マンションの床が水漏れする理由…トラブル発生後にやるべきこととは? | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.11.05

シャワーのトラブル

マンションの床が水漏れする理由…トラブル発生後にやるべきこととは?



マンションの床で水漏れトラブルが発生したら、素早い対処が求められます。とはいえ、突然の事態に焦ってしまう方も多いでしょう。マンションの床の水漏れに関する予備知識を身に付け、スムーズに動けるように準備しておきましょう。マンション入居者が、知っておきたい情報をまとめます。

マンションの水漏れパターンは主に2つ

まずは、マンションの水漏れパターンについて頭に入れておきましょう。

・入居者の不注意によって発生した水漏れ
・設備の老朽化によって発生した水漏れ

わかりやすいのは、上のパターンです。たとえば、「洗濯機の排水口詰まりをそのままにしておいたら、床が水浸しになってしまった」「トイレタンクを修理中に破損し、そこから水が漏れ出してしまった」といった状況が、こちらに当たります。

この場合の責任は、居住者自身が負うことになります。自宅内に生じた被害はもちろん、万が一階下のお宅にまで影響が及んでいるなら、その損害を賠償する責任が生じるでしょう。

一方で、居住者の不注意ではなく発生してしまう水漏れトラブルも存在しています。水を蛇口まで運び、また汚水を排水口から外へ運び出すためには、各種部品が使われています。壁や床の中に覆われているため、普段はあまり意識する機会はないでしょう。

しかし、居住年数が長くなればなるほど、確実に経年劣化が進んでいきます。耐え切れなくなった部品から水が漏れ出し、少しずつ床の上に溜まっていくようなケースもあります。この場合、「マンション内のどの部分の部品が経年劣化しているのか?」によって、責任の所在が変わってきます。

専有部分であれば、居住者自身が責任を負うことになるでしょう。一方で、原因が共用部分にある場合、それはマンション全体での問題となります。賃貸物件であれば、物件の所有者が責任を負うべき問題ですし、分譲物件であれば、入居者全員で解決するべき問題だと言えるでしょう。

水漏れが発覚したら、まずやるべきこと

マンションの床で水漏れトラブルが発生したら、「いったい誰の責任になるのか?」と不安を感じがちです。とはいえ、水漏れを放置すれば、状況は刻一刻と悪化していってしまいます。責任の所在についてはひとまず置いておき、今自分にできる対処法を実践しましょう。具体的なやることリストは、以下のとおりです。

水道の元栓を閉める

水漏れしているとわかったら、水道の元栓を閉めましょう。家中で水が使えなくなってしまいますが、漏れ出す水を確実にストップできます。漏水箇所がはっきりしない場合でも、これ以上問題が大きくなるのを防げるはずです。もちろん、水道代の高騰という二次被害も防げるでしょう。

もし、水漏れしている箇所が明らかになっているなら、その部分の止水栓のみを閉める方法もあります。キッチンにはキッチンの、トイレにはトイレの止水栓が用意されており、それぞれを閉めることで、該当する水栓の水だけをストップできます。

たとえば、キッチン水栓の止水栓を閉めても、トイレには影響がありません。キッチンは使えなくてもトイレは使えますから、生活への影響は最小限にできるでしょう。ただ、水漏れ箇所が明らかではないにもかかわらず、予測で止水栓を閉めるのはおすすめできません。

実は別の場所から漏水していて、気付かない内に被害が広がってしまう可能性もありますから、この場合は迷わず元栓を閉めてください。

水漏れの原因調査

先ほどもお伝えしたとおり、マンションで発生した水漏れトラブルの責任の所在は、「どこに水漏れの原因があるのか?」によって変わってきます。だからこそ重要なのは、できるだけ早期に原因を突き止めることです。

住んでいるマンションが賃貸物件なら、管理会社に連絡しましょう。分譲マンションの場合は、水回りのプロに確認してもらうと安心です。結果に応じて、その後の動きや修理費用を負担する人が変わってきます。

加入している火災保険の確認

マンション床で水漏れトラブルが発生した場合、火災保険を使える可能性があります。素早く動くためにも、まずは自身が契約している保険の内容を確認しておきましょう。火災保険の内容は、契約時に渡された書類に記載されています。保険金請求をする際の方法や窓口についても、同時にチェックしておくと安心です。

階下のお宅への状況確認

マンションの床で水漏れトラブルが発生した場合に、注意しなければならないのが、「階下のお宅に影響が出ていないか?」という点です。コンクリート物件であっても、油断は禁物。上階の床で派手な水漏れトラブルが発生すれば、その水は階下のお宅の天井から漏れ出します。

壁紙や家具・家電が損傷した場合、きちんと賠償する責任が生じます。万が一階下のお宅に影響が出てしまっている場合、できるだけ円滑に問題を解決するのが難しいでしょう。トラブルが発生したあと、できるだけ早く挨拶に伺い、状況確認をしておくと印象も良くなるでしょう。

水漏れの原因特定はひょうご水道職人がサポートいたします

突然の水漏れに、焦ってしまう方は多いもの。こんなときにはどうか落ち着いて、元栓を閉めた上でひょうご水道職人にご相談ください。見積もりは無料で行っておりますし、原因の特定を誠心誠意サポートいたします。

明石市や西宮市、芦屋市、宝塚市、三田市、芦屋市には、数多くのマンションが建築されています。築年数が古くなってくると、こうしたトラブルにも悩まされがちです。「相談先がわからず困った!」「どうすれば良いのかわからない」という場合でも、大丈夫です。ひょうご水道職人にご連絡いただければ、プロの知識でアドバイスいたします。

上矢印アイコン