キッチン水栓の交換方法と手順、費用相場を徹底解説 | 水のトラブルは兵庫水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2022.06.29

キッチン

キッチン水栓の交換方法と手順、費用相場を徹底解説

キッチンは生活に欠かせないもの。キッチン水栓にトラブルが発生すると、使い勝手が悪くなるので、交換したくなりますよね。

しかし、気になるのはその交換費用。現在では、種類や機能によって水栓の数は幅広く、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。では、キッチン水栓の交換方法や費用相場はどのくらいになっているのでしょうか?

今回は、キッチン水栓の交換方法と手順、費用相場について解説します。

キッチン水栓の種類ごとの特徴

キッチン水栓の種類はたくさんあります。一般的に各家庭で使用されている水栓の特徴から最新の水栓の特徴まで、ポイントを押さえていれば、水栓を選ぶ際の参考になります。

どのキッチン水栓を選ぶ際にも、現在の使用環境や使用人数などから検討するとよいでしょう。では、具体的にキッチン水栓にはどのような種類があるのでしょうか?

ここでは、キッチン水栓の種類ごとの特徴について解説します。

単水栓
単水栓は、ハンドルが1つのみというシンプルな形状の水栓です。キッチン以外でも、洗濯機や学校の蛇口などでも使用されていますが、大きな特徴として、水がお湯のどちらかしか出すことができないということです。

基本的には、水が出るケースが多いですが、水であればハンドルに青い印、お湯であればハンドルに赤い印が目印としてついています。水栓の形状も機能面も非常にシンプルなので、誰にでも扱いやすく、費用も1,000円台から交換できるなど、リーズナブルです。

現在では単水栓でも、ハンドル部分が握りやすい形状になっているなど、デザイン性に凝ったものもラインナップされています。形状が異なると、少し費用も上がってしまうので、単水栓の交換を考えている際には、ハンドルの形状を重点的に確認してから検討しましょう。

ツーハンドル混合水栓
ツーハンドル混合水栓とは、1つの蛇口に対して、水を出すハンドルとお湯を出すハンドルの2つがついている形状の水栓です。単水栓と同様に、水が出るハンドルには青い印、お湯が出るハンドルには赤い印がついています。

水しか出さない場合は、冷水がそのまま出てきますが、お湯しか出さない場合は、そのまま熱湯が出てくることがほとんどで、その際には、水のハンドルを併用して温度調節しながら使用します。

キッチン以外にも、バスルームについていることもあります。ツーハンドル混合水栓は、キッチン水栓でも比較的安く交換でき、一般的なツーハンドル混合水栓なら5,000円から6,000円程度で交換できます。

しかし、デザイン性の高い水栓で、材質や形状に凝ったものであれば、1万円前後から手に入るでしょう。

シングルレバー混合水栓
シングルレバー混合水栓は、1つの蛇口にレバー式のハンドルがついている水栓です。

レバーを上下させることで水を出すことができ、上に上げるほど水量が強くなっていきます。また、レバーを左右に動かすことで、水とお湯を調節できるので、別々のハンドルで温度調整する必要はありません。

また、他の水栓にくらべて場所を取らないので、狭いキッチンでも活躍します。片手でも操作できる部分も大きな特徴なので、キッチンでは重宝されています。

シングルレバー混合水栓は、さまざまなメーカーで取り扱いがありますが、平均的に6,000円程度から購入できるでしょう。シングルレバー混合水栓は、種類によってシャワー状に水の出方を変更できる機能がついているものもあります。その場合、約1万円程度から手に入るでしょう。

サーモスタット混合水栓
サーモスタット混合水栓は、横長のハンドルに蛇口が1つついているタイプの水栓です。

横長のハンドルの両端に、それぞれ水温を調節するハンドルと水量を調節するハンドルがついています。

サーモスタット混合水栓の大きな特徴として、ハンドルで水量を調節しても、水温が変化しにくいので、一定の温度で保ちたい場合におすすめです。また、一回温度をハンドルで設定してしまえば、毎回温度調節する必要がありません。

