シャワーヘッドを落としてひび割れ!交換・修理の方法を解説 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.03.29

シャワーのトラブル

シャワーヘッドを落としてひび割れ!交換・修理の方法を解説

シャワーのトラブル
シャワーヘッドのひび割れは、水漏れトラブルの原因となります。
意外と簡単にひびが入ってしまうので、「いったいいつの間に?」と思う方も多いのではないでしょうか。
シャワーヘッドのひび割れの原因や、対処方法・注意点について解説します。

意外に多いシャワーヘッドのひび割れトラブル

シャワーヘッドのひび割れトラブルは、決して少なくありません。
「普通に使っているだけなのに、なぜひび割れてしまうのか?」と疑問を抱く方もいるかもしれませんが、以下のような原因が考えられます。

・シャワー使用中の落下による衝撃
・長年の使用による、素材の経年劣化


シャワー使用中に、手がすべってヘッドが落下してしまうことはありませんか? 
ゴンという、意外と大きな音が響きます。
特に床がタイル貼りの場合、落下時の衝撃を吸収できません。
プラスチック製のシャワーヘッドの場合、簡単にひびが入ってしまう可能性があります。
また大切に扱っていても、シャワーヘッドに使われている素材そのものも、徐々に劣化してしまいます。
こちらもプラスチック製のシャワーヘッドに多いのですが、素材がもろくなり、ちょっとした刺激にも耐えられなくなってしまう可能性もあるでしょう。
ネジで留めてある部分は、特に経年劣化によってひびが入りやすいポイントです。
シャワーヘッドのひび割れトラブルは意外と多く、「シャワーが使えているなら問題ない」と考える方もいるかもしれません。

確かに軽度のひびであれば、シャワー本体の機能に影響が出ることはないでしょう。
しかしひびが深くなれば、そこから水漏れする可能性もあります。
シャワーヘッドのひび割れに気付いたら、できるだけ早めに対処するのがおすすめです。

対処方法と新しい部品の選び方は?

シャワーヘッドにひびが入ってしまったとき、対処方法は以下の2つの点によって違ってきます。

・ひび割れの程度
・自身のこだわり


ごく軽度のひび割れで、見た目にも特にこだわりがない場合、瞬間接着剤を使ってひび割れ部分を補修しましょう。
ひびを埋めるように耐水性のある瞬間接着剤を使用すれば、とりあえず作業は完了します。
ひび割れが重度の場合や瞬間接着剤での補修が難しいとき、また見た目が気になる際には、シャワーヘッド本体を交換するのがおすすめです。
適合する部品さえ手配できれば、シャワーヘッド本体の交換はセルフでも可能です。
部品代以外の修理費用もほぼ発生しませんから、気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか?

交換用のシャワーヘッドを購入する際には、まず「ヘッドがホースから取り外せるか?」を確認してみてください。
一般的にはシャワーヘッドをくるくる回すと外せるようになっていますが、中には、ヘッドとホースが一体化しているタイプもあります。
また本来はヘッドを外せる仕様であっても、長期間の使用の中で頑固な水垢汚れが発生し、外せなくなってしまっているケースもあります。
ヘッドからホースを取り外せる場合は交換用のシャワーヘッドを、取り外せない場合にはシャワーヘッド+ホースを購入しましょう。

もう一点忘れてはいけないのが、シャワーや水栓のメーカー確認です。
現在設置されているメーカーに、対応したシャワーヘッドを購入してください。
メーカー名はシャワーヘッドに記載されているケースがほとんどです。
どうしてもわからない場合は、浴室の説明書を見たり、設置工事を行った業者に確認したりしてみてください。

メーカー情報から適合するシャワーヘッドを見つけられたら、機能にこだわってみるのもおすすめです。
最近のシャワーヘッドには、節水や塩素除去など、機能性の高さをうたう製品も少なくありません。
一度交換したら長く使い続けていくものだからこそ、家族の生活の質を上げてくれるシャワーヘッドを導入するのもおすすめです。

具体的な交換方法は?

シャワーヘッドの交換作業は非常にシンプルで、古いヘッドをくるくる回して取り外したら、新しいヘッドを逆の手順で取り付けるだけでOKです。
ホースとヘッドのメーカーが異なる場合は、専用のアダプターを挟むことで解決できるケースがほとんどです。ホームセンターなどで探してみてください。
シャワーホースも交換する場合は、混合水栓の根本からホースが伸びている部分のアダプターを取り外します。
基本的にはこちらも、手でくるくると回すだけで外れる仕組みになっています。
古いホースを取り外せたら、新しいホースのアダプターを締めるだけで大丈夫です。

シャワーヘッドのひび割れの原因が経年劣化と考えられる場合、ホースの素材も劣化していると考えられます。
設置すぐの頃は柔らかくしなやかだったホースも、時間の経過とともに、徐々に硬くなっていきます。
ちょっとした刺激でひび割れして、水漏れの原因になることも考えられますから、ヘッドと同時にホースも交換しておくのがおすすめです。

シャワーからの水漏れにも安心対応

シャワーヘッドのひび割れに気付いたら、まずはご自身で修理交換にチャレンジしてみてはいかがでしょうか? 
購入部品さえ間違えなければ、素早く作業を完了できるはずです。

「ひび割れから水が漏れていて、自分ではどうにもできない!」といった場合には、お気軽にひょうご水道職人にご相談ください。
シャワーヘッド交換はもちろん、シャワーヘッド以外からの水漏れにも真摯に対応いたします。
神戸市や姫路市、三木市や高砂市、川西市など、兵庫県内の現場に急行いたしますので、「できるだけ早急に対処してほしい!」という場合も、安心してお任せください。

上矢印アイコン