排水管はどうやって掃除するのがおすすめ?掃除が必要なケースとは | 水のトラブルは兵庫水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2022.10.12

水回り

排水管はどうやって掃除するのがおすすめ?掃除が必要なケースとは


排水管の汚れによる悪臭や害虫の発生に困っていませんか?排水管は掃除せず放置していることで、様々な汚れの温床になります。そのため、こまめに排水管を掃除しておく必要があります。

しかし、掃除してもうまく汚れが取れず、排水管の掃除方法がわからない人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、排水管のおすすめの掃除方法や掃除が必要なケースについて解説します。

排水管はどうやって掃除するのがおすすめ?

排水管の掃除方法をマスターしておくことで、キレイな状態を維持できます。排水管の掃除は、自宅にあるもので手軽にできるものも多いので、日々の生活に取り入れやすいのも特徴です。

では、具体的にどのような掃除方法が効果的なのでしょうか?ここでは、おすすめの排水管の掃除方法について解説します。

排水管に勢いよくお湯を流す
排水管に勢いよくお湯を流す方法は、一番手軽であり簡単な掃除方法です。まず、用意するものとして、使い古した雑巾やタオル、50℃程度の温めたお湯を用意しましょう。

排水トラップなどのパーツを事前に取り外し、排水管が見える状態にしましょう。ここで、排水管に雑巾やタオルをつめていきます。雑巾やタオルは、最終的に引き抜くため、手で掴める程度の長さは残しておきましょう。

雑巾やタオルをつめたら、そこに50℃程度に温めたお湯を注いでいきます。最後に、お湯が溜まった状態のまま、つめた雑巾やタオルを勢いよく引き抜きます。

パイプクリーナーを使用する
パイプクリーナーを使用した掃除方法もおすすめです。パイプクリーナーは、ホームセンターやネットショップで買い揃えておく必要がありますが、一度購入しておけば、今後複数回は使用できるため便利です。

パイプクリーナーを使う際のポイントは、お湯と併用するということです。お湯と併用することで洗浄効果が高まり、汚れが分解されやすくなります。使用するお湯は、50℃程度のものが望ましいです。

お酢と重曹を使用する
お酢と重曹を使用した掃除方法も効果的です。これも、パイプクリーナーと同様、一度買い揃えておくことで今後複数回にわたって使用できます。

お酢は、使用する重曹の半分を用意しましょう。排水管に重曹を直接振りかけ、その上からお酢をかけてさらに、その上から50℃程度のお湯を流します。その後約30分放置したら、また適温のお湯を流し込んで掃除は完了です。

排水管の掃除が必要なケースとは

排水管の掃除が必要なケースは、どのような場合なのでしょうか?排水管のトラブルでよく発生する悪臭や害虫の発生以外にも、掃除が必要な場合があります。

そのため、日頃お手入れをしている人も、もう一度掃除の必要性を確認しておきましょう。ここでは、排水管の掃除が必要なケースについて解説します。

悪臭や害虫が発生している場合
一般的な排水管のトラブルの多くが悪臭や害虫の発生によるものですが、実際にトラブルが発生する前に、なるべく対策しておくことが重要です。

主に、髪の毛や衣類の繊維、生ごみなどの固形物が流れる洗濯機やキッチンで発生しやすい特徴があります。

汚れが蓄積されることで、排水管から部屋に悪臭が充満してしまうので、事前に排水管をキレイに洗浄しておく必要があります。

排水管から水漏れが発生している場合
シンクの下や洗面台の下にある排水管から水漏れが確認できた場合は、排水管の掃除とともに接続されているパーツの点検作業も必要です。

パーツの緩みや劣化具合を確認しても異常が見られない場合は、排水管のつまりによる水漏れの可能性が考えられます。普段は目に付きにくい場所でもあるため放置しやすいですが、そのままにしておくと黒カビや腐食の原因にもなってしまいます。

悪臭や水漏れも起きていない場合
悪臭や水漏れが起きていない場合でも、排水管の内部がつまることで掃除が必要になります。排水管の内部は目に見えない部分なので、知らないうちに髪の毛やホコリなどが溜まりやすい場所でもあります。

排水管のつまりは、汚れを蓄積させる前に対処すれば問題ないため、早めの対応を意識しておくことが重要です。

排水管の掃除は定期的に行うことが大切

排水管の掃除は、定期的に行うことで大きなトラブルを未然に防げます。排水管の掃除は、水回りによって多少方法や掃除頻度が異なりますが、清潔な排水管を保つためにも意識して掃除しましょう。

まず、掃除する回数の目安として、家族が多い場合や使用頻度が高い水回りは、回数を増やして掃除するようにしましょう。特に、キッチンは生ごみに加え、洗剤や油汚れも同時に流れるため特に汚れやすい場所です。主に、週に2回から3回の掃除がおすすめです。

お風呂場においても、週に1回は必ず掃除するようにしましょう。お風呂場もキッチンと同様、髪の毛や皮脂汚れ、洗剤が同時に流れる場所で汚れやすいのが特徴です。

髪の毛や生ごみなどは、排水管に流れる前に取り除ける場合もありますが、油や洗剤は、水と一緒に排水口の奥まで一緒に流れてしまうため、事前に対処しにくいのが難点です。そのため、こまめな掃除を習慣化する必要があります。

生活の一部に取り入れるのは、意識的に行わないとなかなか難しいですが、現在では、手軽な掃除で済むアイテムも多く販売されています。

主に、市販の排水管ネットやヘアキャッチャーを使用して、なるべく汚れが排水管に蓄積されるのを防ぐようにするほか、定期的に排水溝に直接お湯をかけて、汚れをふやかして分解しておくなどを意識すれば簡単に掃除できます。

また、集合住宅などで排水管の掃除が自力で行えない場合は、管理組合などが代わりに掃除します。しかし、掃除する頻度や回数は決まっていることが多いため、排水管に汚れが溜まりやすい場合は、個別に相談しておくのがおすすめです。

業者に依頼するメリット

排水管の掃除は、業者に依頼して対応してもらうこともできます。自力で行うよりかは手軽で、確実に汚れを除去してくれるので安心です。特に、水漏れや悪臭などが発生しておらず原因がわからない時は、業者に掃除を依頼すると解決できます。

業者によっては、24時間365日対応している業者も存在します。夜間や早朝に排水管のトラブルが起きた際でも対応してくれるため安心ですが、なるべく近場で専門の業者を見つけておくことで素早く駆けつけてくれます。

また、業者によっては、アフターサービスが充実していることがあります。アフターサービスは、特に掃除後の万が一のトラブル再発に関する保証に関して注目しておきましょう。

アフターサービスによって無償で再度対応してくれるほか、保証期間内であれば直後でなくても保証を適用できるので安心です。

まとめ

この記事では、排水管のおすすめの掃除方法や掃除が必要なケースについて解説しました。排水管のトラブルは、水回りの使用頻度や使用状況によって異なります。自宅の使用環境に見合った掃除方法で対応することが大切です。

また、緊急時の対応は、業者に任せることが大切です。いつでも業者に依頼できるように、念のため事前に依頼する業者をある程度決めておくか、見積もりで概算を把握しておくとスムーズに依頼できます。

上矢印アイコン