便器に落としたスマホはどうする?本体・データを守るための基本的手順を解説 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.03.29

トイレのトラブル

便器に落としたスマホはどうする?本体・データを守るための基本的手順を解説

トイレのトラブル
スマートフォンの普及とともに増えているのが、便器内への落下事故です。
大切なスマホをトイレの中に落としてしまったら、一瞬でパニックに陥る方も多いのではないでしょうか?
本体やデータを守るためには、落ち着いて対処することが何よりも重要なポイントとなります。

今回は便器に落としたスマホを守るための、基礎知識を紹介します。

水没リスクを低下させよう

便器にスマホを落としたことに気付いたら、まず意識するべきなのが「水没」というキーワードです。
近年人気のスマホには、防水機能が備わっているケースも多いですが、「完全に水に沈んで長時間が経過しても無事」という機種はそれほど多くはありません。
防水機能をうたっていたとしても、基本は生活防水程度です。
完全に水に沈むことを想定して作られている機種は少ないからこそ、大切なスマホを、まずは水没から守れるように意識しましょう。
素早く実践したい行動を3つ紹介します。

・手で拾う
スマホを便器に落としても、水が流れる前に気付ければラッキーです。
一刻も早く本体を救出するため、ためらわずに手で拾いあげましょう。
手近なところにゴム手袋があれば装着して作業しましょう。
衛生面でも安心です。

ただ、すぐにゴム手袋を準備できない場合に、時間をかけるのはおすすめできません。
たとえ素手でも、躊躇なく作業してください。

・止水栓を閉める
落としたスマホがすでに見当たらない場合でも、これ以上水没リスクを上げないための対策をしましょう。
まずはトイレの止水栓を閉めてください。
止水栓さえ閉めておけば、たとえ手がレバーに当たってしまったとしても、水が流れることはありません。

これ以上事態は悪化しませんから、まずは落ち着いて行動しましょう。
トイレの止水栓は、便器の横や背面などの排水管に設置されているケースが多いです。
真ん中に線が入った部品があるので、マイナスドライバーで時計回りに回します。
どの程度回したのか覚えておくと、復旧時に便利です。

・便器内の水を汲みだす
止水栓を閉めたら、便器内にたまった水をできるかぎり汲みだしましょう。
灯油ポンプを使用すると便利ですが、手元にない場合は紙コップや牛乳パックで地道に作業してみてください。

やってはいけないNG行動2つ

では逆に、スマホを便器に落としたときにやってはいけないのは、どのような行動なのでしょうか? 
たとえパニックになっていても、以下の2つは避けてください。

・とりあえず水を流す
スマホを便器に落とした際に、とりあえず水を流す方がいますが、これはNGです。
つい水を流してしまう理由は以下のとおりです。

・スマホは比較的大きいため、排水口の入り口に引っかかると思った
・排泄物だけが押し流されて、きれいな水になると思った


しかし残念ながら、トイレの排水口は意外と大きく、スマホをすっぽりと飲み込んでしまいます。
とはいえ決して余裕がある空間ではないため、「上手にはまりこんで力を入れても引き抜けない」という事態になりがちです。
「排泄物だけが流れてくれれば…」と思う気持ちもわかりますが、両者が一緒に排水口の奥に消えていく可能性が高いです。
スマホ本体を水没から守るためにも、水を流すのはやめてください。

・ラバーカップを使う
トイレの詰まりに高い効果を発揮してくれるアイテムといえば、ラバーカップです。ゴム製のカップを排水口に押し付けて動かすだけで、内部の物質を動かし、取り除けます。
しかし詰まりの原因がスマホの場合、残念ながらこちらの方法もNGです。

ラバーカップはもともと、排泄物やトイレットペーパーなど、柔らかいものが詰まっているタイミングで使うアイテムです。
スマホのように固く大きな物質に使おうとすると、圧力によって排水溝のさらに奥へと押し込んでしまう可能性があります。
運よく手前の方へと引き出せたとしても、排水トラップの形状は複雑なもの。
別の場所で引っかかってとれなくなってしまうでしょう。
スマホを無理やり動かすことで、便器本体にダメージを与えてしまうケースもあるので、ラバーカップは使用しないように注意してください。

ベストな解決法は業者への依頼

便器に落としたスマホの取り出し作業は、水回りの修理業者に依頼しましょう。
修理費用はかかってきてしまいますが、スマホにも便器にも、もっともダメージが少ない方法で取り除いてもらえます。

できるだけ早く作業してもらうことで、スマホが復活する可能性も高まりますから、迷いは禁物です。
自分で手を突っ込んでみて、取り出せなかった時点で業者依頼へと考え方を切り替えてみてください。

兵庫県のスマホ落下トラブルの相談先は?

スマホの利便性が高まっている今、トイレ内でスマホを使う方も増えてきています。
万が一便器内に落としてしまったときでも、正しい対処法さえ知っていれば、むやみに焦ることはなくなるはずです。必要な作業を素早く行ってみてください。

兵庫県の水回りのトラブルには、私共ひょうご水道職人が対応いたします。
神戸市、姫路市、川西市、三田市、丹波市などで「できるだけ素早く対処してほしい…」と思ったときには、ぜひお気軽にご依頼ください。
トイレのスマホトラブルについても、実績豊富なスタッフが現場に急行して対処いたします。
ガラケーや鍵といった異物にも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

上矢印アイコン