お風呂の排水口の臭いにうんざり!自分でできる対処方法は? | 水のトラブルは兵庫水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2022.06.28

お風呂

お風呂の排水口の臭いにうんざり!自分でできる対処方法は?

お風呂は毎日気持ちよく入りたいものですよね。お風呂の排水口からイヤな臭いがしたら、ウンザリしてしまいます。

排水口に溜まった汚れにヌメリやカビが増殖し、さらに臭いを強烈にします。臭いを解消するには臭いの元である汚れを掃除するのがよいでしょう。汚れにもさまざまな種類があり、それに合わせた掃除方法と洗剤のタイプがあります。

排水口の構造を知り、臭いの原因になる汚れに適した洗剤と方法で掃除をすることで臭いの発生を防ぎましょう。本記事では、お風呂の排水口の仕組みと効果的な掃除方法、掃除をしても臭いが残る場合の対処法を解説します。

お風呂の排水口の仕組み

ここでは、お風呂の排水口の仕組みについて解説します。排水口のヘアキャッチャー(ゴミ受け)はシャンプーで抜けた髪の毛や石鹸カス、皮脂汚れなどが直接排水管に流れ出ないようにしています。

排水トラップは、下水のイヤな臭いや虫の侵入を防ぐ役割があります。排水トラップは椀型トラップやドラム型トラップが主流です。

椀型トラップはヘアキャッチャーを取り外すとすぐにお椀型の被せ物が確認できるため、手入れが簡単です。悪臭や害虫を防いでいる周囲に貯まった水がなくなると、排水トラップとしての効果が薄くなってしまいます。

ドラム型トラップは、基本的にユニットバスや新しいタイプの浴室に設置されていることが多いです。目皿が長方形になっていたらドラム型タイプです。

長方形なので悪臭や害虫の侵入を防ぐ水が多く溜められますが、手入れはしにくいです。排水トラップの先に排水管があり、排水桝に水が流れるようになっています。

排水口が臭い!ニオイが気になったら

排水口のイヤな臭いは排水口に溜まった髪の毛や石鹸カス、皮脂の汚れが原因と考えられます。

この臭いを取り除くには排水口の掃除をして、臭いの元を取り除く必要があります。
毎日お風呂に入ってシャンプーすることで、髪の毛が抜けて排水口に流れます。そこに石鹸カスや皮脂汚れが溜まって悪臭を発し、湿気によりさらにカビも増えやすくなります。

ヘアキャッチャーだけではなく、排水トラップや排水口の奥にもヌメリで汚れが残ります。対処法はヘアキャッチャーと排水トラップを分解してきれいに掃除をすることです。

髪の毛はタンパク質を溶かす働きがある、次亜塩素酸ナトリウムや水酸化ナトリウムが含まれている液体パイプクリーナーを使って掃除をするのが最適です。

身体を洗う度に出てくる古くなった皮脂や垢の汚れは「酸性」であるため、「アルカリ性」の重曹を使うと落ちやすいです。シャンプーや石鹸カスは「アルカリ性」で、「酸性」のクエン酸で落とすことができます。

日々の汚れが蓄積してしまうことで、下水のようなイヤな臭いや詰まりの原因になります。そのままに放置していると、より深刻な詰まりになって業者に修理を頼まなければいけない事態になってしまいます。そうならないためにも、定期的に掃除をして清潔さを保ち、イヤな臭いがしないお風呂にしましょう。

排水口を効果的に掃除するには

お風呂の排水口の水の流れが悪かったり、悪臭がしたりするときは排水口の詰まりが原因と考えます。

ヘアキャッチャーのゴミを取り除き、排水トラップ内に溜まったゴミや汚れを取り除きます。これで水が流れるのであれば軽度な詰まりですが、まだ水の流れが解消されなければ、詰まりを解消させるアイテムが必要です。便利なアイテムは次のようなものがあります。

・ワイヤーブラシ
・ラバーカップ
・真空式パイプクリーナー
・液体パイプクリーナー

ワイヤーブラシは、細長いワイヤ―の先端にブラシが付いたものです。これを使用して奥に詰まったものを削り落として取ります。詰まりが削られることで、穴があいて水が流れます。

トイレが詰まった時に使われるラバーカップも、お風呂の排水口の詰まりを解消します。この場合、カップのゴムの部分が排水口の大きさに合ったものを購入しましょう。排水口にカップを密着させ、隙間ができないように排水口に対して垂直に置きます。カップを排水口に強く押し付けてから、一気に引き上げると詰まったものが引き上げられて水が流れます。

ラバーカップより吸引力が強力なのがホームセンターなどで購入が可能な真空式パイプクリーナーです。価格は2,000円~3,000円ほどです。

排水口にゴムカップの部分を密着させて、手持ち部分のレバーを押してから引っ張って詰まりを吸引します。一度で詰まりが解消されない時は2,3度繰り返し、詰まりを解消させることで水が流れます。

液体パイプクリーナーは汚れや異物など詰まっているものを溶かす効果があります。ドラックストアなどで販売しているため、軽度の詰まりの解消や日頃から詰まり防止のために役立ちます。液体パイプクリーナーを使用するときは、排水口カバーとヘアキャッチャー、排水トラップを取り外します。

排水管の内側に沿って液体パイプクリーナーを流し入れます。30分程そのままにして、水かお湯を排水口にかけて溶けた汚れを洗い流します。掃除をしないで放置していると、汚れもしぶとくなり頑固な汚れは掃除をますます億劫になってしまいます。

そうなる前にこまめに掃除をして、汚れを簡単に落ちるようにしましょう。できれば掃除は、短時間で済ませたいものです。

掃除をしても排水口が臭いときは

排水口の臭いの原因は排水口の詰まりや汚れから起こります。軽度の場合は自分で掃除をすることで臭いも収まりますが、重度になると自分では解決できないこともあります。

掃除をしても排水口の臭いが解消できない時は、専門業者に依頼して見てもらいましょう。自力で解決できなかった場合には、排水口の異常が排水管の奥から排水桝で起こっている可能性が考えられます。

排水桝は汚れた生活排水が下水へ直接流れないように、一時的に排水を止める役割をしています。建物の排水管と下水管のつなぎ目に設置されています。そこが詰まると排水が逆流し、排水管から排水口へ水が溢れてきて悪臭を発します。排水桝は配管が地中に埋まっている部分が多いため、業者によって高速洗浄を行わなければいけません。

排水管は排水口に逆流しないように下水管に向かって、勾配をつけて設置されています。地震や地盤沈下などによりこの排水管の勾配が変わってしまったら、水の流れも悪くなり排水口に悪臭が漂います。この場合は業者によって排水管の引き直しが必要になります。

業者に作業を依頼することになると、工事内容によっては費用も高額になります。工事業者を選ぶときは、複数社に見積もりを取って工事内容と費用を納得して信頼できる会社に頼みましょう。

まとめ

お風呂の排水口のイヤな臭いは、排水口の詰まりが原因です。排水口をこまめに掃除することで未然に防ぐことができます。詰まりは毎日入浴した際に抜けた髪の毛、体から出た皮脂汚れ、石鹸カスによるものが主です。家族の人数が多いほど、排水口に汚れが溜まります。

ヘアキャッチャーに溜まった髪の毛を取って、液体パイプクリーナーを排水口にかけるだけでも排水管の髪の毛や皮脂のヌメリを溶かし、詰まりを予防できます。また定期的に排水トラップを分解して丁寧につけ置き洗い、細かい汚れは歯ブラシなどで掃除をして、汚れを溜めず、イヤな臭いを発生しない排水口にしましょう。

上矢印アイコン