パッキン交換しても水漏れが直らない!確認するべき3つのポイント | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.03.29

蛇口のトラブル

パッキン交換しても水漏れが直らない!確認するべき3つのポイント

蛇口から水漏れ
キッチンの水栓から水漏れしたとき、まず疑いたいのがパッキンの劣化です。
しかし中には、「自分でパッキンを交換してみたのに、なぜか水漏れが改善しない…」と困っている方もいるのではないでしょうか? 

パッキンを交換しても水漏れが直らない場合に、チェックするべき3つのポイントを紹介します。

蛇口周辺の汚れ

劣化したパッキンを交換しても水漏れがおさまらない場合、何らかの事情によって、パッキンが上手く働いていない可能性があります。
考えられる原因を、ひとつひとつ丁寧にチェックしていきましょう。

まず確認したいのが、蛇口周辺の汚れについてです。
基本的なポイントではありますが、見落としてしまう方も意外と少なくありません。
パッキンを交換するために部品を取り外したら、再度取り付けを行います。
このときに汚れやゴミが原因で、部品が上手くかみ合わないまま交換作業を完了してしまう可能性があります。
部品同士や土台との間に隙間があると、そこから水が漏れだしてしまいます。
長年使い続けた水栓を取り外すと、頑固な汚れがこびりついていたり、サビが発生していたりすることがあります。

せっかくですから、丁寧に洗浄しておきましょう。
「きれいにしてから再取り付けする」という意識を持っていれば、作業中に細かなゴミが侵入する可能性も低くなります。

蛇口周りの汚れ落としに効果的な洗剤としては、以下のようなものが挙げられます。

・重曹
・クエン酸
・塩素系洗浄剤


重曹を使う場合は、汚れが気になる部分にふりかけて時間をおいたのちに、たっぷりのお湯で洗い流しましょう。

頑固な汚れがこびりついているときには、歯ブラシなどで優しく磨くと効果的です。
塩素系洗浄剤は汚れ落としに高い効果を発揮しますが、誤った使い方をすると部品や素材を傷めてしまう可能性があります。
慎重に作業してください。

交換したパッキンの規格やサイズ

汚れやゴミがないかどうかを確認したら、次は新たに取り付けたパッキンを、再度確認してみましょう。
自分でパッキンを交換修理した場合に多いのが、「実は適合しない部品を使っている」というパターンです。
水栓用のパッキンといっても、その規格はさまざまですし、サイズも細かく設定されています。
なんとなく「これでいいだろう」と購入して、「はまったから大丈夫」と思っていると、人の目には確認できないほどの小さな隙間が発生し、そこから水が漏れだす可能性があります。
パッキン交換を自分でする場合は、必ず自宅の水栓に合うタイプであることを確認してから作業しましょう。

蛇口のメーカー・型番を調べ、修理用の正規部品、もしくは確実に互換性のある商品を購入します。
水栓の型番や互換性のあるパッキン選びに自信が持てないときは、メーカーサポートに連絡しましょう。
型番を調べる方法や修理用正規部品の有無など、詳しく教えてもらえます。

パッキンそのものは数百円で購入できるので、つい安易に購入してしまいがちです。
しかし間違ったタイプを取り付けると水漏れの原因になってしまうという事実を、頭に入れておきましょう。

ネジの締め付け

パッキン交換のために取り外したハンドルレバーの固定ネジがゆるんでいると、こちらも水漏れの原因になります。
再取り付けしたあとは、ネジが確実に締まっているかどうか確認しましょう。
「パッキン交換ぐらいなら、自宅にある道具を使ってできるだろう」と考える方もいるかもしれませんが、きちんと締め付けるには、やはり専用工具があった方が便利です。

ネジを回す場面では、モンキーレンチを使用しましょう。
普通のペンチを使って無理に回そうとしても、上手く力が伝わらず、締め付けがゆるくなってしまう可能性があります。
レバーハンドルの固定ネジは、しっかりと締めるのが基本ですが、余計な力を加えすぎるのも禁物です。
部品劣化の原因にもなりかねません。
ネジを締めて水漏れが改善する様子を確認できたら、こまめに状況を確認しながら、ベストな締め具合を探してみてください。

それでも駄目なら業者に相談を

キッチンの水栓からの水漏れは、決して珍しいトラブルではありません。
今回紹介した3つのポイントをクリアしても、「それでも水漏れが直らない」というケースがあるのも事実です。
水が漏れる原因はパッキン以外にもあり、修理のプロでなければ対応が難しいケースも少なくありません。

水漏れを放置すると、水道代の高騰や周辺部分の劣化など、さまざまな問題が起きる可能性がありますから、できるだけ早めに修理業者に連絡しましょう。
パッキン以外の問題部分を確認しながら、最適な解決方法を提案してもらえます。

ひょうご水道職人なら、キッチンの水漏れ修理にも安心対応

毎日使うキッチンの水栓、パッキンを交換したにもかかわらず水漏れトラブルがおさまらなければ、がっかりしてしまう方も多いのではないでしょうか? 
余計なストレスを抱えることにもなりかねません。
プロの修理業者に依頼すれば、手間なくすぐに、快適な環境を取り戻せるはずです。

ひょうご水道職人はこれまで、数多くの水漏れ修理を行ってきました。
パッキン交換しても直らないときでも、安心してお任せください。
経験豊富なスタッフが、水漏れの原因をしっかり見極めます。
姫路市や尼崎市、明石市や西宮市、洲本市など、兵庫県内各地へと急行いたします。

上矢印アイコン