トイレのつまりは放置しても大丈夫?修理が必要なケースと必要でないケースを紹介! | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.02.08

トイレのトラブル

トイレのつまりは放置しても大丈夫?修理が必要なケースと必要でないケースを紹介!


 
トイレがつまってしまうと水位が上がり、今にもあふれてしまいそうになってしまいます。そのまま放っておけば水が引くのではと思い、放置する人も多いようですが、場合によっては水道修理が必要になることもあります。
そこで今回は、トイレのつまりで修理が必要なケースと必要でないケースについて、紹介します。
 

トイレのつまりを放っておくとどうなる?

最近では自宅内にトイレが複数設置されている住宅も多く、ひとつのトイレがつまっても、放っておけばいつか流れるだろうと放置する人もいるようです。しかし、トイレのつまりをそのまま放置しておくと、症状がさらにひどくなる場合もあります。
 
最初は水の流れが悪い程度だったのが、つまりにほかのゴミなどが蓄積することでだんだんと流れにくくなり、完全につまってしまいます。また、つまりを放置しておくと、つまりの原因が便器の奥に進んでしまい、症状が悪化して水道修理が必要になります。
 
トイレは下水につながっているため、つまりを放っておくと水が逆流して便器から汚水や汚物があふれ出すこともあります。汚水がトイレ内にあふれだすと、便器だけでなくトイレ全体が汚れてしまい、掃除をしたあとでもニオイが簡単に取れない場合もあります。また、汚水には細菌が混じっているため、誤って汚水を触った手をなめてしまい、お腹を下すなどの病気を引き起こしてしまうかもしれません。
 
集合住宅であれば下の階まで水漏れしてしまい、二次被害が広がって修理費用も高額になります。便器から水があふれてしまうと、便器周辺の電気配線に水が入り込み、トイレそのものが故障してしまう可能性があります。トイレのつまりだけなら修理費用もそれほどかかりませんが、トイレそのものが故障してしまうと修理費用が高額になるため、つまりは早めに解消しなくてはなりません。
 

トイレのつまりを放置しておいても良いケース

トイレがつまってしまった場合、原因となるものが分かっているのであれば、そのまま放置していても良いケースもあります。大量のトイレットペーパーがつまった場合や、水に流せるお掃除シートやおしりふきなどであれば、しばらく放置するとつまりが解消する場合もあるようです。トイレットペーパーやお掃除シートは水に入れると細かくほどけますが、量が多いとすぐにほぐれないため、つまりが発生します。時間の経過とともに少しずつ水に溶けていくため、数時間放置して解消されるか確認してみましょう。
 
ただし、ティッシュペーパーを大量に流してつまりを起こしている場合は、時間が経っても解消されません。ティッシュペーパーは水に溶けないため、ティッシュペーパーでつまりを起こした場合はスッポンなどを利用して、つまりを解消してください。
 

トイレのつまりで修理が必要なケース

しばらく放置してもつまりが改善されない場合は、水道修理業者へ依頼が必要です。便器の中に異物を落として流してしまうケースが多く、トイレのつまりがひどくなる原因となるため、早めに修理を依頼するようにしましょう。
 
スマホやライター、ハンカチや消臭剤のキャップなどの異物だけでなく、食べ残しや嘔吐物を流してつまりを起こしてしまうこともあります。生理用ナプキンやおむつ、ペットシートなど吸水性の高い用品をトイレに流してしまうことも多く見られます。
 
また、ペットのトイレ砂を大量に流し込み、トイレをつまらせてしまうケースもあるようです。
ペットのトイレ砂も吸水性が高い素材を利用しているため、おむつや生理用ナプキン同様に、トイレでつまった場合、便器内や排水管で膨張してしまい、時間が経つほどつまりがひどくなり、水が逆流するようになります。おむつや生理用ナプキンは水溶性でないため、放置しても解決することはありません。
 

トイレがつまったときに絶対にやってはいけないこと

しばらく経ってもトイレのつまりが解消しないと、いろいろな方法で問題を解消したくなりますが、実行すると逆効果になることもあるので、注意が必要です。
 
トイレのつまりは熱湯を便器に流し入れると解消されるといわれますが、実際に便器に熱湯を入れると、ひび割れてしまう可能性があります。トイレットペーパーは高温のお湯に入れると溶ける性質のため、同じ考えで便器に熱湯を流し入れる人もいるようです。もしも便器がひび割れてしまった場合、便器を丸ごと交換しなくてはならないので、つまりを修理するよりも高額な費用が必要になります。
 

解決できないトイレのつまりは専門業者へ相談を!

トイレのつまりを自分で解決しようとし、状況がさらに悪化してしまうこともあります。
特にスマホや携帯電話をトイレに流してしまい、自分で便器を外して元に戻せなくなるなどのトラブルを起こしてしまうこともあります。
トイレのつまりはひどくなる前に、専門の水道修理業者に依頼するのが賢明です。
 
ひょうご水道職人は神戸市や三田市、三木市や姫路市、芦屋市など兵庫県全域でトイレをはじめとする水回りのトラブルに対応しています。
水漏れやつまりでお困りの場合は、気軽に水道職人に問い合わせください。

上矢印アイコン