シンク下にある収納部分が水浸しになる場合の原因とは | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.03.22

台所のトラブル

シンク下にある収納部分が水浸しになる場合の原因とは

台所(キッチン)の水漏れには要注意

台所で毎日調理するという家庭は少なくありません。使用頻度が多ければ老朽化が進みやすく、水漏れ・詰まりなどの発生リスクが増します。たとえば床が水浸しになる状態は、カビの繁殖を促進させます。また腐食を促進するので、床がブヨブヨになって穴が開いてしまうリスクもあるでしょう。

水漏れトラブルは住宅の価値自体を下げることにつながるので、早めに修理してください。シンクから水漏れしている場合は、急激な水道代の上昇につながることは少ないです。床が水浸しになった時点で、漏れていると判断ができるからです。

一方で蛇口の水漏れに関しては、床には流れていきません。そのためチョロチョロとした漏れであっても、水道代に直結してくることが多いです。たとえ少量であっても常に漏れていると、無視できない量になります。水道代がなぜか上がったという家庭では、蛇口の水漏れが発生していることが多いです。

床が水浸しになる場合の原因

蛇口からは漏っていないのに床が水浸しになるようであれば、シンクの破損、またシンクの下で漏れている可能性大です。シンクの破損に関しては目視で確認できるので対処は楽でしょう。防水用のパテとテープで穴を塞げば問題ありません。補修で対応できない場合は水道修理業者に直してもらいましょう。

シンクに問題がないのに水浸しになるなら、収納ケース内を見て原因の特定をします。ほとんどの水漏れは収納ケース内のどこかで発生しています。接続部分は水漏れが生じやすいので、ナットの緩み、ゴムパッキンの状態などをチェックしておきましょう。

ナットが急に緩んだり、ゴムパッキンが急に破損したりするケースはほとんどないです。初期の段階では漏れ方がごく少量のため、気づくことが難しいかもしれません。床が濡れている場合、調理や洗い物をしている際に水をこぼしたのだと考えて放置してしまう人が大勢います。

水漏れを早期発見するためには、週に1回といった定期的な頻度で収納ケース内を調べてみるのが確実です。なおゴムパッキンの交換作業はプロでなくても可能ですが、適合しない商品を購入してしまう人が後を絶ちません。適合の判断が難しい場合は、水道修理会社に修理・交換してもらってください。

防水機能が低下した場所から水漏れが起こる

排水管やパイプは一本で構成されているわけではありません。必ずつなぎ目が存在し、そこから水漏れが起こるので防水加工が施されています。

たとえば排水トラップにはナットやゴムパッキンなどが装着され、水漏れを防いでいるのです。ナットやゴムパッキンに異常がない場合は、パイプのどこかに亀裂が生じている可能性があります。排水ホースは比較的壊れやすく、経年劣化の影響で折れてしまう事例があります。

特に収納ケース内に物を大量に保管している場合、それらが接触して排水ホースに負荷をかけることがあるのです。たとえ小さな力であっても、ずっとかかり続けると大きな負荷になります。ホースが排水管につながらず、穴からはみ出している場合も水漏れを招きます。排水ホースを長持ちさせるためには、ホースと物が接触しないように配慮しましょう。

シンクと天板のシーリングが機能していない場合も、ここから水が漏れてきます。防水機能は徐々に低下していくので水漏れの発見が遅れがちですが、収納ケース内が濡れているならば、ほぼ間違いなく漏れていると考えられます。漏れていない状態で収納ケース内が濡れることはないからです。湿気によりある程度湿ることはあり得ますが、水浸しになることはあり得ません。

水漏れと詰まりの関連性

台所の掃除をサボってしまうと、排水口に汚れが溜まって詰まりを引き起こします。特に排水トラップから排水ホースまでの間で詰まりが発生することが多いです。排水口は汚れによって幅が細くなり、溢れや詰まりを招くことがあります。完全には詰まっていなくても、水の流れが以前より悪いという場合は要注意です。水の流れが悪化している状態は、排水口に長時間にわたって水が存在するわけです。

それにより水漏れのリスクが高くなるため、水漏れ防止のためにも排水口洗浄を定期的に行ってください。月に1回くらいは洗浄するのが好ましく、それにより堆積物が固形化するのを防げます。汚れは時間の経過に伴って、硬く固まっていく性質があります。そうなれば家庭用のパイプ洗浄剤では対処が難しくなるので、その際は水道修理業者を活用しましょう。詰まりを予防することが設備を長持ちさせ、水漏れの防止にもつながるのです。

ひょうご水道職人はお客様の水のお悩みを迅速に解決しています。神戸市、姫路市、西宮市、尼崎市といった兵庫県全域で修理・交換作業を請け負っています。数多くの実績があり、台所の水漏れ・詰まり修理は非常に得意です。洗面所やトイレ、お風呂の作業も経験が豊富にありますので、水のトラブル全般はぜひひょうご水道職人にお任せください。

上矢印アイコン