お風呂の悪臭を消せば健康的な入浴が実現する | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.03.26

お風呂のトラブル

お風呂の悪臭を消せば健康的な入浴が実現する

下水の臭いはどこから発生している?

本来であればお風呂から下水の臭いがすることはありません。
排水口はお湯や汚れを流すだけが目的ではなく、一定の水量を保つことで下水から腐敗臭が上がってくるのを抑制しています。
もし排水トラップと呼ばれる機能がなければ、お風呂場は非常に強い悪臭にさらされます。
排水トラップはお風呂場だけでなく、トイレやキッチン・洗面所にも使用されている機能です。
 
注意したいのは排水口の分解清掃をし、元の位置に戻したときに正常に機能しなくなるケースがあることです。
封水筒が正しく装着されていないと、水を溜められなくなります。
風呂掃除の頻度が少ないと汗やカビなどの臭いが充満することがありますが、通常であれば腐敗臭は発生しません。
腐敗臭や下水臭、ドブ臭さと言われる臭いが立ちこめているなら、排水トラップに異常がある可能性大です。
今一度排水トラップが正しく装着されているかチェックしてみてください。

排水口から悪臭がする場合

排水トラップが故障している状況ほどではありませんが、排水口に汚れが溜まっている場合も悪臭がします。
汚れが膜を張ってヌルヌルになっている状態は、雑菌が大量に繁殖しています。
放置しておくと臭いやカビの原因になりますから、ヌメリが気になりはじめたら掃除をしましょう。
排水口は普通にお風呂を使用しているだけでも汚れます。
全身の汚れを落とし、その汚れが通過するのが排水口ですから、ヌメリや悪臭が発生するのは当然です。
 
排水口には皮脂や石けん・洗剤のカスなどが付着しているので、洗浄するときは重曹とクエン酸を併用するのがおすすめです。
それにより異なる汚れや臭いにアプローチできます。
クエン酸がない場合はお酢で代用できますが、酢のほうが価格は高いです。
クエン酸はパイプ洗浄剤の代用として使われるほど、汚れ落としに適しています。
排水口を掃除するときは、手の届く範囲で髪の毛や堆積物を除去してください。
歯ブラシを使用すればかなり奥まで汚れを落とせるでしょう。
排水口の側面をこするときは割り箸も役立ちます。

換気扇を快適に使用するために

換気扇は経年劣化の影響を受けます。
永久的に使い続けることはできず、換気機能が低下してきたと感じたら交換時です。
一般的に浴室換気扇の寿命は10年程度と言われていますが、使用頻度や時間なども関係してくるので一概には言えません。
寿命を延ばすためにできることは、常に清潔にしておくことです。
 
換気扇のカビやホコリなどは、寿命を短くする要因になりますので、定期的に掃除しておきましょう。
3~4ヶ月に1回くらいのペースで掃除しておけば、汚れが大量に溜まることはないはずです。
換気扇のカビは浴室内に拡散し、身体によくない影響を与えます。
鼻や喉の粘膜に付着すると、喘息やアレルギーを引き起こすことがあります。
お風呂は湿気が高いこともあり、他の場所よりカビが発生しやすいです。
カビを溜め込まないためにも、小まめに洗浄しておきましょう。
 
換気扇を取り外してクリーナーで汚れをおおまかに吸引し、それから大きめの洗面器にお湯を張って丸洗いしてください。
重曹とクエン酸をかけて磨けば、ピカピカにできるはずです。
ただし沈着した汚れは落とせない場合があるので、そうなる前に掃除する必要があります。

風呂釜から臭いがする場合

お湯を張って入浴しているときは、風呂釜の臭いは気にならないかもしれません。
一方で風呂釜からお湯を抜いたときに、急に臭いが気になりはじめるという声は多いです。
側壁には皮脂や細菌などが存在し、非常に不衛生になっています。
汚れは厚くなるほど落ちにくく、また汚れが重なるように堆積する性質があるのです。
 
風呂釜の掃除は週に1回は行いたいです。
お湯を張っている状態で腐敗臭がするのであれば、相当に汚れていると考えられます。
特に追い焚き機能のあるお風呂は汚れを溜め込みやすい性質があります。
風呂釜専用の洗浄剤を使用し、定期的に洗っておきましょう。
100%近い除菌作用のある洗浄剤もあり、大腸菌群やブドウ球菌などの雑菌を死滅させられます。
お湯を頻繁に交換している家庭と比べ、追い焚きをメインにしている家庭は、風呂釜に雑菌が繁殖しやすいです。
 
風呂釜はきれいに見えても配管内が非常に汚れており、雑菌だらけになっている可能性があります。
風呂釜内部だけをきれいにしても、配管に汚れが付着していると臭いが消えない場合があります。
臭いの正体である汚れは、見た目が悪いだけでなく身体にも悪影響を与えるのです。
特に免疫力の低い方、お子さん、高齢者などが入浴する場合は注意してください。

水まわりのトラブルはひょうご水道職人へ!

ひょうご水道職人は水回りの専門家として幅広いエリアに対応しています。
神戸市、姫路市、西宮市、尼崎市といった兵庫県全域での修理実績が多いです。
よくあるトイレ・浴室の詰まりや水漏れ修理、キッチンや洗面所のトラブルなどに対応できます。
水のことならまとめてひょうご水道職人にご依頼ください。

上矢印アイコン