水道工事にかかる費用は?業者の選び方も解説 | 水のトラブルは兵庫水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2022.06.05

水回り

水道工事にかかる費用は?業者の選び方も解説


家のリフォームやトイレやキッチンなど水回りを改造する際には、水道工事が必要です。

その際に、気になるのはやはり費用ではないでしょうか。
この記事では、水道工事の際にかかる費用や業者の選び方を徹底解説します。

水道工事を検討している人は、役立ててくださいね。

水道工事にかかる費用は?一般的な相場を解説

水道工事にかかる費用は、戸建て住宅と集合住宅で違いがあります。
ここでは、それぞれの相場価格を解説します。

戸建て住宅の場合
水道工事といっても工事の種類や水道管の状態、必要な部品によっても費用はさまざまです。

まず、家を建てる際に必要な給水管の引込工事にかかる費用は、水道本管から敷地内への距離によっても変わってきます。目安としては、30〜50万円ほどの費用がかかるでしょう。

また、水道メーターから各水道設備の蛇口までの室内配管工事にかかる費用は、10〜20万円ほど。

排水口から公共枡までの配管を工事する下水道配管工事には、約20〜50万円、浄化槽設置工事には、およそ90万円かかります。

水回りの水漏れや詰まりで工事が必要になる際は、5,000〜4万円ほど、分岐管理手数料や設計手数料などは、1件につき15,000円以上かかるでしょう。

マンションやアパートなど集合住宅の場合
集合住宅でリフォームする場合、約40万円の費用がかかります。

また、水漏れや詰まりなどが生じた際は、5,000〜4万円ほど、配管の改修費用には70万円ほどの費用が必要です。

ただし、マンションやアパートなど集合場所で水道工事する際は、管理規約でリフォームが認められている必要があります。

また、その場合も専用部でなければ工事ができません。専用部とは、住居者が単独で使用している部分のこと。壁や床の裏側にあるコンクリートの仕切りが目安になります。

古い集合住宅の場合、排水管が階下の天井を通っていることが少ないでしょう。
この際は、水道工事することはできません。

また、住んでいる集合住宅によっては工事が禁止されている場合も。管理規約をチェックして水道工事するようにしてください。

後悔しない水道工事業者の選び方

たくさんある水道業者は、どのような基準で選べば良いのでしょうか。
ここで後悔することない選び方のポイントを紹介します。

まず、地域密着型であることです。緊急の水道トラブルの際は一刻も早く対応してもらいたいもの。その点で、即座に対応してくれる地域密着型の水道業者は安心です。アフターフォローも充実していることが多いのが特徴です。

エリアを複数持っている水道業者に依頼する場合は、修理に詳しい専門スタッフがエリア内に点在しているかをチェックしておきましょう。

次に、実績があることです。水道業者を選ぶ際には、必ずどんな実績があるのかを確かめてください。実績は、インターネット上の口コミでチェックすることが可能。業者によっては、どんな水道トラブルに対処したかを詳しく掲載していることもあります。

それら情報を活用しながら、自分が必要とする工事を得意とする業者を選びましょう。加えて、適正価格で工事する業者を選ぶことも大切です。

多くの業者はホームページ上で料金を記載しています。しかし、これらはあくまで最低料金です。
訪問後に料金が上がるということもあり得ます。そのため、依頼前に電話で具体的な症状を説明するようにしてください。

その際に、おおよその料金を教えてくれる業者を選ぶようにしてください。

水道工事業者を選ぶときの見極めポイント

一見すると良さそうな業者に思えても、実は技術が乏しい業者だったりすることも。
どんな点に注意して見極めれば良いのでしょうか。

4つのポイントを紹介します。

下水工事に対応している
水道工事の多くは、上水道工事のことを指します。

そのため、業者のほとんどは上水道の工事専門。しかし、上下水道どちらも工事しないといけない場合、どちらかが出来ないとなると困ってしまいます。

ホームページから上下水道どちらにも対応している水道業者を選んでおくと、急な工事にも対応できます。

プロのスタッフがいるか
指定水道工事店であっても、必ず安心して依頼できるとは限りません。

技術レベルを見分けるポイントは、1級または2級の建築配管技能士が在籍しているかどうか。水道業界では、実技試験のあるこの資格を取得することで初めてスタートラインに立てると言われています。

排水設備工事責任技術者がいるかどうかも大切なポイントです。

料金の説明が明確である
明確な料金の説明を求めた際に、見積もり書を作成して作業前に承諾を得るかどうかは業者を見極める点で非常に大切なポイントです。

修理や工事を依頼する前には、まずは電話で問い合わせするようにしてください。その際に、出張費用がどれだけかかるのか、見積もり書の作成が無料かを尋ねておきましょう。

信頼できる水道業者であるなら、事前に詳しく説明してくれるはずです。
丁寧に説明してくれる対応の良い業者を選ぶようにしましょう。

保証内容が充実している
水道修理した後も、何かしらのトラブルが発生する可能性があります。

修理したらそれで終わりという業者ではなく、修理後のアフターフォローがしっかりしている業者を選ぶようにしてください。

たとえば、部品などを交換する際には、初期不良や故障などのトラブルが起きた時のために長期安心保証があると心強いのではないでしょうか。

修理後のアフターフォローが充実しているかは、業者ごとで違います。保証内容を隅々までチェックして依頼するようにしましょう。

自力で水道の修理はできる?

蛇口から水漏れなど水道のトラブルが起こった時は、水道業者を呼ばずに自力で修理することもできます。

まずは、止水栓や元栓を閉めて水道の水漏れを防いでください。場合によっては、栓を閉めた後にも水道管に溜まっていた水が流れてくることも。

水漏れ箇所にタオルや雑巾を置いて水漏れを予防してください。バケツを置いておくこともできるでしょう。

その後、どの部分から水漏れが起こっているかを確かめます。

最初にナットが緩んでいないかを見てみましょう。ナットが緩んでいると水漏れすることがあります。
この場合、ナットの締め直しだけで水漏れが解消することも。緩んでいない場合は、部品交換しなければなりません。

蛇口の部品には、ナットやコマ、バルブカートリッジ、パッキンなど数多くあります。水漏れ部分の部品が特定できた場合は、これらの部品を交換することもできるでしょう。

配水管から水漏れしているのであれば、接続部が原因であることも。蛇口からの水漏れしている場合は、ハンドルやレバー、ハンドル下やスパウト部分をチェックしてください。

一般的に、水漏れしやすい場所は接続部です。蛇口それぞれの部品の接続部を確かめて、水漏れ箇所が分かれば対応した部品を交換します。自力で出来る場合もあるとはいえ、水道の修理は素人には難しいこともあります。

判断を間違ってしまえば、水漏れトラブルが悪化する恐れも。少しでも不安がある人は、初めから水道業者に依頼してください。

工事の種類や水道管の状態、必要な部品によっても水道工事の費用は変動します。

戸建て住宅で給水管を引込工事する場合は、30〜50万円ほど下水道配管工事には、約20〜50万円の費用がかかるでしょう。

まとめ

急なトラブルが起こると慌ててしまいがち。
水道業者を選ぶ際にはインターネットの口コミをチェックして、実績豊富な業者を選んでください。

アフターフォローが充実していることも大切なポイントです。
この記事で取り上げた点に気を付けて、後悔しない業者選びをしてください。

上矢印アイコン