便器内の詰まりで自己解決できる内容と難しい内容 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.03.26

トイレのトラブル

便器内の詰まりで自己解決できる内容と難しい内容

固形物や異物の定義とは?

トイレに異物を流すような場面はほとんどないでしょう。
故意に流すことはなく、大抵は気づかないうちに落としたというケースが大半です。
固形物の場合はアクセサリーやペン、メガネといった硬いものを指します。
それに対して異物はトイレに流せないもの全般を指すので、タオルやペットの糞なども含まれるのです。
 
トイレに流してよいのはトイレットペーパー、そして人間の排泄物に限定されますから、ティッシュペーパーに関しても異物だと考えてください。
流せる系のシートやナプキンなどについては、判断が微妙なところでしょう。
枚数が少なければ大丈夫ですが、多くなると流れにくいです。

実は水道修理業者に依頼する人は少ない?

トイレの詰まりの原因は、圧倒的にトイレットペーパーの流し過ぎが多いです。
これはバケツに熱過ぎないくらいのぬるま湯を入れて、トイレに流すだけで解消することがあります。
すぐにトイレを使用しないならば、次にトイレを使用するまで待ってみるのもいいでしょう。
これだけで大抵の詰まりは解決するはずです。
 
トイレットペーパー以外では、ティッシュペーパーや流せる系のシートなどを流したケースが目立ちます。
いずれにしても異物を落とした場合、意図的に流している人がほとんどです。
「たぶん普通に流れてくれるだろう」と甘く考えてしまう人は少なくありません。
 
しかし硬いものではなくても、流していけないものは詰まる原因になります。
今はまだ詰まっていなくても、将来はどうなるかわかりません。
排水レバーを操作したとき、水の流れが昔より悪くなったと感じる場合は要注意です。
流すパワーが低下しているので、新しいトイレと比べて詰まりやすいのです。

便器が詰まるとどのような症状が発生する?

排水レバーを引いたときに水位が上昇する、水が便器から溢れる、などの症状が見られます。
本来であれば排水をしても、水位は一定に維持されています。
水位が変化する時点で、既に問題ありと判断して間違いありません。
 
ただ詰まりが浅くで発生しているなら、自分で取り出せることが多いです。
ゴム手袋をはめて便器に手を入れてみるのも手です。
ここで何かが引っかかっていれば、それを取り出せば問題は解決します。
 
便器で発生している詰まりは、家庭で対処できることが多いです。
排水トラップに異物が存在する場合などは、便器を取り外せばストンと落ちてくる場合があります。
ただ便器の取り外しは意外と難易度が高く、また周囲を汚水で汚してしまう可能性があります。
プロならば問題なく脱着できますが、初めての方であれば二人以上で作業するのがよいでしょう。
取り外したあとに正しい場所に戻さなければ便器は使えなくなります。

異物はラバーカップで取り出してもよい?

ゴボゴボという異音がするならば、排水路が詰まっているのかもしれません。
そこから先の排水管に詰まりが進行すると、自身では解決が難しいです。
音は異常を知らせてくれるサインですから、いつもと違うと感じたら要注意です。
 
異物を流すことは滅多にないでしょうが、もし流したら自分では対処しないほうがよいでしょう。
ラバーカップなら大丈夫と思うかもしれませんが、ラバーカップは万能ではありません。
もしラバーカップだけですべての詰まりを解消できるなら、プロが存在する意味はなくなります。
基本的にラバーカップは大量に流したペーパー詰まりを解消するアイテムです。
 
子どものおもちゃ、アクセサリー、ペットの糞などが原因であれば確実性に欠けます。
運よく取り出せる可能性はありますが、排水管を壊してしまうリスクを考えるなら、費用対効果の側面からも水道修理業者に任せましょう。
ラバーカップは真空状態を作り出すことにより、ものを引き上げるアイテムです。
そうした性質から排水管に刺激を与え、最悪のケースでは破損させてしまうのです。
破損したら修理・交換をしないとトイレを使えなくなります。

ラバーカップを使用する場合の注意点は?

大量に流したトイレットペーパーを取り出すならラバーカップを使用できますが、使用においては便器内に水があることが条件です。
水が引いていない状態では、ラバーカップは意味をなしません。
水への圧力により引き上げる原理なので、便器内に水を入れておきましょう。
 
ラバーカップは原則として異物・固形物を取り出すには向きませんが、プロの場合であれば取り出せることが多いです。
ラバーカップは強く操作すれば詰まりが取れるものではなく、的確な場所に設置して的確に操作することが求められます。
これらはプロでなければ難しいので、一般の方は異物・固形物を落としたときはプロに任せたほうがよいわけです。
 
ひょうご水道職人は数多くのトイレ詰まりや水漏れを解決してきました。
神戸市、姫路市、西宮市、尼崎市などの兵庫県全域で水回りのアクシデントに対処しています。
キッチンや洗面所、お風呂などの施工経験も豊富にありますので、水のことならぜひひょうご水道職人にご依頼ください。

上矢印アイコン