サーモスタット混合水栓の本体は、約1万5,000円程度から交換できます。通常のデザインでも水栓の仕組みが複雑なため、費用が高くなります。また、デザイン性に優れたものが数多く、価格帯も幅広いのも特徴です。

タッチレス水栓
タッチレス水栓は、ハンドルに触れることなく、手をかざすことで水を出せる水栓です。

ハンドルに触る必要がないため、料理中でも汚すことなく水を出すことができ、ハンドル周辺に油汚れや水アカが溜まりにくいのが魅力です。また、雑菌なども溜まりにくいので衛生的です。

タッチレス水栓は、デザイン性に優れたものが多く、選びがいのある水栓ですが、センサー式のため、電源が必要になることも覚えておきましょう。機能や構造が複雑であることから、交換費用は3万円台からで、他の水栓と比べると大幅に費用が高くなります。

キッチン水栓を交換するときの目安

キッチン水栓を交換するタイミングがわからない人も多いのではないでしょうか?

水の出方がおかしいなど、目で見てわかる場合、交換するタイミングを把握しやすいですが、水栓の内部の不具合の場合は、気づきにくく、そのまま使用してしまうケースも少なくありません。

まず、交換すべき目安として、使用開始から10年と考えておきましょう。水栓の耐用年数は、どのメーカーでも一般的に10年とされています。使用頻度によって、劣化具合も変わってきますが、蛇口本体の故障の場合や部品の劣化など、トラブルの原因はさまざまなので注意しましょう。

また、年月が経過している水栓は、部品の生産が終了しているケースが多く、部品の在庫がなかったり、取り寄せに時間がかかる場合があります。交換時期が遅れるほど、生活に支障をきたしてしまうため、部品の入手が困難な場合は、本体ごとの交換を検討しましょう。

サビ付きや根元のぐらつきも交換のサインです。掃除で対処できる場合がありますが、そのまま使用を続けると水漏れを発生させてしまい、処理が大変になります。無理矢理使い続けるのは控え、交換を検討しましょう。

水栓を交換するときの手順

水栓を交換する際には、まず初めに止水栓か蛇口の水栓を止めるようにしましょう。交換中に水が吹き出して水浸しになる恐れがあります。

交換手順はまず、ネジを緩めてハンドル部分を分解しましょう。レバー前面やハンドルについているカラーキャップを外すことで分解できます。

その後、ツーハンドル混合水栓の場合はナットを外して、バルブを引き抜きます。シングルレバー混合水栓の場合は、カートリッジを取り外し、スパウトと呼ばれる水を出す部品を引き抜いたら、分解は完了です。

すべて取り外したら、新しい水栓を取り付けていきますが、メーカーによって説明書の記載方法が異なるので、必ず確認しながら慎重に作業しましょう。取り付けが終了したら、水が正常に出てくるかを最終確認します。

キッチンの水栓を交換するときの費用

キッチン水栓の交換で気になるのが費用面です。取り付ける水栓の種類によって異なりますが、約1万円から2万円が相場になるでしょう。機能面やデザイン性に特化したモデルはもう少し費用が高くなります。

業者に取り付けを依頼する際には、本体価格とは別に作業工賃が発生するので、割高になってしまいます。水栓によって取り付ける難易度は多少異なりますが、自分で作業できそうな水栓の場合は、自力で取り付けた方がかなり費用を抑えられるでしょう。

まとめ

この記事では、キッチン水栓の種類や交換方法、費用相場について解説しました。

キッチンの水は、料理などに使う上で非常に大切な部分です。そのため、キッチン水栓は、使用できなくなる前の事前の交換が重要です。

水栓の寿命は平均的に決まっていますが、こまめに掃除をして汚れを取っておくだけでも、劣化を防ぎ、少しでも長く使用できる可能性があります。キッチンの水栓は使用状況をよく考慮して、自宅に適した水栓を選びましょう。

上矢印アイコン