洗面所が臭いのはパッキンが原因?臭いの理由と対策を解説 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.10.07

洗面所のトラブル

洗面所が臭いのはパッキンが原因?臭いの理由と対策を解説

洗面所の臭いは何が原因?

洗面所を毎日使っていると、ある時急に臭いが気になることがあります。そんな時、臭いの原因としてよく名前が挙がるのが「パッキン」という部品です。しかし、パッキンがどこにあるのか、そもそもどんな部品なのか、見たことがない方も多いでしょう。

この記事では洗面所の臭いが気になった方向けに、洗面所のパッキンについて解説しています。パッキン以外の臭いの原因についても書いているので、臭いを解消したい方はぜひ最後までご覧ください。

洗面所の臭いはパッキンの交換で解消される

洗面所の臭いは、パッキンを新しいものに交換すれば解消される可能性があります。必ずしもパッキンが原因とは限りませんので、まずはご自宅のパッキンがどうなっているのか確認してみましょう。

そもそもパッキンとは、管などの接続部分を密閉するために使われるゴム製の部品です。水道管関連で使われることが多いのですが、密閉する場所の大きさや幅などによって、パッキンにもさまざまな種類があります。洗面所で使われているパッキンは「クリーンパッキン」や「防臭パッキン」と呼ばれ、シンクからつながっている排水パイプと、床下から伸びている排水管をつないでいます。

パッキンの場所を確認するために、まずシンクの下の収納扉を開けて見ましょう。シンクから伸びている管を順に辿っていくと、床との接続部分にたどり着くはずです。この部分が地震などによってズレてしまい、それだけでも床下から臭いが漏れてしまうので、もしズレを発見したらすぐに直してください。

ズレていないのに臭いがある場合は、パッキンが劣化して隙間ができ、密閉できていない可能性が高いです。ホームセンターや通販サイトなどで新しいパッキンを購入し、古いものと交換しましょう。パッキンにもさまざまな種類があるので、不安な方は古いパッキンを取り外してホームセンターに持っていき、店員さんに相談すると確実です。

パッキン以外の臭いの原因

パッキンを確認して臭いの原因ではないと分かったら、洗面所の別の部分も確認してみてください。パッキン以外で臭いの原因になりやすいのは、以下の2箇所です。

・ヘアキャッチャー/排水溝
ヘアキャッチャーと排水溝には毎日汚れが溜まっていくので、臭いの原因になりやすいです。ヘアキャッチャーは排水溝に設置されている網目状の部品です。その名の通り、髪の毛はもちろん食べ物のカスなど、少し大きめのゴミを排水パイプに流す前に止めてくれる役割があります。定期的に掃除していれば問題ないのですが、忙しかったり面倒くさかったりして長い期間掃除できていないと、嫌な臭いが発生してしまいます。

ヘアキャッチャーだけでなく、排水溝周りも含めて、まずはきれいに掃除してみましょう。専用の道具や洗剤をそろえなくても、手洗い用のせっけんや手で洗うだけでも十分きれいになります。ヘアキャッチャーに引っかかっているゴミは決してシンクに流さず、生ゴミや燃えるゴミとして出すようにしてください。

排水溝の奥、手の届かないところまで掃除したい場合は、パイプユニッシュを使う方法もあります。液を直接排水溝に注いで放置するだけなので、時間のない方でも簡単に掃除が可能です。スーパーや薬局などで簡単に手に入りますし、価格も安いので、一度使ってみることをおすすめします。

・排水トラップ
排水トラップとは、シンクの下で管がS字型にカーブしている部分を指します。この部分にゴミが溜まっていたりすると、嫌な臭いが発生するところです。

そもそも排水トラップはS字型の途中で水が溜まることにより、下水の方から臭いが上がってくるのを防ぐ役割があります。これは水洗トイレと同じ仕組みなのですが、中で一定量の水が溜まっていないと本来の効果を発揮できません。長期間洗面所の水を流しておらず、中に水が溜まっていない可能性があるのなら、一度水を長めに流してみてください。これだけでも臭いが解消できる可能性があります。

水を流しても臭いが変わらなければ、排水トラップの中を掃除していきます。排水トラップには、S字の下側に掃除用キャップが付いているタイプがあり、このキャップを外して中のゴミを取り除けます。キャップを外すと中の水まで一緒に出てきてしまうので、作業前にはバケツと雑巾を必ず用意しておいてください。

掃除用キャップが付いていないタイプの排水トラップは、排水トラップ全体を外して掃除します。接続部分にある大きめのナットを回すだけで簡単に取り外せるので、モンキーレンチなどを使って外していきましょう。排水トラップ本体が壊れてしまう場合もあるので、ナットを回す時は力任せにせず、自分でできなければプロの業者に相談するようにしましょう。

臭いがなくならなければ業者に相談しよう

パッキンを交換しても掃除をしても臭いがなくならない、また自分で作業ができない時は、プロの水道業者に相談しましょう。洗面所の臭いは、放っておいて解決できる問題ではありません。毎日使う場所だからこそ、臭いを解消して快適に使えるようにした方が、自分や家族にとっても嬉しいはずです。

ひょうご水道職人は、神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市、加古川市、宝塚市、伊丹市など、兵庫県内であればいつでもどこでも対応できる水道業者です。フリーダイヤルは24時間365日受け付けているので、土日祝日や夜中であっても困ったらすぐにご連絡してください。お見積もりだけでも結構ですので、まずはお気軽にご相談ください。

上矢印アイコン