詰まりの原因を把握すれば対処法が見えてきます | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.01.22

トイレのトラブル

詰まりの原因を把握すれば対処法が見えてきます

排水管の破損により詰まることも

トイレは経年の影響を確実に受けています。
排水管が老朽化・破損すれば、それが詰まりを引き起こすことがあります。
詰まりといえば何かを落とすことで発生すると思われがちですが、経年の影響もあるのです。
 
ただ一般的に詰まりが発生した場合、その多くは落下物が原因になっています。
何も流していないのに、トイレの詰まりが発生することはありません。

日常的な詰まりの原因はトイレの使用

トイレを使用していないのに、排水路が詰まることはないです。
排泄物とトイレットペーパーが原因のほとんどです。
たとえば今日は排泄物が多く感じる、おしりをふく回数が多い、などと感じたときは詰まりやすいと言えます。
 
それ以外のケースでは溶けないもの、いわゆる固形物の落下が原因となります。
後者はうっかりミスで落とすケースが認められており、子どものおもちゃ、携帯電話、ボールペンなどは意外と多いです。
 
ほかにも車の鍵がなくて困っていたら、トイレに詰まっていたというケースもあります。
いずれにしてもトイレを使用することがきっかけで問題が起こっているのです。
 

ティッシュペーパーを流してはいけないわけ

トイレットペーパーとはまったく性質が異なり、流すことを前提に作られていないからです。
ティッシュペーパーは水でほぐれませんが、これは使い勝手のよさを考慮しています。
 
一方でトイレに流すことを考えると向いていません。
ほぐれないからこそ詰まるリスクが高く、
特に排水路の狭くなっている部分に引っかかる可能性があります。
 
トイレットペーパーを切らしており、
ボックスティッシュやポケットティッシュなどを使用するケースなどは要注意です。

固形物を落としたら面倒でも取り出しましょう

固形物は無意識のうちに落下させるケースが多いですが、
落下した時点で気づかれる方もいます。
そうした場合は取りあえず流してしまう方がいますが、これは詰まりを招く原因になります。
 
確かに便器から取り出すことには抵抗を覚えるかもしれませんが、運よく流れてくれるとは限りません。
固形物を流したときに詰まるかどうかには、運の要素が大きく関係しています。
無理に流すのはリスクの高い行為であるため、面倒でも取り出すことをおすすめします。
 
ご自身で取り出すのであれば、ラバーカップや真空式パイプクリーナーなどが重宝するでしょう。
詰まりは排水口から近いほど取り出しやすく、奥に進んでいくと難しくなります。

トイレに流してよいモノでも注意が必要?

お掃除シートやペット用品などには、トイレに流せるタイプがあります。
ただし説明書きに記載されている使用量を超えて流すと、詰まる可能性があるので注意してください。
ちょっとくらいなら大丈夫と自分で判断し、流すことでトイレの詰まりは発生するのです。
 
トイレには専用のゴミ箱を設置している家庭が多いですが、便器に流せばゴミ箱は不要と考えてしまう方も一部にいます。
確かになんでも流せる仕組みならば最高ですが、トイレは流すものが基本的に2種類に限定されています。
 
排泄物とトイレットペーパーを流すことを前提にしており、そのために排水口・排水路などの形状が設計されているのです。
たとえトイレに流せるものであっても、大量に流さない心構えが必要です。

ラバーカップで取り出そう

プラスチックなどの固形物に加えて、トイレットペーパーや布などを流して詰まった場合もラバーカップが使えます。
ただしラバーカップを使用すると排水管に負担がかかり、特に接続部分にダメージを与えます。
 
過度に使用すると漏水の原因となりかねませんから、
ラバーカップの扱いに慣れていない方はプロに依頼したほうがよいでしょう。
トイレの詰まりは原因に応じて対処法が異なるので、
原因がわからない状態ではご自身で対処しないほうがいい場合が多々あります。
修理費用を抑えるために挑戦し、トイレを故障させて余分な費用がかかるようでは本末転倒でしょう。

気軽に試せる方法は薬品洗浄

トイレの排水管を洗浄するために役立つのが薬品洗浄です。
業務用ではなくホームセンターに置かれている家庭用の薬品でも、詰まりを取り除けるケースがあります。
 
プラスチックや金属類などは溶かせませんが、
ティッシュペーパーやシート、布類などはやわらかい状態に変えられます。
ただ経年によって大量の汚れが付着している状態、
大量にモノを流した状態などでは、業務用の薬品洗浄が必要になるでしょう。
 
水道修理業者の基本作業には薬品洗浄が含まれていることが多いです。
詰まりを放置しないこと、軽度のうちに対処することが費用を抑えるコツです。
 
ひょうご水道職人は神戸市、姫路市、西宮市、尼崎市などの兵庫県全域でお客様の水トラブルに対処しています。
トイレの詰まりの解決実績が豊富にあり、さまざまな原因の詰まりに対応できます。
キッチンや洗面所、浴室の水トラブルにも対応できますから、水のお悩み全般はひょうご水道職人におまかせください。

上矢印アイコン