マンションの給湯器交換はどこに依頼する?注意点も解説 | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.03.29

給湯器のトラブル

マンションの給湯器交換はどこに依頼する?注意点も解説

給湯器のトラブル
マンション住まいの方にとっても、給湯器は生活に欠かせない設備です。
毎日使用していれば、水漏れトラブルに悩まされることもあるかと思います。
マンション住まいで給湯器の修理・交換が必要になった場合は、いったいどうすれば良いのでしょうか? 詳しく解説していきます。

賃貸マンションの場合は管理会社へ相談を

マンション住まいで、給湯器の不具合に見舞われたときには、どのような形態のマンションに居住しているのかによって、相談先が変わってきます。

まずは、ここを頭に入れておきましょう。
現在居住しているのが賃貸マンションの場合、マンションの給湯器は貸し主側の持ち物となります。

使用しているのが借り主側であっても、自由に修理・交換できるわけではありません。
大家さんや管理会社に対して、給湯器にトラブルが発生している旨を伝え、その後の流れについて指示を仰ぎましょう。

一方で、居住しているのが分譲マンションの場合、給湯器ももちろん居住者の所有物です。
一戸建てにお住まいの方と同様に、修理や交換に関する手配も自分自身で進めていく必要があります。

「マンションだから」という理由で修理や交換を断られることはありませんから、給湯器メーカーや販売・設置業者、水回りの修理業者などに状況を伝え、対応を依頼してください。

気になる修理代についてですが、賃貸マンションの場合は少し話が複雑になります。
経年劣化による故障であれば、交換費用や家主負担となるのが一般的ですが、契約内容によっては入居者側が負担するケースもあります。

また故障の原因が入居者側の過失にある場合も、入居者負担による修理・交換を行わなければいけません。
とはいえ、故障の状況によっては判断が難しいケースも少なくありません。
いつから、どのような不具合が生じているのか、できるだけわかりやすく説明できるよう事前に準備を整えておきましょう。

マンションの給湯器はどこにある?

給湯器の修理・交換をする際はもちろん、不具合が生じていないか確認するためにも、給湯器の場所を知っておくことが大切です。
集合住宅の場合、以下のような場所に設置されているので探してみてください。

・パイプスペースやパイプシャフト
・ベランダ
・屋内


パイプスペースやパイプシャフトは、玄関脇などにある給湯器やパイプ類を収めるための専用の場所を言います。
扉の中に収められている場合もあれば、通路側から直接確認できるタイプもあります。
玄関脇に該当するスペースが見当たらない場合は、ベランダをチェックしてみましょう。
ベランダの外壁に、直接固定して設置するタイプが使われている可能性があります。

一般のマンションではそれほど多くはありませんが、屋内に設置されている可能性も。
こちらの場合は、浴室やキッチン周辺を探してみてください。

マンションならではの注意点は?

ポタポタと落ちる水漏れなど、給湯器のトラブルは決して珍しいものではありません。
とはいえ集合住宅であるマンションには、一戸建てにはない注意点が存在するのも事実です。
余計なトラブルを増やさないため、以下の3つのポイントを頭に入れておいてください。

・水漏れには素早く対処しましょう
給湯器からの水漏れは、比較的よくあるトラブルの一つですが、マンション住まいの場合は早急に水漏れを止める必要があります。
一戸建ての場合、多少水が漏れたからといって、すぐに誰かに迷惑をかけるわけではありません。

しかしマンションの場合、漏れだした水をそのままにしておけば、階下の住まいにまで影響を及ぼしてしまいます。
放置した結果、損害賠償請求をされる可能性もあるので、まずは水を止めることを最優先に考えてください。
給湯器本体を見つけたら、止水栓を閉めましょう。
これで水漏れはストップできるはずです。給湯器のコンセントを抜いておけば、さらに安心です。

・種類やサイズに要注意
給湯器の交換が決まったら、購入する本体を決定することになります。
マンションの場合、給湯器を設置できるスペースに制限があるケースも少なくありません。
特に分譲マンションで管理組合に加入している場合は、設置できる給湯器の機能・サイズを確認しておきましょう。
基本的には、以前と同じタイプを選択することになります。
選択肢の中で、自分たちのライフスタイルに合う給湯器を探してみてください。

・設置個所の確認は慎重に
給湯器を交換する際には、設置場所や環境によって、追加工事が必要になる可能性があります。
どのような設置工事が必要になるのかは、現場を見てみないとわからないもの。
実際にチェックしてもらって、追加工事が必要かどうか、また設置工事費の総額はいくらになるのかを、事前に見積もりしてもらいましょう。

ひょうご水道職人にご相談ください

マンションで給湯器の水漏れトラブルが発生したら、まずは冷静に、ポタポタと漏れ出ている水を止めましょう。
階下の住居への影響を最小限に留められます。被害拡大を防いだうえで、今後どうするのかを、冷静に検討するのがおすすめです。

ひょうご水道職人も、給湯器水漏れトラブルに対応しています。
事前見積もりも無料でしっかりと行いますので、料金が不安なときでもまずはご相談ください。
神戸市、姫路市、芦屋市、伊丹市、豊岡市など、兵庫県内でお困りの方は、私たちがサポートいたします。

上矢印アイコン