キッチンの水漏れを発見したら?業者へ依頼するときの注意点も解説 | 水のトラブルは兵庫水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2022.06.28

キッチン

キッチンの水漏れを発見したら?業者へ依頼するときの注意点も解説

キッチンから水漏れが発生し、対処に困ったことはありませんか?キッチンからの水漏れを放っておくと、他のエリアにも被害が拡大して、対処が困難になってしまいます。

また、水漏れは場合によっては、アパートやマンションで階下にも迷惑をかけてしまう恐れもあります。キッチンの水漏れを発見した際には、迅速な対応が重要になります。

では、実際に水漏れを発見したらどうすればよいのでしょうか?
今回は、キッチンの水漏れの対処や、修理を業者に依頼した時の注意点について解説します。

キッチンの水漏れはなぜ起きる?

キッチンで起きる水漏れの原因は、一箇所に限りません。

そのため、水漏れが起きやすい場所をすべて確認する必要があります。では、キッチンではなぜ水漏れが起きるのでしょうか?

ここでは、キッチンで水漏れが起きる原因について解説します。

蛇口が壊れている
キッチンの蛇口周辺で水漏れが確認できる場合、蛇口の本体が故障している可能性が考えられます。また、パッキンなどの部品が劣化している可能性もあるので、1つ1つ細かく確認していくことが大切です。

シャワーホースが付いている蛇口の場合は、シャワーホースを使用する際に伸縮させることで、ホースが摩擦などで亀裂が入り、破損してしまいます。シャワーホースの破損による水漏れは、ホースごと修理が必要になります。

排水ホースがずれている、または壊れている
キッチン下から水漏れが発生している場合、排水ホースの破損やずれによって水漏れを引き起こしている可能性が考えられます。水漏れが発生した際には、まずどの部分に亀裂が入っているかを確認しましょう。また、ビニール製の排水ホースは経年変化による劣化が激しいため注意しましょう。

排水ホースに亀裂が確認できない場合は、排水ホースがずれてうまく接続されていないことで、水漏れが発生している可能性が考えられます。その際には、ナットの緩みやパッキンの劣化具合を確認し、しっかり連結できているかチェックしましょう。

排水トラップのパッキンが劣化している
キッチン下の水漏れで排水ホース以外に考えられるケースが、排水トラップのパッキンが劣化していることで水漏れが発生しているケースです。

排水トラップはシンクの真下に位置しています。排水トラップ本体の外側へ水が漏れている場合は、シンクと排水トラップの間のパッキンの劣化が考えられます。

パッキンは、通常10年から15年程で交換時期を迎えます。長期間交換せずに使用している家庭は、注意しながらキッチンを使用しましょう。

キッチンから水漏れしたら、まずやるべきこと

キッチンの水漏れを発見した際には、慌てず対応することが大切です。しかし、ゆっくり慎重になりすぎると、時間の経過とともに水漏れの被害が拡大してしまうので、事前に対処法を頭に入れておく必要があります。

業者に修理を依頼する際にも、自宅に到着するまでの時間でできる限りの応急処置を行いましょう。応急処置の方法としては、まず止水栓を閉めることから試しましょう。キッチンの場合は、シンクの下に止水栓が設置されているので、すぐに対応できますが、場合によってはマイナスドライバーが必要です。

止水栓は、手動で回せば閉められるタイプと、マイナスドライバーで閉められるタイプがあるので、マイナスドライバーが必要な場合は、キッチンに常備しておくことをおすすめします。
しかし、止水栓がサビなどでうまく閉められない場合があります。

その際には、水道の元栓から閉めてしまいましょう。水道の元栓は、通常屋外にあります。マンションなどの場合は、玄関の横のメーターパネル付近、一軒家なら、水道メーター付近に設置されています。

水道の元栓を閉めることで、確実に水を止めることが可能ですが、トイレや洗面台などの水もすべて止まるので、元栓を閉める時には注意しましょう。また、元栓を閉めている時間が長いと、生活に支障が出てしまうので、迅速に業者に連絡して対応してもらうことが大切です。

止水栓でも、元栓でも、水漏れが止まらない場合は、水漏れが発生している場所に器やバケツなどを置き、一時的にしのぎましょう。

水漏れの修理業者、どこに連絡すべき?

キッチンの水漏れが自分で対処できない場合、業者に依頼して修理を行いますが、水漏れの修理業者は、どこに連絡するべきなのでしょうか?キッチン周りの水漏れは、水道業者に修理を依頼することで、場所を問わず対応してもらえるでしょう。

しかし、気になるのは作業内容や料金形態ですよね。自分で対処すれば、部品の交換代などだけで済みますが、業者に依頼した場合、どのくらい費用が発生するのでしょうか?ここでは、主な水漏れ修理の費用相場について紹介します。

まず、部品交換を必要としない、位置の調整やずれを解消させる簡易的な修理ですが、約5,000円から1万円の範囲で修理できます。自力で修理できる範囲なため、場合によっては高くつくかもしれませんね。

パッキン交換は約5,000円から1万円、排水ホースの交換は、約1万円から2万円と考えておきましょう。この費用は、パッキンや排水ホースのサイズによって変動する可能性があるので、事前に確認しておく必要があります。

排水トラップや排水パイプの交換は、約1万円から2万円程度かかるでしょう。こちらもパーツの交換にはなりますが、交換には少々大掛かりな作業が必要になるため、工賃が高くついている可能性があります。

単水栓や混合水栓の交換ですが、どちらも約1万円から2万円程で交換できます。水栓は、サイズや搭載している機能によって料金が変動するかもしれません。

このように、部分によって料金の幅に大きな差がありますが、業者によっては、独自の料金形態を採用していることもあるので、必ず見積もりを取るようにしましょう。複数の業者から見積もりを取ってもらうことで、およその相場が確認できます。

また、部品代が含まれているかなどのサービス内容もよく確認しておくのもポイントです。作業後に、当初なかった追加料金を請求されないためにも、サービス内容の詳細を知っておくとよいでしょう。

キッチンの水漏れを予防する方法

キッチンの水漏れを予防するには、排水管のつまりの対策をするのが近道です。

キッチンを使用していくなかで、よく水が流れにくくなったり、変な音が聞こえる時は、使用方法を改めましょう。

1回の料理で発生する生ごみや油は少量でも、1週間もすれば、それなりの量が蓄積されてしまいます。そのため、安易に生ごみや油を排水口に流さないように気をつけましょう。使い方を改善するだけで、大きな予防効果を発揮します。

さらなる予防方法として、排水口にネットを被せておく予防方法があります。これは、生ごみを直接排水管へ流れないようにキャッチしておくネットになります。基本的にこのネットは使い捨てですが、交換費用も安いため、大掛かりな修理にかかる費用を考慮すれば経済的です。

また、数週間に一度は、排水管を液体クリーナーで洗浄する習慣をつけましょう。排水口周りをきれいにしても、排水管には油汚れが付着しています。油汚れは蓄積されると落としにくくなり、つまりや水漏れを発生させる原因になるので注意しなければなりません。

まとめ

この記事では、キッチンの水漏れの原因や自分でできる対処法、業者に依頼した場合の注意点などについて解説しました。

水漏れは気づかないうちに発生していることも多く、発見した時にはもう手遅れなんてケースも少なくありません。タイミングによっては、大規模な修理が必要になってしまい、費用や手間が増えてしまいます。

日頃から自分でできる対策を徹底して行い、水漏れによるトラブルを未然に防ぎましょう。

上矢印アイコン