洗面所のトラブルの代表格である水漏れが発生する場所とは | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.01.22

洗面所のトラブル

洗面所のトラブルの代表格である水漏れが発生する場所とは


 

まずは該当箇所を探すことが先決

洗面所の水漏れがひどくなると、床を水浸しにしてしまいます。
蛇口からは漏れていないし、水を出しっぱなしにもしていないのに、気づいたら床が濡れていたという人は多いでしょう。
水は設備の腐食を進行させるため、水回りはシロアリの発生源となることが多いです。
特に床下まで水が及んでしまうと、シロアリにとって最高の環境になります。
木材が水を吸引するとやわらかくなり、食害を受けやすくなるのです。
 
水漏れ箇所を確認するには、まずは水を出してみる必要があります。
蛇口以外で発生するケースもあるため、収納扉を開けてチェックしてみてください。
濡れている部分が原因となっていることが多く、プロでなくても判断はそれほど難しくありません。
収納扉にモノを入れすぎておくと、それらが排水パイプに接触してパイプの劣化を招くことがあります。
収納扉には必要以上にモノは入れず、最低限に留めておきましょう。
そうすれば水漏れが発生したときのチェックも容易になります。
 
水漏れを放置すると水道代が上がります。
蛇口からチョロチョロと水漏れしている程度なので、そのまま放置しておくという方は少なくありません。
しかし少量といえどもずっと漏れていると、確実に水道代に反映されてきます。
塵も積もれば山となると言われるように、少量であってもずっと出っぱなしだと想像以上の水量になるのです。
 
水道修理業者に修理を依頼すると費用がかかると考えて放置すると、
結果的に修理代以上の水道代がかかることになりかねません。
またマンションで水漏れが発生すると、下階に住んでいる方に迷惑をかける可能性があります。
住人トラブルに発展しやすいので、一戸建ての住宅以上に素早く対応する必要があるでしょう。

管に原因があって水漏れすることが多い

洗面所は長らく使用していると、老朽化の影響により水漏れが発生しやすくなります。
 
たとえば給水管や排水管、給湯管の継ぎ目から漏れてくるケースはよくあり、
内部にあるパッキンの摩耗が原因であることが多いです。
これらはご自身で修理・交換ができますが、
パッキンが合わないと修理できないので、購入する際は注意してください。
 
一方でナットが緩んでいるだけのケースもあり、これは締め直せば解消します。
水漏れは単純な原因で発生することもあるので、まずはナット類の緩みを確かめてみましょう。
それで解決しない場合は、水道修理業者を呼ぶのが得策です。

つまりが水漏れの原因になることも

排水パイプや排水管に詰まりが発生すると水が流れにくくなります。
洗面所は髪の毛や石鹸カスなどの汚れが流れていくので、排水パイプや排水管が少しずつ汚れてくるのです。
それでもしばらくは問題なく流れますが、本格的につまりがひどくなると流れなくなります。
すると水が逆流してきて、水漏れを招いてしまうのです。
つまりが原因の場合はパイプ洗浄の薬品を入れる、ラバーカップで吸引するなどの方法が役立つでしょう。
 
アクセサリーなどの固形物を落下させた場合は溶かせないので、ラバーカップで取り出すことになります。
ほかには下水管の詰まりが水漏れを引き起こすケースもあります。
つまりによる水漏れの特徴は、常に発生するわけではないことです。
 
水を出したときだけ漏れてくるので、比較的原因を特定しやすいでしょう。
つまりに関連する水漏れの場合、水の流れが悪くなってきますので、事前に気づけることが多いです。
つまりと水漏れといえば相反する症状だと思うかもしれませんが、洗面所では同時に発生することがあるのです。
 

蛇口から水漏れしている場合の対処法は

蛇口をしっかりと締めているのに水が完全に止まらない場合、パッキンが劣化している可能性大です。
この場合は蛇口を分解してパッキンを交換する、または蛇口そのものを交換する必要があります。
洗面所は頻繁に使用する場所であり、家族が多いとそれに比例して蛇口の開閉が増えるでしょう。
するとパッキンが傷みやすくなり、寿命が短くなるのです。
蛇口の分解は簡単な作業と思われがちですが、分解できても組み立てるときに苦労する方が少なくありません。
各部品がどのように組み合わさっていたのかわからなくなるためです。
 
こうしたトラブルを防ぐためには、写真撮影をしながら作業を進めていく方法がおすすめです。
自身で修理する自信がないときは、水道修理業者にまかせましょう。
自身での修理に失敗すると、逆に費用が高くつくことが少なくないからです。
蛇口は消耗品である以上、永久的に使い続けることはできません。
故障した状態で使い続けると、破損の原因になるので注意しましょう。
 
ひょうご水道職人では神戸市、姫路市、西宮市、尼崎市などの兵庫県全域でさまざまな水トラブルを解決しています。
水道代に直結する水漏れ、水の流れを悪くさせる詰まりなどに対応可能です。
洗面所以外にもトイレや浴室、キッチンなどに対応できます。
水のことでお悩みでしたら、地元密着のひょうご水道職人にご相談ください。

上矢印アイコン