トイレの水漏れ、その原因と対処法 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.10.07

トイレのトラブル

トイレの水漏れ、その原因と対処法



トイレに入った際、床がなぜか濡れている、といった経験はありませんか?何度拭いてもなぜか濡れているといった場合、水漏れの可能性があります。その水漏れの原因はどこにあるのか、確認してみましょう。きちんと原因を確認しないまま修理を始めると、余計な修理作業をすることになってしまうため、注意してください。

水漏れの量が多く特定が難しい場合は、水漏れしている部分を探す際に止水栓を少し閉めておくとよいでしょう。完全に止水してしまうと、特定が難しくなってしまうので、完全に締めないというのがポイントです。早速、トイレの床からの水漏れが起きやすい場所の中から便器と床の間からの水漏れについて、紹介していきます。

便器と床の間から水漏れの原因は主に5種類!

便器と床の間から水漏れを起こしている場合、その原因は1つではありません。順番に紹介していきます。

・床下の排水管の劣化による水漏れ
この場合、便器本体に問題があることはほとんどありません。多くは、便器とつながっている排水管か、トイレの下を通っている別の排水管が原因となります。そのため、汚水のような臭いのする水が漏れ出てくるのが特徴です。漏れ出た水から悪臭がする場合は、この可能性を疑ってみてください。また個人の力では修理できないため、発覚次第、専門業者や管理会社に連絡するようにしましょう。

・トイレの設置不良による水漏れ
便器を新調した場合や、専門業者などに任せずに自分で修理を行った場合によく見られるトラブルです。この水漏れは、トイレを設置する際に便器と排水管との接続部分がズレてしまっていることによって起こります。

便器を新しくしたばかりなのになぜ、と疑問に思った方は設置不良の可能性があるので、便器を再設置しましょう。しかし、便器の交換や再設置は難易度の高い作業になります。そのため、管理会社や専門業者に相談するようにしてください。

・ウォシュレットやシャワートイレとの接続部分からの水漏れ
ウォシュレットやシャワートイレと給水管をつなぐ箇所から水漏れが起きることがあります。その水が、便器を伝って床に垂れてしまうことによって、床からの水漏れのように見えるのです。原因として、部品のサイズ違いや緩みなどといった接続不良、給水管や給水ホースの劣化などが考えられます。ウォシュレットやシャワートイレは自身での交換や修理が可能な部分ではありますが、さらに事態を悪化させてしまう可能性もあるので、注意して作業しましょう。

・便器のヒビ割れによる水漏れ
トイレはほとんどの製品が陶器でできています。そのため、経年による劣化や座ることで突然割れてしまうことはほとんどないでしょう。しかし、掃除の際に重いものを上に乗せたり、物をぶつけてしまったりした場合、ヒビが入ってしまうことがあります。

もし、ヒビ割れが確認されたら、便器内の水位をヒビのある部分よりも下げ、テープなどで補強するようにしましょう。この場合、便器を交換することになります。大掛かりな工事になる可能性があるため、専門業者や管理会社にしっかり相談してから工事を行うようにしてください。

・結露
気温が下がる冬や寒い地域などでは、便器の結露が起こります。環境による問題のため、問題視する必要はありません。

原因を確認したら応急処置をしよう

トイレの水漏れの原因が特定できたら、まずは管理会社や専門業者に連絡をするようにしてください。自力で直せる場合もありますが、自力で直したことにより、かえって事が悪化してしまう場合もあるので気を付けましょう。専門業者を待つ間、漏れ出た水を垂れ流しておくのは好ましくありません。水の量や建物によっては、漏れ出た水が天井から染みてしまって、下の階の方に迷惑をかけてしまうことがあるからです。

そのため、止水栓を完全に閉めることを忘れないようにしてください。戸建ての場合に限りますが、止水栓が見当たらない場合は家全体の水道元栓を閉めてしまうのおすすめです。止水栓を閉めることによって、水の流れは止まります。

また、水漏れを防ぐテープを使用するのもよいでしょう。テープにはいくつか種類がありますが、おすすめは「防水補修テープ」です。防水補修テープにはテープ自体に防水効果があります。そのため、貼る場所や素材を選ばないのが特徴です。

カーブしている部分や細かい部分に使えるため、便器と床の間などの小さな隙間にも貼れます。テープを貼るときは、しわを作らず、空気が入らないように貼るのがポイントです。貼る部分が濡れていては効果がありません。できる限り水気は拭き取り、汚れなどの余分な物は取り除いてから貼るようにしてください。

お困りの際は、ひょうご水道職人へお電話を!

トイレの水漏れでお困りの場合は、専門業者や管理会社に必ず連絡しましょう。ひょうご水道職人は、豊岡市、高砂市、芦屋市、宍粟市、加東市、加古郡播磨町、稲美町、揖保郡など兵庫県のエリアで水回りのトラブルを解決する専門業者です。トイレのトラブルの他に、お風呂場やキッチンの水漏れなど水回りのトラブルを解決します。24時間対応です。電話一本で水回りのプロが駆け付けますので、お気軽にお電話ください。

上矢印アイコン