お風呂場の下水臭が気になったら排水口をチェック!3つのポイント解説 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.03.29

お風呂のトラブル

お風呂場の下水臭が気になったら排水口をチェック!3つのポイント解説

お風呂のトラブル
お風呂の準備を整えて浴室に足を踏み入れた瞬間、なんとも言えない下水臭・腐敗臭を感じたことはありませんか? 一見きれいに見えるお風呂場でも、目に見えない部分で問題が発生している可能性があります。
今回は、お風呂場で下水臭が気になった場合にチェックしたい3項目をお伝えします。

排水トラップが汚れていないか?

浴室内で下水臭に悩まされたときには、その原因を探ることが大切です。
可能性が高い部分から、順番にチェックしていきましょう。
お風呂場で下水臭が発生する場合、その多くは排水口が発生源となっています。
その中でも圧倒的に多いのは、排水トラップや排水管奥に蓄積した汚れが原因となっているケースです。
お風呂場の排水口には、さまざまな汚れのもとが流れ込みます。

・髪の毛
・皮脂汚れ
・シャンプーやコンディショナーのカス


これらの汚れが絡み合い、排水トラップや排水管内に付着すると、徐々に腐敗しヘドロ状の汚れになっていきます。
これこそが下水臭の原因であり、汚れを放置すればするほど、臭いのレベルは強くなってしまうでしょう。

特にお風呂場の排水口は、ドロドロとした汚れが蓄積しやすく「見たり触れたりしたくないから、つい見て見ぬふりをしてしまう…」という方も多いのではないでしょうか? 

お手入れを憂鬱に思う気持ちもわかりますが、この汚れをなんとかしない限り、下水臭は改善しません。重曹やクエン酸を使ったエコ掃除を試みるのも良いですし、詰まりが発生していなければ、市販のパイプ洗浄剤を使用するのも効果があります。

部品を分解して歯ブラシで洗浄するだけでも、臭いをスッキリさせられますから、ぜひ試してみてください。
汚れを放置すれば、いずれ排水管詰まりの原因になってしまいます。定期的なお手入れは、臭いだけではなく詰まり予防対策としても効果的です。

排水トラップの掃除のコツは、汚れが蓄積する前に、こまめにお手入れすることです。
この方法なら、見るのも触るのも嫌なドロドロ汚れは溜まりません。
お掃除への精神的なハードルも低くなるはずです。
お手入れを忘れないためにも、普段から排水口の汚れの状態をチェックできる環境を作っておきましょう。
お掃除の回数は増えても、1回あたりの難易度を下げられますから、掃除にかかる時間も短くて済むでしょう。

排水トラップが破損していないか?

排水トラップに目立った汚れがなく、排水管清掃も定期的に行っている場合、下水臭の原因は汚れではなく部品の破損にあるのかもしれません。

特に浴室を設置してから長い時間が経過している場合には、こちらの原因を疑ってみてください。
10年以上経過した浴室では、特に注意が必要です。

お風呂の排水トラップには、排水管から上がってくる嫌な臭いをシャットアウトする仕組みが備わっています。
しかし部品の破損により、この仕組みがうまく働かなくなると、下水管から漂う臭いが、そのまま室内にあふれ出してしまいます。
部品の異常は、主に以下の2つのポイントでチェックしてみてください。

・排水トラップを取り外した際に出てくるパッキンの劣化具合
・排水トラップを外した際の、封水の状態


排水トラップを設置する際には、ゴム製のパッキンを挟みますが、消耗品の一つであり定期的な交換が必要です。
ゴムがボロボロになっていたり切れていたら、パッキンの役割を果たしていません。新しいものに交換しましょう。

また排水トラップに封水が溜まっていない場合も注意が必要です。
封水がなければ、やはり下水臭上がりを防ぐことはできません。
封水がない、もしくは減っている場合は、いったん水を入れて様子をみましょう。
封水が徐々に減ってしまう場合は、トラップ部品の破損が疑われます。
破損パーツがわからないときは、修理業者に任せるのが安心です。

排水トラップの取り付け手順を間違えていないか?

浴室の排水トラップは、メーカーによって多少の違いはあるものの、複数の部品を組みあわせて作られているケースが一般的です。
掃除や状況確認のために取り外したあと、正しく設置されていないことが原因で下水臭に悩まされる可能性もあるので、こちらについても注意してください。

排水トラップを再取り付けしたあとに部品が余っていたら、もう一度落ち着いて作業しましょう。
また各部品をむりやり押し込むのも避けてください。
正しい方法で取り付けられていれば、力任せに作業するような場面はないはずです。

部品破損にもつながりかねませんから、説明書を確認した上で正しい手順で作業しましょう。
もし再設置の自信がなければ、取り外す際に、一つ一つの手順を写真におさめておくのがおすすめです。
取り付け時には、説明書以上にわかりやすいはずです。

排水トラップの破損もひょうご水道職人がスピーディーに解決します

排水トラップが破損した場合、交換するまで下水臭に悩まされることになってしまいます。
できるだけ早くリラックスできる浴室環境を取り戻すためにも、水回りの修理業者にご相談ください。

私共ひょうご水道職人は、神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市と、数多くの現場で水回りトラブルを解決してきました。
お客様にとって、安心できる環境で各種サービスを提供しておりますので、排水トラップに関するお困りごとも、ぜひお気軽にご相談ください。

上矢印アイコン