排水管の高圧洗浄は必要?いつ頃すればいいの?具体的な方法について解説します! | 水のトラブルは兵庫水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2022.04.10

排水溝のトラブル

排水管の高圧洗浄は必要?いつ頃すればいいの?具体的な方法について解説します!


「高圧洗浄」とは、洗浄機を用いて排水管のつまりを解消するのに効果的な、プロが使用する洗浄作業のことを指します。

業者に依頼したときにおもに使われる道具の一つではありますが、料金がやや高め。普段からの日常的なメンテナンスや対策も必須です。

そこで今回は、高圧洗浄を行うべきタイミングやコスト、さらに排水管の洗浄方法や業者選びのポイントなどについてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

排水管の高圧洗浄を行うべき目安

高圧洗浄を行うのは、おもに排水管がつまって流れなくなったときや水の流れが悪くなったとき。

一般的に、排水管がつまってしまったら、ワイヤーブラシでつまり除去を行う、パイプクリーナーで溶かすなどして対処しますが、それでもつまりが解消されない場合には、高圧洗浄が効果的です。

たとえば、トイレの下水管内が汚水や汚物でいっぱいになった際は、屋外から高圧洗浄ホースを直接管内に入れて除去することもあります。

ただし、排水の流れやつまりが起きていなくても、予防としてメンテナンスとして定期的に排水管洗浄を行うといったケースもあります。

とくに、排水管の奥は目視できないため、気づかないうちに汚れがたまってしまっていることが多く、いきなりつまりを発生させてしまうことも多くあります。

掃除費用は安くはありませんが、排水管の掃除は定期的に業者に依頼してみてもらうことをおすすめします。

戸建ての排水管の場合は、3年に1回の頻度でメンテナンスとして高圧洗浄を行うと、配管にもこびりつきにくく比較的落としやすいとされています。頑固な汚れに発展すればそれだけ洗浄費用も上がってしまうので、できるだけ早い段階で対処しましょう。

高圧洗浄は、マンションやアパートなどの集合住宅では管理会社や大家が費用を負担して実施することが多いようです。

排水管の高圧洗浄にかかるコスト

排水管の高圧洗浄にはどのくらいの費用が掛かるのでしょうか。

戸建ての場合だと、基本料金はおよそ10,000~30,000円程度とされています。
基本料金は「高圧洗浄機からホース先端(3~5m)の範囲」によって変わり、もし3~5mの範囲を超える場所でつまりを起こしているのであれば、1m延ばすごとに数千円程度、料金が追加されてしまうこともあります。

もちろん、排水管の長さやつまりの状況、住宅の大きさなどによっても費用は左右されます。庭を含めた敷地であれば、その分排水管の長さも長くなるので、頭に入れておくといいでしょう。

さらに、戸建て住宅であっても二世帯住宅になっている場合やトイレや浴室が複数ある家になると、排水管の関係で高騰するケースもあります。また、マンションなどの集合住宅なら、管理組合が一括で支払うことが多いとされています。

実際に排水管の洗浄を行った時は、その会社の基本料金や薬品洗浄なども加わって、高圧洗浄の費用が掛かる内訳となっているため、気になる方は見積もりの時点で、担当業者に詳しく聞いてみるといいかもしれません。

排水管の高圧洗浄方法

排水管の高圧洗浄はどのような方法で行われるのでしょうか。

まずは、マンションやアパートといた集合住宅の場合、基本的には下手から高圧洗浄のホースを管内委に入れることが難しいため、排水溝から高圧洗浄のホースを入れて洗浄を行います。

このような公共の団地ではオーナーや管理会社、管理組合が主体となって、1~2年程度の頻度で高圧洗浄を実施しているところが多いです。ただし、決してこの頻度は義務ではないことから、定期的に実施していない集合住宅ももちろんあります。

もし、マンション住まいの方であれば、水道業者や管清掃を専門に行っている業者に依頼してみるのがおすすめです。加えて、自治体が組織されているところであれば、比較的作業料金で行ってくれるところもあります。一方戸建ての場合は、下手にある屋外の下水ますから高圧洗浄のホースを入れる方法で館内を清掃します。集合住宅と違い、水回り各所の屋外に出口のマスがあれば、それぞれの場所の汚れを確認しながら対処できますし、トイレの排水管の洗浄も行ってくれます。

排水マスをしっかり洗浄することで、今後のつまりを防ぐ対策にもなります。さらに、かなり難しい作業にはなりますが、自力で排水管を高圧洗浄する方も中にはいます。

戸建ての方であれば、あらかじめ近隣の方にお知らせし、マンションやアパートのような集合住宅であれば、大家さんや管理組合に一度相談して対応してもらうようにしましょう。

自力で洗浄するには「高圧洗浄機」「排水管用ホース」「網」「ブラシ」などがあると便利です。このように、排水管の高圧洗浄にはマンションか戸建て住宅であるかによっても流れや、できることも限られてきます。もちろん、つまりの状況によってもかわるので、ぜひ一度依頼してみるといいでしょう。

排水管の高圧洗浄を依頼する業者選びのポイント

最後に、高圧洗浄を依頼する業者選びのポイントについてご紹介します。

ポイントは「しっかりと実績があるか」「料金がわかりにくくないかどうか」「保証やアフターサービスが充実しているか」です。配管の清掃を請け負ってくれる業者は全国にたくさんあり、中には、ほとんど実績がないところも存在しています。

実績については公式のホームページに掲載されているので、チェックしてみてくださいね。料金については「明らかに相場よりも料金が安すぎる」「料金形態がわかりづらい」といったところは要注意です。

こういったところは、後から追加料金やオプションとして作業完了時に上乗せしてくる可能性が非常に高いのです。見積もりの時点で、そういった費用が発生しないかどうかを質問してみて、あやふやな答え方をするのであれば気を付けるようにしましょう。

同じように保証やアフターサービスの有無に関しては、そもそも設定している業者自体が少ないので、そこまで優先するべき点ではありませんが、もし近い地域にそういった業者がいれば、依頼してみるのがおすすめです。

高圧洗浄を行った後はしばらく安心できますが、それでもどういったアフターサービスがあるのか、保証期間がどれくらいなのかを確認しておくくらいはしてもいいかもしれません。

もちろん、これ以外にも大事にするべきポイントはありますが、今回紹介した点を意識してみるだけでも、悪質な業者を選ぶことが少なくなるので、しっかり把握しておくようにしましょう。

まとめ

今回は、高圧洗浄を行うべきタイミングやコスト、さらに排水管の洗浄方法や業者選びのポイントなどについてご紹介してきました。

高圧洗浄はつまりが起きたときに実施されることが多いと思われがちですが、つまらせないための対策やメンテナンスのために使われることもあります。

高圧洗浄の多くは、業者にいらした方が確実です。悪質な業者も中にはあるので、今回お伝えしたチェックポイントを参考にしてみてくださいね。

上矢印アイコン