水道修理を業者へ依頼する時の注意点を解説! | 水のトラブルは兵庫水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2022.05.03

水のトラブル

水道修理を業者へ依頼する時の注意点を解説!


キッチンの蛇口からの水漏れ、トイレや排水口の詰まり、蛇口や水栓自体の故障など、水まわりでのトラブルには自分で対応できない状況がたくさんあります。

そんなとき、頼りになるのがプロの修理業者ですが、いざ修理を依頼する際にはどこに頼めばいいのか、何を基準として選べばいいのか悩んでしまいますよね。

そこで、この記事では水道の修理業者に依頼する際の注意点を詳しく解説します。

水道修理業者に依頼できる工事内容は?

水道の修理業者とはどこまでの水まわりのトラブルに、対応してくれるのでしょう。
ここでは、水道の修理業者に依頼できる工事内容について解説します。

■浴室の水まわり修理
浴室における水まわりの修理には、次のようなケースに対応してもらえます。

・浴室の排水口が詰まって水が流れない
・ハンドルやレバーを閉めても蛇口やシャワーヘッドから水が漏れる
・シャワーホースと水栓のつなぎ目から水が漏れる
・水またはお湯がでない
・浴室の排水口から下水の臭いがする

■洗面所の水まわり修理
・蛇口から水が漏れる
・洗面台の水が排水できない
・ハンドシャワーのホースが格納できない
・洗面台の中から水が漏れる
・洗面台の排水口から下水の臭いがする
・洗濯機の排水口が詰まっている
・洗濯機の防水パンに亀裂が入った
・洗濯機に合わせて防水パンを交換したい
・洗濯機の排水口から下水の臭いがする
・洗濯機専用の蛇口を移動させたい

■トイレの水まわりの修理
・トイレが詰まって流れない
・タンクに水が溜まらない
・タンクへの水が出てこない
・便器と給水管との接合部から水が漏れる
・便座の温度が上がらない
・ウオシュレットが使えない
・便器にヒビが入った
・トイレの水が止まらない

■屋外の水まわりの修理
・給水管が凍結して破裂した
・水道のメーター付近から水が噴き出している
・屋外用の水栓から水漏れしている
・散水用の水栓を立水栓に交換したい
・庭に新しい水栓を設置したい
・給湯器から水が漏れている

水道修理業者に修理を依頼する手順

先の修理内容を確認してみると、多くのパターンに対応できることがわかります。
ここでは、水道の修理業者に依頼する手順をご紹介しましょう。

もしも、水道の破裂や水栓からの水漏れ、トイレの水が止まらないなどの水トラブルの場合は、対象個所の止水栓を閉めて水を止めるか、水道の元栓を閉めて水を止める応急処置を施してから、修理業者に依頼しましょう。

■手順1:見積を依頼する
まずは、いくらで修理してもらえるのか見積を依頼します。
このときのポイントは、出張見積もりが無料の業者に見積を依頼することです。

現地を見ないと、正確に修理費を見積もることはできません。

■手順2:現地確認・見積提出
依頼の連絡を受けて、修理業者が自宅にきて状況を確認します。
状況を確認した後に、その場で見積りを出してもらいます。

このときに、見積り内容を丁寧に説明してくれるか確認をしましょう。
後で詳しく解説しますが、悪徳業者の場合は見積項目が適当で、詳しい説明もしないことが多いため、料金の説明は重要なポイントといえます。

■手順3:修理開始
トイレの便器交換など大がかりな工事を除いて、見積りの料金に納得すればその場で修理を開始できます。

■手順4:作業完了と説明
作業が完了後、作業内容の説明をしてもらいます。
きちんと修理ができているか確認しましょう。

■手順5:支払い
故障個所が修理できていることを確認し納得できたら、支払いに進みます。

修理会社によって異なりますが、最近ではクレジットカード決済やQRコード決済に対応した会社が多くなっているので、手元に現金がなくても大丈夫です。

水道修理業者を選ぶときに注意したいポイント

ここで、水道修理業者を選ぶときに注意したいポイントをご紹介します。

■ホームページから水道局指定業者を選ぶ
お住いの地域の水道局指定の修理業者をピックアップします。
水道局指定の業者であれば「悪徳業者」の可能性は低くなります。

■出張見積が無料でキャンセルOKの業者を選ぶ
出張見積もりが無料で、費用に納得できない場合はキャンセルしてもOKの業者を選びます。
基本的に優良業者では出張見積は無料ですし、キャンセルもOKとなっています。

■最低3社から見積もりを取って比較する
水まわりの修理を依頼する場合、最低3社から見積もりを取って比較するのが基本となっています。

見積もり依頼する業者に「他社にも見積もりを頼んでいるので、もしかするとお断りするかも知れません」と伝えましょう。

■見積もり以外の追加料金が発生しないこと
見積もり以外の追加料金が発生しないことは、重要なポイントになります。

見積もり金額に納得して修理を依頼したら、部品を分解した際に「○○が壊れているので、追加料金が発生します」といわれたら、いくら請求されるか不安になります。

しかもこの手は、悪徳業者が使う常とう手段です。そのため見積もりを提示されたときに追加料金が発生しない旨を確認し、その旨が見積書などに掲載されているのがベストです。

■深夜や早朝は依頼を避ける
深夜や早朝の依頼は極力避けた方が、修理費用を安く抑えることができます。

ホームページに「24時間対応」「深夜対応可能」との記載があっても、深夜料金の記載はありません。

どのような企業でも、深夜の勤務には深夜手当が発生します。その手当は当然ながら、仕事の費用に上乗せされるのが常識です。優良な業者でも、深夜や早朝に依頼すると日中に依頼するよりも見積もり金額は高くなってしまいます。

水漏れなら、水道を止めて半日我慢しましょう。トイレの水が流れないなど、緊急性のない限りは日中に依頼することをおすすめします。

水道修理は自力でできる?

ここでは、自力でも行える水道修理について解説しましょう。

■詰まりの解消は自力で可能
トイレやキッチンなどの排水口の詰まりについては、ラバーカップや真空式パイプクリーナー、ワイヤブラシなどの道具を使って、詰まりを解消することは可能です。

ただし、すべての詰まりを解消できる訳ではないので解消できない場合は、修理業者に依頼することとなります。

■水漏れはケースによっては自力で可能
水漏れはケースによって、自力での解消が可能となります。

・水道の知識がある
・DIYが得意
・ある程度の工具が揃っている

これらの条件をクリアできるなら、ゴムパッキンの交換などは自力で可能です。

しかし「YouTubeに修理動画が公開されているから、やったことはないけど大丈夫だろう」など、軽い気持ちで修理に挑むと、分解した水栓が元通りにならない、直したつもりがかえって水漏れが酷くなるなどのケースもあります。

自信のない場合は無理せず、業者に依頼するようにしましょう。

まとめ

今回は、水道の修理を業者へ依頼する際の注意点を、詳しく解説しました。
水道の修理業者は、さまざまな水まわりのトラブルに対応しています。

しかし優良な修理業者に依頼しないと、高額な修理代を請求されかねません。最悪のケースでは、高額な修理費用を請求された挙句、故障が酷くなったケースも消費者センターに相談されています。

そうならないためにも記事内のポイントを参考にして、よい業者選びをしてくださいね。

上矢印アイコン