お風呂の排水口の流れが悪い時の原因と解決策は?自分で直せるのかも解説! | 水のトラブルは兵庫水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2022.03.07

お風呂のお掃除

お風呂の排水口の流れが悪い時の原因と解決策は?自分で直せるのかも解説!


「お風呂の排水口の流れが悪いかも…」と思ったら、すぐに対処することが必要です。
考えられる原因や解消法がわかれば、慌てずに対処できます。

状態が悪化してしまう前の応急措置は、案外簡単にできます。
自分でできることとできないこと、日頃からの注意点など知っておくことはとても大切です。

今回は、お風呂の排水口の流れが悪いときの原因と解決策を紹介します。

お風呂の排水口の流れが悪いときに確認すること

浴槽の栓を抜いたとき、いつもよりお湯が引かずに心配になっていませんか。また洗い場の排水口から水が溢れているなんてことはないでしょうか。

つまりが軽度であれば、業者を呼ばずとも自分で解消できるかもしれません。
自分で確認できることを見ていきましょう。

■つまりの原因を特定する
最初につまりの原因を特定する必要があります。排水口の状態を確認しましょう。

ヘアキャッチャーと排水トラップを外して、水を流してみてください。水が問題なく流れれば、原因はヘアキャッチャーか排水トラップの汚れが原因だと考えられます。

ヘアキャッチャーと排水トラップを丁寧に掃除し、ゴミや汚れをしっかりと取り除くことでつまりは解消されるでしょう。ヘアキャッチャーや排水トラップを外した状態でも水が流れないようであれば、原因は排水管の奥にあります。

排水管の奥に、髪の毛や石鹼カス、汚れなどが溜まり、ヌメリとなりつまりを引き起こしている可能性があります。ワイヤーブラシやラバーカップ、またはパイプクリーナーなどを使って解消作業をしてみましょう。

それでも解消されなければ、つまりの原因が排水桝の近辺であるか、排水管の勾配に不具合があるのかもしれません。その場合は、速やかに専門業者に依頼して、つまりを解消してもらう必要があります。

お風呂の排水口の流れが悪い時、自分で解決できるのか

お風呂の排水口の流れが悪い場合に、自分で解消する方法もいくつかあります。原因がヘアキャッチャーや排水トラップに合った場合は、古い歯ブラシなどを使って、細かい目に詰まったゴミや汚れもしっかりと落とし切ることです。

排水トラップも洗剤とスポンジでこすり洗いをし、落としにくい汚れは古い歯ブラシできちんと落としましょう。排水管の奥に原因がある場合も自分でできる解消法がいくつかあります。

簡単に利用できるものとしては、パイプクリーナーがあります。つまりの解消とともに消臭効果も期待できるので、定期的に掃除の際に使用するとつまり防止にも役立ちます。

ワイヤーブラシも狭い場所の掃除に適しています。

つまりの原因の箇所にワイヤーブラシが届けば、ワイヤーブラシを動かし、つまりを削り取るように掃除します。汚れが取り切れれば、水は流れるようになります。

ラバーカップはいわゆるスッポンと呼ばれている、つまりを解消する道具です。カップ(ゴム)の部分が排水口のサイズに合ったラバーカップを使用するようにしましょう。

ラバーカップを使った対処法について確認します。まず、排水口に隙間ができないよう、カップをしっかりと密着させます。排水口に対して垂直に密着させることがポイントです。密着できたら、カップを排水口に強く押し付けます。その後一気に引き上げましょう。

思い切りよく引き上げることが大切です。つまりの原因を引き上げられれば、水が流れるようになります。浴槽で使用する場合は、カップがつかる程度に水を溜めることをおすすめします。

吸引力が強くなるので、より効果が期待できます。以上の方法を試した上で解消されなければ、専門業者に相談するとよいでしょう。

自分で直せない場合は業者に依頼をしよう

つまりの場所や原因によっては自分ではどうすることもできない場合があります。そのような時は事態が悪化する前に専門業者に相談しましょう。

たとえばつまりの場所が排水桝にある場合は、専門業者によるつまりの除去作業が必要となります。排水桝とは、建物の排水管と下水管のつなぎ目に当たる部分の設備です。

一時的に排水を溜める役割を担っているため、汚れが蓄積されるとつまりを起こし、排水が逆流してしまう可能性があります。排水桝は地中に埋まっている部分が多いため、業務用の高圧洗浄機が必要となるのです。

地中に埋まっている排水管や排水桝は、専門業者でなければ清掃できない部分です。汚れやつまりをしっかりと除去してもらいましょう。また排水管の勾配の不具合も専門業者に見てもらわなければ改善できません。

下水管と続く排水管は水が逆流することなく流れるよう傾斜がつけられています。しかし、地震や地盤沈下といった自然の力によって、知らず知らずのうちに勾配が変わってしまう場合があります。勾配に不具合が出てしまったら排水管の引き直しが必要です。

このように専門業者でなければ、原因の特定や改善ができないことも考えられます。自分でつまりが解消できなければ、速やかに専門業者に相談することが大切です。

お風呂の排水口は普段からこまめに掃除しておこう!

毎日入浴で使用するお風呂が使えないことになったらとても困ります。しかし毎日使うお風呂だからこそ、汚れが溜まってしまうのも仕方のないことです。

排水口をつまらせないようにするには、こまめな掃除が欠かせません。日頃からつまりを予防することがとても大切です。予防に効果的な方法を見ていきましょう。

詰まりの予防には、髪の毛やゴミが、排水口に流れてしまうのを極力減らす必要があります。ヘアキャッチャーに溜まったゴミや汚れは、使う度に取り除くとよいのですが、ついつい忘れがちになってしまいます。

気がつくとゴミや汚れ、髪の毛が絡まって、掃除することを先延ばしにしてしまう方もいるのではないでしょうか。そんな時はゴミ取りシートを使ってみるとよいかもしれません。

ゴミ取りシートは排水口に張り付けるだけで、直接排水口に汚れが溜まるのを防いでくれます。処理もシートをたたんで捨てるだけなのでとても簡単です。またゴミが集まりやすく、捨てやすいヘアキャッチャーに交換することも掃除を簡単にする方法のひとつです。

気をつけなければならないことは、交換可能な種類やサイズがあることです。購入前に種類やサイズなどを必ず確認しましょう。掃除の方法としておすすめなのが、液体パイプクリーナーの利用です。

つまりが起きた時だけでなく、日頃の掃除に取り入れるとつまり予防に役立ちます。定期的に使うようにして、髪の毛や皮脂汚れのヌメリを防ぎましょう。

消臭効果が期待できるところも利用するメリットといえます。こまめな掃除を心がけてもなかなかできずにいる方も多いことと思います。汚れがひどくなってからでは、掃除も大変ですし、つまりが起きてしまっては大事になり兼ねません。

ちょっとした工夫と少しの手間で、掃除をぐっと簡単にできます。便利な掃除グッズはぜひ使ってみるとよいでしょう。そしてできることから、まずは使う度に溜まったゴミを取り除く、そこから習慣づけてしまうとよいのではないでしょうか。

まとめ

お風呂の排水口は気になりはするものの、ついつい掃除が後回しになりがちです。汚れがひどくなってからでは、落とし切るのも大変ということを覚えておく必要があります。

業者に依頼すれば費用もかさみます。掃除をしておけば使わずに済む費用となるかもしれません。普段の掃除で予防すべきはして、清潔に安心して入浴タイムを楽しみたいものです。ちょっとした心がけ、その心がけを大切にしていきましょう。

上矢印アイコン