けられます。性質によって掃除の方法が異なるため、注意しましょう。浴槽や浴室の掃除をする際には、汚れの種類に関わらず、浴室のドアや窓を開けて換気の行き届いた環境で行ってください。

・酸性の汚れの場合
皮脂汚れやカビ汚れなど酸性の汚れの場合、重曹を用いて掃除をしましょう。重曹と水を3:1の割合で混ぜたものを、スポンジにつけてこすり洗いをしてください。重曹を用いても汚れが落ちない場合は、塩素系漂白剤を使用するとよいでしょう。汚れの気になる部分にキッチンペーパーをあてて、その上から塩素系漂白剤をかけます。表示通りの時間放置した後、水で洗い流しましょう。

・アルカリ性の汚れの場合
水垢やせっけんカスなどのアルカリ性の汚れにはクエン酸や酸性の洗剤が効果的です。今回は、クエン酸を用いた掃除方法を紹介します。まず、スプレーボトルに水100mlとクエン酸小さじ1杯を入れてしっかり溶かしてください。作成したクエン酸水を汚れの気になる部分に吹きかけて、キッチンペーパーをあてます。その上からもう一度クエン酸水を吹きかけましょう。

2~3時間放置した後、スポンジでこすり洗いをして汚れを落としてください。クエン酸水が残ってしまうとサビの原因になりかねませんので、しっかりと水洗いをすることをおすすめします。

お困りの際は、ひょうご水道職人へお電話を!

自分で掃除をしてみたけどイマイチきれいにならない…という場合は、専門業者に連絡してみましょう。ひょうご水道職人は、豊岡市、高砂市、芦屋市、川辺郡、朝来市、相生市、養父市など兵庫県のエリアで水回りのトラブルを解決する専門業者です。お風呂の掃除以外にも、老朽化したトイレやキッチンの水漏れなど水回りのトラブルを解決します。24時間対応です。電話一本で水回りのプロが駆け付けますので、お気軽にお電話ください。

上矢印アイコン