トイレつまりが発生したら便器の取り外しは必要?修理費用はいくら? | 水のトラブルは兵庫水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2022.10.31

トイレのつまり

トイレつまりが発生したら便器の取り外しは必要?修理費用はいくら?

現在トイレつまりを解消できる商品が多く販売されているため、自分でトラブル解消できるケースも増えています。

本格的につまりを解消したい時は、便器の取り外しが必要となる場合もあります。

便器を取り外すのはかなり大がかりですが、このような方法があることを知っておいて損はないでしょう。

では、どういった場合にトイレの便器を取り外す必要があるのか、またその修理費用はどれくらいかかるのかをご紹介していきます。

便器の取り外しが必要な場合はどんな時?

トイレつまりが起こっても、便器の取り外しが必須なわけではありません。
では、どのような場合に便器の取り外しが必要になるのでしょうか。

トイレットペーパーを大量に流してしまった場合
本来であれば詰まる要素が少ないものでも、大量に流したことで詰まってしまうことがあります。トイレットペーパーや流せるウェットティッシュ、排泄物などは普段から流していますが、量によっては詰まってしまう可能性もあるのです。

たとえば、以下のようなケースがつまりの原因としてあげられます。

・掃除で使用した流れるウェットティッシュをまとめて流した
・ペットの糞を大量に流した
・子供がトイレットペーパーで遊んでしまって、まとめて流した

このようなケースは、珍しいことではありません。

一時的に詰まってしまっても、トイレットペーパーなどの詰まりの場合は少し待てば自然と流れる場合もあります。

しかし、流れるまでの間トイレが使用できないうえに、いつ流れるかはわかりません。このような場合も業者に依頼するのが適正な判断といえるでしょう。

また、上記のような場合でも絶対便器を取り外さなければいけないとは限りません。便器を外す必要があるかは素人では判断ができかねるため、業者に依頼し判断してもらいましょう。

トイレットペーパー以外の異物を流してしまった場合
トイレットペーパー以外の異物を流してしまうと、トイレつまりが発生しやすくなります。

トイレに間違えて流してしまうものとしては、オムツ、スマートフォン、子供のおもちゃ、小銭、文房具、メガネ、などが多いです。

手が滑って落してしまったり、子供のいたずらなどが原因でしょう。

特に厄介なのは、オムツを流してしまった時です。オムツはもともと水分を多く吸収できる素材でできています。そのため、間違えて流してしまうと排水管の奥で水分を吸収し続けて肥大化し、完全に水をせき止めてしまいます。

このような場合、時間が経つにつれて水があがってきてしまうので注意が必要です。

異物を流した際には、基本的に業者に頼む必要があります。なぜなら、完全に異物を取り除くことができないと、あとから流したものが異物にひっかかり、またトラブルを招くことになるからです。

自分で作業を行うと、完全に取り除けたのか判断できません。そのため、業者に頼んで排水管の内部を確認してもらうようにしましょう。

修理費用の相場はいくら?

トイレの便器を取り外すとなると、一番気になるのは修理費用です。一体どれくらいの相場なのでしょうか。

取り外し費用の相場と取り外し以外にかかる費用
便器の取り外しにかかる費用の相場は、20,000〜30,000円程です。あくまで相場なので、10,000円程で行っている業者もあれば、50,000円近くかかる業者もあります。

そして気をつけてほしいのが、上記で紹介したのは取り外しにかかる費用のみの相場であることです。

トイレの修理全体にかかるお金は、この費用にプラスされた上で決定します。では、取り外し以外にかかる費用はどのようなものがあるのでしょうか。

・基本料金 4,000円程
・出張費 4,000円程
・早朝や深夜の対応料金 8,000円程
・作業料金(高圧洗浄、吸引ポンプ、ローポンプなど) 7,000〜17,000円

基本料金と出張費に関しては無料の業者もあります。早朝や深夜の対応でプラスの料金がかかることは多いので、緊急性が高くないかぎり日中に依頼する方がいいでしょう。

作業料金は業者によって大きく幅があります。また、詰まりの重度によっても作業内容がかわるので、業者の料金表を確認するようにしましょう。

費用を安く抑えるには
前述した料金の相場をみると、全体で20,000〜50,000円程費用がかかることがわかります。また、高い場合だと70,000〜80,000円かかってしまうこともあるでしょう。

急なトラブルは思わぬ出費なので、できるだけ費用を安く済ませたいですよね。そこで、修理費用を安く済ませる方法をご紹介します。

まず1つ目の方法は、トラブルが軽いうちに修理を依頼することです。軽度な詰まりの場合は、そもそも便器を外さなくて済む可能性があります。そうなれば、専門道具のみでの対応になるので、大幅に料金を安くおさえられるでしょう。

2つ目の方法は、追加料金が発生しない業者を選ぶことです。作業の時間が延長したり追加の作業が加わったりすると、追加料金を求めてくる業者もいます。見積もりを依頼する際には、追加料金が発生しないことを事前に確認しておくことで安心できるかもしれません。

3つ目の方法は、割引やキャンペーンを利用することです。便器の取り外しは、さまざまな作業の中でも特に大掛かりで費用も高額です。

そのため、業者の中には割引やキャンペーンを行っているところもあります。たとえば、初回限定30%オフや、20,000円以上お支払いの場合5,000円引きなど、こういったサービスを利用するとかなり負担が減ります。割引やキャンペーンは積極的に利用しましょう。

業者に頼む際の注意点

一般の方には相場が分かりづらい業界なので、複数ある業者の中には必要以上に料金を請求してくる悪徳業者も存在します。では、そのような業者に引っかからないためには何に注意したらいいのでしょうか。

まずは、複数の業者に見積もりを依頼することが大事なポイントです。見積もりに関しては無料で行ってくれる業者が大半なので、積極的に依頼しましょう。見積もりを比べることで相場がはっきりとわかりますし、他の業者で出してもらった見積もりを提示して値引きの相談もできます。利点しかないので、手間を惜しまず行いましょう。

また、見積もりを依頼した際は事前にホームページに載っている料金表を確認しておきましょう。やましいことがない業者は、基本的にホームページに料金表を載せています。

ホームページに詳しい料金が載っていなかったり、あまりにも見積もりより高額な場合は危険だと思ってください。全ての業者が信用できるわけではないことを覚えておきましょう。

まとめ

トイレつまりが発生すると、多くの人はまず自分で解決しようとするでしょう。今はトラブルを自分で解決できるような製品が多く販売されているので、業者に頼まずに済むパターンもあります。

しかし、あまりにも詰まりがひどい場合やトラブルがなかなか解決しない場合、専門業者に依頼するのも手です。軽度の状態で依頼すれば、便器を取り外す作業が必要ない場合もあるので、早めに決断するようにしましょう。

上矢印アイコン