洗面所の「止水栓」とは?DIY修理をするための基礎知識 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.03.29

洗面所のトラブル

洗面所の「止水栓」とは?DIY修理をするための基礎知識

洗面所の水漏れ
洗面所の水回り修理をDIYで実践しようと思ったとき、まず知っておきたいのが「止水栓」に関する基礎知識です。
水回りの修理に欠かせない止水栓ですが、普段はあまり意識する機会がない場所。「いったいどこに?」「どうやって?」など、疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。
止水栓の場所や意味、注意点や水漏れ時の対処法について解説します。

止水栓とはどんなもの?

止水栓とは、通常使用している蛇口以外で、水を止めるための栓を指します。
水道の元栓が、家庭全体に水を供給するための栓だとすると、止水栓は設置されている設備に水を供給するための栓です。

たとえば「洗面所の蛇口から水漏れしている!」となった場合でも、洗面台の止水栓を閉めれば、とりあえず水は漏れなくなります。
洗面台の水栓は使えなくなりますが、キッチンやトイレなど、別の場所では水を使えます。
止水栓が設置されているのは、洗面台だけではありません。
キッチンにもトイレにも、必ず設置されています。
何らかのトラブルが発生し、DIY修理交換に挑戦する場合、多くの場合で「まず止水栓を閉める」ように指示されます。

これは修理・交換時に、水漏れトラブルを起こさないためのポイントであり、非常に重要なステップです。
普段は意識していない止水栓ですが、洗面台の場合は洗面ボウル下の収納内部に設置されているケースが多いです。
お湯と水を供給するための給水管の途中に、ハンドルやマイナスドライバーで開閉するタイプの栓が見えたら、それが止水栓です。どちらのタイプも、時計回りにひねることで水やお湯の流れを遮断できます。

洗面所の水回りのトラブルは、いつ発生してもおかしくないもの。
いざという場面で慌てずに済むよう、普段から以下の点をチェックしておきましょう。

・止水栓の場所
・開閉動作が行えるかどうか


DIY修理を実施する場合はもちろんのこと、水漏れ時に業者を呼ぶまでの初期対応としても、止水栓の使用が効果的です。

止水栓が回らないときの対処法

トラブル発生時に強い味方となってくれる止水栓ですが、長い間使っていないと、回らなくなってしまうケースも少なくありません。

止水栓内部の部品にサビや汚れが溜まると、それが原因でうまく開閉できなくなってしまいます。
築年数が古い物件で多く見られるトラブルで、「これまで止水栓を使ったことがない」という場合は特に注意が必要です。
止水栓が回らないときには、まずはぐっと力を加えてみましょう。
ハンドルが設置されているタイプであれば、力が強い男性などが挑戦すれば、ほとんどの場合で開閉できます。
難易度が高いのはマイナスドライバーを使って開け閉めするタイプですが、この場合はウォーターポンプフライヤーなどで、栓の根本をがっちりつかんで回してみてください。
傷がつかないよう、柔らかい布を挟んで保護した上で作業するのがおすすめです。
ただし見た目にも明らかなほど止水栓の劣化が進んでいる場合は、無理に動かすのは禁物です。
無理に力を加えて止水栓が破損するようなことがあれば、水が一気に噴き出してしまいます。
この場合は、DIY修理よりもプロに依頼した方が安心です。
止水栓が回らないこと、劣化していることを伝えて、適切に対処してもらいましょう。

止水栓からの水漏れはどうする?

水漏れを止めるために使用する止水栓ですが、実際には「止水栓から水漏れしている!」というケースも珍しくありません。
止水栓も通常の水栓と同じように、いくつかの部品を組み合わせて作られています。
その中には消耗品もあり、長年の使用によって劣化すれば破損して、栓としての役割を果たさなくなってしまうでしょう。
部品交換が必要な場合、水道修理業者を呼んで対応してもらうのがおすすめです。
止水栓に使われている部品をチェックし、自分で正しいものを準備するのは手間がかかりますし、止水栓を修理するためには、家全体に水を供給するための元栓を閉める必要があります。

修理がうまくいかず長引いてしまうと、家族全員の生活に支障をきたしてしまうでしょう。まずは元栓を閉めて、水浸しになった床を掃除したら、スピーディーに対応してくれる業者を探すのがおすすめです。

ただし止水栓からの水漏れトラブルの中には、「単純にナットがゆるんでいるだけ」というケースも存在しています。
この場合は部品を交換する必要がなく、ゆるんだナットを再度締め直すだけでトラブルを解決できるでしょう。止水栓から水漏れしたら焦る気持ちはわかりますが、まずは落ち着いてナットの締め付け具合を確認してみてください。
ゆるんでいるようであればしっかりと締め直して、トラブルが解決されたかどうかをチェックします。

止水栓に関するトラブル・お悩みもひょうご水道職人へどうぞ

洗面台の止水栓の場所や設置されている意味について、知っておいて損はありません。万が一トラブルが発生した場合でも、止水栓の位置や使い方を知っているだけで、冷静に対処できるのではないでしょうか。

止水栓に関するトラブルやお悩みを抱えている方は、ぜひお気軽にひょうご水道職人にご連絡ください。
神戸市、姫路市、明石市、西宮市、芦屋市などで数多くの水回り修理を手掛けてきた、安心・安全の水道修理業者が、真摯に対応いたします。

上矢印アイコン