トイレは詰まりから水漏れが起こるケースがあります | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.03.22

トイレのトラブル

トイレは詰まりから水漏れが起こるケースがあります

なぜトイレの詰まりが水漏れにつながるのか

トイレの詰まりと水漏れはまったく無関係と思うかもしれませんが、実は一定の関連性があります。それは排水管内で詰まりが発生した場合で、排水管に異物が溜まることで排水管を膨張させるような力が加わるのです。便器には排泄物とトイレットペーパーを流すので、排水管は太めに設計されています。それでも大量に流したり、異物を落としたりした場合は奥で詰まり、排水管を破損させる可能性があります。
 
排水管に穴が開いてしまえば、必然的に水が漏れてくるでしょう。たとえばホースを例にするとわかりますが、水が通っているホースの内側に切れ目を入れると、そこから水が漏れてくるでしょう。トイレの排水管もそれと同様の症状が発生することがあるのです。

排水管内部の水漏れは専門家に

便器で発生する水漏れは自分で修理できることが多いですが、排水管まで及んでしまうと厄介です。排水管を交換するとなれば、1mあたり1~2万円の費用がかかります。
 
また新しい排水管であれば部分的に補修すれば済むことが多いですが、古くなっている場合は丸ごと交換したほうがいい場合があります。そうなればより高額な費用が発生するのは間違いありません。交換部分が長くなれば、即日で修理が終わらない可能性があります。

排水管の詰まりをプロに解消してもらう

排水管が詰まった状態を放置すると、水漏れが生じる可能性があります。詰まりと水漏れは同時に起こることがあるのです。排水管が完全に詰まってしまった場合は、水道修理会社に任せることになります。薬品洗浄やトーラー、高圧洗浄機などの業務用品を使用して詰まりを解消していきます。これらの方法で解決しない場合は、排水管自体の修理・交換が必要になるでしょう。

日常的に実践できる対策を

排水管からの水漏れを防ぐには、トイレを適切に使用することが大切です。排泄物とトイレットペーパーは流しても問題ありませんが、限度があることを知っておきましょう。たくさん流すと便器内から奥に進まなくなることがあります。排水路、排水管と奥に進んでしまうと、詰まりを取り除くのが大変になります。
 
家庭用の薬品洗浄で排水管内の汚れはある程度落とせますが、頑固に堆積されたものは簡単には落ちません。堆積物を溜めないためには、定期的にトイレ用のパイプクリーナーを使用して排水管を清潔にしておくことが大切です。排水管内にあるペーパー類もほぐすことが可能です。

溶けないものは決して流さないこと

溶けないものは固形物に該当し、非常に厄介な詰まりを招くことがあります。たとえば鍵を落としてしまうと、排水管まで到達する可能性があります。小型の鍵は奥まで行ってしまう性質があるのです。
 
これに対して大型のスマホやガラケー、携帯などは便器内に居座りやすいです。そのためすぐに取り出せばまったく問題はありません。水没させるとデータが破損する可能性が高く、そうなれば買い替えが必要です。また落としたものは使いたくないという理由で無理に流そうとする人がいますが、排水管で詰まると面倒なことになります。昔のガラケーや携帯は、今のスマホと比べて横幅が狭いものが多いため、奥まで流れやすいと考えてください。

固形物がとれないときは?

スマホやガラケー、携帯などを落としても、大抵は便器内に存在しているはずですから、手を入れると見つけられます。便器内に見えない場合は、排水トラップを超えている可能性があります。とれないからとラバーカップや真空式パイプクリーナーなどで無理に吸引すると、排水管にダメージを与えるので注意してください。
 
固形物がとれない場合は、プロに任せるのが原則です。固形物を流しても普通に水が流れれば特に問題ないですが、水の流れが変だと感じたら水道修理会社を呼んでください。固形物由来の詰まりの多くは、自力で修理するのは非常に困難です。

ポケットからものを落とすケース

よくあるのは胸のポケットからハンカチを落としてしまうことです。便器にハンカチを落としたとき、洗って再使用をしようと考える人は少ないでしょう。そのまま捨てようと考えるので、トイレットペーパーと一緒に流そうとする人がいますが、これは決して行わないでください。
 
ハンカチが排水管に流れていき、そこで詰まると厄介です。ハンカチは水で膨張し、排水管の側壁にぴったり張り付いてしまう可能性があります。それで排水管が破損してしまえば、壁から水漏れが発生するなどのトラブルにつながるからです。トラブルを放置することは、あとあと大きな出費につながるので注意してください。
 
ひょうご水道職人は地域に根差した運営を行っている水道修理会社です。神戸市、姫路市、西宮市、尼崎市といった兵庫県全域でさまざまなお悩みを解消しています。
よくお問い合わせいただくトラブルはトイレの水漏れ・つまりです。ほかにも浴室や洗面所、台所などの水トラブルを解決できます。兵庫県で水道修理会社をお探しの方は、ひょうご水道職人を活用してください。

上矢印アイコン