水道管が凍結するとどうなる?発生しがちなトラブルと対処法 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.01.31

凍結のトラブル

水道管が凍結するとどうなる?発生しがちなトラブルと対処法


 
冬季に注意したいのが水道管の凍結トラブルです。水道管内部が凍結すれば水は出てこなくなってしまいますが、問題はこれだけではありません。
今回は、水道管が凍結するとなぜ怖いのか、凍ってしまった際の正しい対処法について解説します。

水道管凍結がもたらす水道管破裂リスク

冬季の気温がマイナス4度以下になると、水道管の凍結リスクが高くなります。
真冬に外の水道をひねっても、水が出てこない…なんて経験をしたことはありませんか? これは水道管内の水が凍ってしまっているためです。蛇口をひねっても水が出てこなければ、当然困る方も多いでしょう。
しかし、水道管凍結による問題はこれだけではありません。むしろ注意するべきは、水道管破裂という非常に重大なトラブルです。
 
なぜ凍結が破裂につながるのかというと、水が凍って氷になるとき、その体積が膨張するから。
水道管内部という限られた場所では、水の逃げ場がありません。水道管内の圧力が高まり、水道管に亀裂が生じたり破裂したりするリスクが高くなってしまいます。
特に水道管そのものが経年劣化している場合、少しの衝撃でも破裂してしまう可能性が。凍結には充分に注意する必要があるでしょう。
 
水道管が破裂すれば一気に大量の水が流れ、水道代は跳ね上がります。
またマンションやアパートでは、水漏れによって近隣住民に迷惑をかけてしまう可能性も。破裂ではなく亀裂で済んだとしても、破損した水道管がそのまま直るわけではありません。
流れ出ているのが、ポタポタと少量の水だったとしても、水道代は上がりますし、常に水が流れ続けることによる影響は甚大です。大規模な破裂よりもトラブルに気付きにくい分、やはり注意が必要です。

水道管はゆっくり溶かすのが正しい方法

水道管は凍結させないのが一番です。
しかし急激に冷え込んだ朝や温暖な地域に強い寒気が流れ込んだ場合、「意図せず凍結してしまった!」というケースもあるのではないでしょうか? こんなときに重要なのは、水道管を正しく溶かすということです。
 
「水を早く使いたいから」という理由で熱湯をかける方がいますが、これは危険です。
キンキンに冷やしたグラスに熱湯をかけると、温度差に耐え切れなくなり割れてしまうのと同じように、水道管も破裂してしまいます。正しく溶かすためには、「ゆっくり確実に」を意識するのがおすすめです。
具体的には、以下のような方法を試してみてください。
 
★そのまま時間が経過するのを待つ
朝一番の冷え込みが原因で水道管が凍結している場合、ほとんどの地域では、時間の経過と共に水は使えるようになります。
昼に近づくにつれて気温は徐々に上昇し、自然と水道管内部も解凍されていくからです。特に今すぐ水道を使う必要がないのであれば、この方法を選択しましょう。余計な手間もかからず、もっとも安全に溶かせます。
 
★凍結部分にタオルをかぶせ、ぬるま湯をかける
できるだけ早く水道を使いたい場合は、ぬるま湯を使って溶かします。
用意するのは50度程度のぬるま湯とタオルです。水道管にタオルをかけたら、その上からゆっくりとぬるま湯を流していきます。タオルをかけるのは、急激な温度上昇を防ぐため。忘れないよう注意しましょう。
 
★ドライヤーの温風をあてる
凍結部分が室内であれば、こちらの方法がおすすめです。
ドライヤーを用意して、少し離れた場所から温風をあてていきましょう。少し時間はかかりますが、部屋全体をエアコンで温め、室温を上げるのも効果的です。カイロなど、比較的低温のあったかグッズも解凍用に使えるので、準備しておくのもおすすめです。

水道管が破裂した場合の対処法は?

水道管が凍結する時期に頭に入れておきたいのが、水道管が破裂した場合の対処法です。万が一トラブルが起きてしまったときには、迅速に対応できるかどうかが、非常に重要なポイントとなります。
近年は、気候を予測するのが困難になってきています。普段であれば凍結しないエリアであっても、頭に入れておくと安心です。
 
水道管が破裂した場合や、破裂が疑われる場合、まずは水道の元栓を閉めましょう。
「元栓がどこにあるのかわからない」という方は、事前に確認しておくのがおすすめです。実際に一度閉めてみて、水が完全に止まることも確認してみてください。
 
水道管の破裂した部分がはっきりしている場合、布やテープを巻きつけて簡単な処置を行いましょう。その上で、水回りの修理業者に連絡します。
破裂した水道管を自分でなんとかしようとするのは難しいです。コストはかかってしまいますが、プロに修理を依頼しましょう。素早く駆けつけ、トラブルを解決してくれます。
 
ただし急激に冷え込んだ朝は、地域全体で凍結トラブルが発生している可能性も。
修理業者が忙しく、なかなか来てもらえないことも考えられるので、できるだけ早く行動するのがおすすめです。
急なトラブルに備えて、信頼できる業者を探しておくだけでも、いざという場面でスムーズに動けるのではないでしょうか。

水道管凍結・破裂ならひょうご水道職人へご連絡ください

蛇口をひねったのに水が出ない…。思わぬ事態に、パニックになってしまう方も多いのではないでしょうか? 
寒い朝の出来事なら、凍結トラブルが考えられます。水道管の破裂・亀裂が疑われる場合、ひょうご水道職人へとご連絡ください。早急にトラブルを解決できるよう、尽力いたします。
 
神戸市灘区や中央区、兵庫区や三田市、芦屋市、高砂市においても、凍結トラブルは他人事ではありません。万が一のときは、ぜひ私共を頼ってください。

上矢印アイコン