冬場に水が出なくなる?凍結の可能性と危険性を解説! | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.10.08

水道管の凍結

冬場に水が出なくなる?凍結の可能性と危険性を解説!


冬場にお湯が使えなくなることがある

冬場の寒い時期にはお湯が必須です。洗い物をする際や手を洗う際、入浴の際など、夏場よりもお湯を必要とすることが多くあります。冬場に冷水しか使用できないと、非常に不便です。しかし、温水が必要になる冬場にお湯が使用できなくなることがあるのです。冬場にお湯が使えないと日々の生活に大きな影響をもたらしてしまうでしょう。

そこで今回は、冬場にお湯が使えなくなる原因や対処法について解説していきます。冬場に安心した生活を送るためにもぜひ参考にしてください。

水道管の凍結が原因

冬場にお湯が使えなくなる原因は凍結です。水道管が凍結することにより水が出なくなり、お湯が使えなくなることがあります。水道管の凍結はお湯だけでなく冷水も使えなくなる可能性があるため非常に危険です。

・ガス給湯器が凍ることがある
ガス給湯器は家にお湯を供給する役割があります。そのため、給湯器が凍結することでお湯が使えなくなるのです。お湯が使えなくなる原因は給湯器のトラブルであり、冬場に多いトラブルは給湯器の凍結です。

・剥き出しの水道管が凍ることがある
家に水を供給する水道管には一部外気に触れる箇所があります。外気に触れる箇所は給湯器付近や水栓付近などさまざまですが、直接外気に触れていることから、外気温の影響を大きく受けます。

水道管の凍結は危険

冬場の水道管の凍結は非常に危険です。軽度なものであればすぐに解消される可能性もありますが、重度なものになると専門業者への依頼が必要になります。二次災害に発展する可能性もあるため、自力で作業する際は決して無理をしてはいけません。

・水道管が破裂する恐れがある
水道管が凍結すると破裂する可能性があります。水は凍ると体積が大きくなります。そのため、水道管と一緒に内部の水が凍ることで水道管を圧迫し破裂する可能性があるのです。水道管の破裂は怪我につながる恐れがあるためとても危険です。安易に近づいてはならず、近づく際は万が一に備えた服装をしてください。

・水が出しっぱなしになる
水道管が凍結し、ヒビ割れなどを起こしてしまうと、その箇所から水がポタポタと流れ出ることがあります。その場合、水が出しっぱなしになっているのと同じ状況になるため、水道代が高くなってしまいます。余計な支出を避けるためにも、水漏れは早急に対処するようにしましょう。

水道管が凍る理由

冬場に水道管が凍結することがありますが、その原因のほとんどは外気温の低下です。冬場の寒い気温によって水道管が影響を受けて凍結につながってしまいます。

・外気温の低下が原因
給湯器は屋外に設置されているため外気温の影響を大きく受けます。そのため、外気温が大きく低下すると給湯器のトラブルにも直結するのです。給湯器が凍結することで、その内部を通っている水道管にも影響を及ぼします。お湯が使えなくなり、水が流れなくなることもあります。

・剥き出しの水道管が原因
水道管が剥き出しの状態で放置されていると外気温の影響を大きく受けてしまいます。剥き出しの箇所は小さかったとしてもそこから凍結が広がってしまう可能性もあるため、剥き出しの箇所はなるべく少なくする必要があります。

水道管凍結の対処方法

水道管が凍結してしまうとお湯や水が使えなくなってしまいますが、対処法がまったくないわけではありません。軽度な状態であればすぐに回復させることは可能ですし、初期段階であれば大きなトラブルにもなりません。外気温自体を対処することは困難であるものの水道管を工夫することで対処できる場合もあります。

・溶けるまで待つ
水道管の凍結は外気温が原因であることから、外気温が最も低下する早朝が凍結するタイミングになります。そのため、凍結によるお湯や水が出てこないといったトラブルは朝方に多く発生します。

一方で早朝を過ぎると、その後は外気温も上昇していくため凍結の心配はそれほど大きくありません。このことから早朝に凍結してしまったとしても時間が経過することで溶ける可能性があります。軽度な凍結であれば時間の経過とともに溶けるため外気温の上昇とともに使用できるようになるでしょう。

・発泡スチロールなどで保温する
水道管が剥き出しの状態になっていると外気温の影響を大きく受けてしまうため、発泡スチロールなどで保温するのもおすすめです。発泡スチロールを使用して外気との間に壁を作ることで、直接的な影響を避けられます。

・専門業者に依頼する
時間が経過して保温をしても解決できない場合は専門業者に依頼する必要があります。二次災害を防ぐためにも、自力での解決が困難であると判断したときにはすぐに専門業者に依頼しましょう。

水回りでお悩みの際はひょうご水道職人にお電話ください

ひょうご水道職人では、神戸市の他、姫路市、西宮市、尼崎市、芦屋市、高砂市、たつの市、豊岡市など兵庫県全域で水周りのトラブルの解消をお手伝いいたします。専門の知識を有したスタッフが適切に対応します。水回りでお困りであれば、どのようなお悩みでもお気軽にお電話ください。

上矢印アイコン